カテゴリー「江田島市議会」の記事

2024年1月19日 (金)

令和6年陀峯山森林火災の検証を市議に提案

くもり

Screenshot-20240119-at-213529-facebook  昨日のブログ(➡こちら)に令和6年陀峯山森林火災の消火活動コスト(国県市問わずの税金支出)を市民に公開してはどうかと書きまいした。

 昨年末、野焼きで亡くなられた方もいらっしゃいます。また、このたびの森林火災では消防職員(江田島、呉、東広島)、市職員、消防団、陸上自衛隊、広島市や広島県、岡山県の消防ヘリとそれに携わった職員、海上自衛隊第1術科学校の協力など消火コストは多大であると思います。

 自然発火でないかぎり、人間の行為が介在しているわけで、仮に出火原因が人的要素にあるならば、二度とこのようなことがない仕組みづくりが必要です。

 そのためには安易な行動によって様々な影響がある、という事例として市民の皆様に知っていただくことが大切です。このたびの森林火災の検証がうやむやにならないことを祈るばかり。

 岡野数正市議のFacebookで林野火災のことについて言及された投稿記事(➡こちら)があったので、コメント欄に提案したところ、市に要望していただけるとご回答いただきました。

 是非とも実現していただけることを信じています。

| | コメント (0)

2024年1月17日 (水)

令和6年陀峯山森林火災、鎮火(5日目)検証が重要

晴れ

 昨日、4日目にして鎮圧した陀峯山森林火災ですが、本日無事鎮火したという報を得て安堵しています。

2024117extinguishing-fire  鎮火活動には自衛隊第一術科学校も参加していただいたそうです。同校の活動は、「江田島市との覚書」による支援活動であり、災害派遣ではないとのこと。

 平成30年豪雨災害において、当時の学校長が宮ノ原地区の土砂災害などに協力していただき、その後に【覚書】を交わされたのだと推察します。

 さて、1月13日(土)に発生した火災ですが、現在も未だ出火原因は調査中であり、焼損面積約242.6ha、焼損物は山林の樹木等となっています。被害総額ということでは、山林の樹木等を換算するのだと思いますが、国・県・市が負担した消火活動のコストを公にする必要があると考えます。(PDF➡1/17(水)17時現在の市HP

 このたびは自然発火なのか人的原因(焚火や野焼きなど)か未だ判明していませんが、ひとたび森林火災が発生したときの経費は公開すべきです。

 令和5年度決算書には市負担のコストを計上すると思いますが、【広報えたじま】に国・県・市が使った消火活動費用を是非とも掲載してほしい。覚書による協力者である第1術科学校のコストも含めることも大切です。

 大規模な森林火災が発生したときに江田島市財政においてどのような影響があるか、野焼き・焚火をする際のリスクについて市民の皆様に知っていただく機会にしていただければと思います。

 昨年末には野焼きに巻き込まれて亡くなられた方(大柿町)もいらっしゃいます。是非とも【広報えたじま】で市民の皆様への注意喚起をお願いしたい。

| | コメント (0)

2023年5月13日 (土)

R5年第2回臨時会の日程について

 市HP(➡こちら)で令和5年第2回臨時会の案内が公開されました。夕方には防災行政無線で傍聴のご案内が放送されていました。

 毎年2月定例会で翌年度の予算案を中心とした議案が上程され、5月には補正予算案や年度初めで議会を開催するいとまがない時に市長が議会の議決を経ることなく決済する専決処分の報告が議会になされます。

専決処分
 予算や条例などを首長が議会の議決を経ずに自らの権限で決めること。地方自治法で定めており、緊急で議会を招集する時間が無い場合のほか、議会が議決すべき議案を議決しない時などでも認めている。
 処分後には、議会で報告して承認を求める必要があるが、承認を得られなくても決定は有効とされる。

 審議される議案等は以下の通りです。(➡日程

番 号 案 件 名
報告第1号 専決処分の報告について(中町/宇品航路船舶建造工事請負契約の変更について)
承認第1号 専決処分の報告と承認について(江田島市税条例の一部を改正する条例)
承認第2号 専決処分の報告と承認について(江田島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)
議案第41号 令和5年度江田島市一般会計補正予算(第2号)

| | コメント (0)

2023年5月 3日 (水)

GWの後半スタート 2023

晴れ

 気持ちよく晴れた一日でした。2023年(令和5)のゴールデンウィーク(GW 4月29日~5月5日)も折り返して後半となりました。

 ただ週末土日(5/6、5/7)もあるのでもう少しのんびりできるのではないでしょうか。新型コロナも一息つき、今年のGWは久しぶりに各地で賑わいが戻っています。

 昨日、広報えたじまと議会だより等、市や各種団体の広報誌が届きました。広報委員にお伝えしておりましたが議会だより2月号で気になるところの訂正はありませんでした。

2023年2月27日 議員・議会の権限について

 今年、議会報告会が開催されるのであれば確認してみたいと思います。昨年中止を決定して1年が経ちました。この間、議会報告会をどう開催するかなど、議会内で意見を交わしていることと思いますが、果たして、開催されるのか気になるところです。

