カテゴリー「WiLL」の記事

2014年4月13日 (日)

同志の後援会発会式

 午前からお昼にかけて大原および深江地区の老人クラブ総会に出席させていただきました。日ごろ、地域のために活動していただいていることに感謝です。

1981784_620509344689768_69610033913

 夕刻、WiLL(広島県若手地方議員の会)の仲間である松本太郎・廿日市市議会議員の後援会【清風会】発会式にいってきました。学校法人上野学園の上野淳次理事長の「人間万事塞翁が馬」と題した講演を拝聴。同氏の人生で学んだ色々な教訓的なお話が聞くことが出来ました。

10261977_620552524685450_2458720972

 講演のあと、発会記念パーティー。後援会会長、来賓の石橋良三・県議会副議長(松本さんの政治の師)そしてWiLL(広島県若手地方議員の会)メンバーの挨拶後に松本太郎議員が廿日市に対する思いや政治のあり方・姿勢について支援者の皆様に熱く語りました。彼の政治活動には共感するものがあり、地域は違いますが共に頑張ってまいりたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

明るい未来へ

晴れ

400770_461739483900089_814516734_n

969506_465311120212516_571627190_n

午前はWiLL(広島県若手地方議員の会)のメンバーの一人である豊島岩白・広島市議が主催する「ひろしま次世代政経懇談会」に出席しまいた。300人を超える盛大な会でした。豊島氏との出会いは平成17年2月。当時はまだ彼も市議会議員ではありませんでした。現在、広島市議2期目です。いま、自由民主党広島県支部連合会(→こちら)の青年部長である豊島氏。同世代として頼もしく応援しています。

945038_461739537233417_822139896_n

 本日の会合では、若手経済評論家である三橋高明氏から今の日本経済とこれまでの時代の流れについて講演いただきました。デフレ脱却に向けた方策やアベノミクスについての分かりやすい説明でした。まだまだ日本も捨てたものではない。
 ある説では、「景気」とは鴨長明(平安末期から鎌倉時代にかけての歌人・随筆家)の「方丈記」に出てくる言葉であるとのこと。景色の「景」に空気の「気」、つまり「空気の景色」なのだということであり、「雰囲気」。「景気は気から」という人もいますが、「景気」の中には単に「経済」だけではなく、気分的なものも含まれているのでしょう。今現在の円安・株高はその期待できる「雰囲気」、これが今のアベノミクス効果であり、これから実体経済が伴なってくることを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

GWに突入しました

晴れ

576113_299347590139280_100001921232

 GW初日の今日、雲ひとつない晴天からスタートしました。江田島市内にも多くのサイクリストの方々がお越しになったのではないでしょうか。左写真はお昼前の呉湾。江田島・小用港行きのフェリーと自衛艦。左端には松山行きスーパージェット。明日は呉みなと祭りが開催される予定です。

20120428_143326

 午後2時半過ぎに呉の「れんが通り」では自民党青年局が街頭演説をしていました。演説しているのは緒方直之広島県議(青年局長)、左の旗を持っているのが豊島岩白広島市議。ともにWiLL(広島県若手地方議員の会)の仲間です。明日の県・広島市を背負っていく30代の議員です。1951年9月8日に署名された「サンフランシスコ条約」。1952年4月28日に効力発生してより60年が経過しました。そういった意味で今日は記念すべき日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

久しぶりの語らい

晴れ後くもり一時雨

20120405_203145_2

 ひさしぶりにWiLL(広島県若手地方議員の会)のメンバーが集まりました。それぞれ3月定例会も終わり、新年度スタートしたばかり。これだけの人数で集まるのも久しぶりです。佐藤一直県議、豊島岩白広島市議、三宅正明広島市議、松本太郎廿日市市議と私が議員。その他、想いを同じくする仲間たちと短い時間でしたが楽しく語らい、また、それぞれの近況報告などは私にとっても参考になることばかり。WiLLとなって約3年、それぞれが地域の議員としてしっかり頑張っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

初の試み

くもり

120127in

120127in2

 19:00から「地方政治、早わかり勉強会 in 広島市議会」に出席しました。WiLL(広島県若手地方議員の会メンバーである豊島岩白・広島市議がFB(フェイスブック)で知り合ったみなさんにお誘いして実現したオフ会です。平日の19:00~21:00に議会棟でオフ会が開催されたというのは例がないのではないでしょうか。あっという間の2時間でしたが若手地方議員と有権者のみなさん(ほぼ広島市民)の活発な意見交換会でした。今回は第一回目でしたが、今後もこういった機会が増えるといいですね。

Facebook_32789_2

Facebook_32787_2

 質問に対して答えている私(左写真)と最後に参加者全員での記念撮影。広島市議会議会棟の4階にある前協議会室。立派でした。2月から予算特別委員会がこの部屋で行われるそうです。議会棟でこういった会合が行われたことは歴史に残ることだと思いました。私にとっては大変刺激のある、そして、勉強になった一日でした。

参加議員7人
緒方直之・県議(東区)
佐藤一直・県議(中区)
豊島岩白・広島市議(西区)
三宅正明・広島市議(安芸区)
石橋竜史・広島市議(安佐南区)
山路英男・広島市議(東区)
胡子雅信・江田島市議

(FBの招待状内容)

 地方分権とか、地域主権とか、もはや叫ぶばかりの地方重要論となっていますが、そもそも「地方政治」の仕組みやその存在理由についてご理解頂いている方がどれだけいらっしゃるでしょうか?

 県議会・市議会議員を選ぶ意味、市長を選ぶ意味、民主主義とはなんなのか、その中で議会とはなぜ存在するのか、皆様はなぜ選挙に行かれるのか、なぜ納税されるのか?  

 鶏と卵。これまでの地方議員の怠慢、そして今を生きる有権者の地方政治に対する無関心。そのどちらを責めるのではなく、今を起点に、もっとマシな民主主義を皆様の街で実現させるために最低限知っておくべきこと。

 大阪の盛り上がりも良いでしょう。しかしその問題に関心を示す前に必要なことは、地方政治の現状と課題を知っておくことも大切だと思います。

 わたし自身、まだまだ未熟な立場であれど、少なからず負託を得てる議会人としてこれ以上、ジッとしていられません。

 今回、恐らく広島史上初です。広島市議会という公式な場にてfacebook限定の企画を強行致します。もし賛同いただける地方議会議員がいてくれたら複数お越し願いたくも考えています。

 選挙どうこうではありません。まず第1回目として、fbお友達の皆様と「地方政治」について互いにしっかりと学ばせて頂き、建設的な意見交換をさせて頂きたいと思っています。

 そして今後、第2回、3回とテーマを絞りつつも、少しでも皆様の声や意見を地方政治の現場へ反映できるような会にしていきたいと見据えています!

多数の参加をお待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

他議会の動きに学ぶ

晴れ

 広島市議会(定数55人)で新保守クラブ、自民新政クラブ、ひろしま成和クラブ、薫風会が統一会派を結成し、新たに21人のひろしま保守クラブが発足しました。(5月13日) WiLL(広島県若手地方議員の会メンバーである豊島岩白・三宅正明両市議も加入。新聞では市長選で松井市長を推薦した公明党(8人)と連携し、過半数確保を狙うという記事が出ていました。
 来週には臨時議会が開かれ議長選挙等が行われるようですが、豊島岩白市議のブログには興味深い記事があります。(議長選挙のあり方についてここ) どの地方議会にもいえることで、江田島市議会も例外ではありません。今回のひろしま保守クラブ発足に際し、幹事長の山田春男議員は「議会は数で左右され、小さな会派は埋没する。市長とは是々非々で臨む」と紙面で語ってます。この言葉をどう捉えるかは個々人の考え方です。
 江田島市議会も6月定例会には議会改革検討特別委員会が設置される予定です。(江友会3名、進政会2名、市民クラブ2名、無会派2名の9名で構成。私も市民クラブの一員として委員会メンバーになる予定。)市民にもっと開かれた議会であるためにはどうあるべきかを同僚議員と議論していくことになります。豊島議員がいうところの”市民益”、これがキーワードです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

熱い想い

20110221ogata

110221will_2

19:00から広島であったWiLLメンバーである緒方直之県議(広島市東区)の若手支援者の会(On Going)に出席。
 高校の後輩ですが、政治家としては先輩。”温故創新”(ふるきをたずねてあたらしきをつくる)。私たち若い地方議員はこの想いで日々取り組んでいます。これからの広島県をしっかり託せる議員です。
 RCCの本名アナウンサーが高校繋がりで司会をされていました。いつもサイクリング等で江田島市を紹介していただいています。ありがたい。(本名アナのブログご参考。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

世代交代の流れ

晴れ

 久々にゆっくりした週末を過ごしました。午後から広島へ。広島県若手地方議員の会、WiLLのメンバーである滝口恒明さんの主催する「絆研究会」に出席。(ブログはこちら)36歳の若い方が4月の統一地方選挙に挑戦しようとしています。いまこうして世代交代が進んでいます。※滝口さんが経営しているさわやか工務店が大柿町大原の宝持寺再建を担ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

次世代政経懇談会 立風会

晴れのちくもり

 朝、車のフロントグラスを見ると今シーズンで一番凍っていました。溶かすのに一苦労。もうすぐ12月になろうとしています。猛暑であった今夏ですが、冬はどうなんだろう。

1011302

19:00から広島で開かれた広島県若手地方議員の会(WiLL)メンバーである豊島岩白広島市議の後援会が主催する次世代政経懇談会立風会に出席しました。まず後援会長である深川真氏(株式会社マリモ 代表取締役)のスピーチがあり、マクロ的には加速度的に進むグローバル化の波をどう乗り越えるか、そして、日常においては市民一人一人が政治(地方自治)に対してどう向き合っていくか、という内容のものであった。幼馴染である豊島氏の政治姿勢に共感し、応援団長をされています。
 続いて豊島氏のスピーチ。彼とは5年来の付き合いになりますが、地方議員として学ぶべき点が多い。直球勝負の男であり、歯に衣を着せない物言いをするが、総じてバランスのとれた政治家であると思う。今回、広島市の平成21年度決算数値についての話があった。広島市の予算現額は普通会計・事業会計・財産区会計の総計で1兆72億2,000万9,510円。(実際の調定額は9,812億9,804万3,320円)歳入決算額で目を見張るのは、

           歳入調定額       不納欠損額    収入未済額
一般会計     5,866億9,391万円   8億4,282万円   115億7,414万円 
国保事業特会  1,252億8,524万円  16億7,733万円    75億3,513万円  
介護保険特会   651億1,266万円   1億3,491万円      4億6,364万円    

101130_2

 財政規模が大きいので割合的には小さいかもしれませんが、不納欠損額に驚きました。市税、国民健康保険税、介護保険料等で約26億円も時効等で徴収できなくなっている、という事実です。意外とこういったことは市民の皆さんには知られていないことでしょう。そうならないためにはどうすべきか、これは地方自治体にとって永遠の課題なのかもしれません。税を支払うのがバカバカしいということにならないよう、仕組を変えていかねばならない。これが次世代への橋渡しをするためのテーマの一つになるだろう。 
 今日はたくさんの方々とお会いし、話すことができました。いろんな業界の方々との意見交換をすることで新しい発見もあります。旅客船関係の方ともお会いすることができました。江田島市の海上交通の在り方について今後お話しする機会を持ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

どう考える

くもり時々晴れ

 昨日投開票された福岡市長選。36歳の高島宗一郎氏が現職の吉田宏氏を大差で破って当選されました。敗れた現職市長は54歳。自民・公明支援の高島氏、民主・国民新推薦、社民支持の現職。4年間の実績が否定されたのか、それとも内閣支持率が急落したことによる風なのか。
 政令指定都市で千葉市の熊谷市長(32歳)に次ぐ若さです。いやぁ、本当に若い市長が続々と誕生しています。彼ら30代首長がどう舵取りするのか、大いに注目したい。

(参考)11/14 地域政党WiLL 街頭演説参加者のブログ報告
緒方直之広島県議
佐藤一直広島県議
豊島岩白広島市議
松本太郎廿日市市議
滝口恒明氏(広島市安佐北区)
高田あや氏(広島市中区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