 2022年6月30日 令和4年度議会報告会も中止

【追記】新型コロナウイルス

 5月3日、広島県が発表した県内の新規感染者数は423人(前日比79減)でした。5月8日から「5類感染症」(➡参考)になりますが、GW後の状況を注視する必要があります。

 県内3大都市では広島市が204人(14減)、福山市は47人(21減)、呉市は14人(19減)。

 一方、江田島市は4人(2減➡HP県公表資料)でした。
※5月2日(火)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

3月13日から、マスク着用は個人の判断が基本になりました。(参考➡厚労省HPNHK

 一人ひとりが、引き続き、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2023年3月14日 (火)

令和5年2月定例会(第3日 最終日)

晴れ

 本日は令和5年(20232月定例会の第3日(最終日)でした。昨日に続き、1議員の一般質問ののち、令和5年度予算案などを含めた議案が審議されました。

順番 質 問 者 質 問 内 容
1 筧本 語 国道487号の今後の展望について

 審議された議案は以下の通りです。(➡日程

番 号 案 件 名
同意第1号 副市長の選任につき同意を求めることについて
同意第2号 教育長の任命につき同意を求めることについて
同意第3号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて
議案第37号 令和4年度江田島市一般会計補正予算(第6号)
議案第38号 令和4年度江田島市交通船事業特別会計補正予算(第1号)
議案第1号 令和5年度江田島市一般会計予算
議案第2号 令和5年度江田島市国民健康保険特別会計予算
議案第3号 令和5年度江田島市後期高齢者医療特別会計予算
議案第4号 令和5年度江田島市介護保険(保険事業勘定)特別会計予算
議案第5号 令和5年度江田島市介護保険(介護サービス事業勘定)特別会計予算
議案第6号 令和5年度江田島市住宅新築資金等貸与事業特別会計予算
議案第7号 令和5年度江田島市港湾会計特別会計予算
議案第8号 令和5年度江田島市地域開発特別会計予算
議案第9号 令和5年度江田島市宿泊施設事業特別会計予算
議案第10号 令和5年度江田島市交通船事業特別会計予算
議案第11号 令和5年度江田島市下水道事業会計予算
議案第39号 令和5年度江田島市一般会計補正予算(第1号)
議案第40号 令和5年度江田島市交通船事業特別会計補正予算(第1号)
発議第1号 江田島市議会の個人情報の保護に関する条例案について
発議第2号 江田島市議会委員会条例の一部を改正する条例案について

※上記の青太字について録画中継等で詳細を視聴したいと思います。

 録画中継は、その日の会議のライブ中継が終了した5日後(土曜・日曜・休日を除く)から視聴できます。(➡議会中継

【追記】新型コロナウイルス

 3月14日、広島県が発表した県内の新規感染者数は406人(前日比309増)でした。

 県内3大都市では広島市が166人(135増)、福山市は68人(44増)、呉市は19人(19増)。

 一方、江田島市は2人(2増➡HP県公表資料)でした。
※3月13日(月)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 3月13日から、マスク着用は個人の判断が基本になりました。(➡参考

 一人ひとりが、引き続き、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2023年3月13日 (月)

令和5年2月定例会(第2日)

晴れ

 予算審査特別委員会による令和5年度(2023)当初予算案の審議も終えて、今日から2月定例会が再開されました。(➡市HP

 本日(第2日➡日程)は7議員による一般質問(11項目)がありました。傍聴やライブ配信で視聴できなかった皆様には、後日、録画配信で視聴することが出来ます。

 録画中継は、その日の会議のライブ中継が終了した5日後(土曜・日曜・休日を除く)から御覧になれます(➡議会中継

順番 質 問 者 質 問 内 容
1 岡野 教正 空き家対策について
少子化対策について
市長の施政方針における第2期人口ビジョン・総合戦略について
2 古居 俊彦 認定こども園について
3 上本 雄一郎 子どもの読書活動の推進にかかる取組について
ふるさと教育の礎について
4 宮下 成美 子育てしやすい環境づくり施策の成果や課題等について
5 酒永 光志 持続可能な江田島市の漁業を目指すための施策について
6 美濃 英俊 人口減少における働き手の確保について
市の計画のホームページへの掲載方法について,及び計画案の計画立案行程について
7 平本 美幸 農業・漁業の振興について
しごとの創出と移住定住との関わりについて

 明日の第3日は一般質問1名と議案審議が予定されています。(➡日程

【追記】新型コロナウイルス

 3月13日、広島県が発表した県内の新規感染者数は97人(前日比132減)でした。

 県内3大都市では広島市が31人(65減)、福山市は24人(34減)、呉市は0人(7減)。

 一方、江田島市は0人(1減)➡HP)でした。
※3月12日(日)の結果です。

 今日3月13日から、マスク着用は個人の判断が基本になりました。(➡参考

 一人ひとりが、引き続き、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2023年2月27日 (月)

議員・議会の権限について

晴れ

 江田島市の議会だよりは、昨年から様々な取り組みをして、市民の皆さんに分かりやすいものに進化しています。

2022年4月19日 『議会だより』のリニューアル 2022
2022年5月 2日 『議会だより』のリニューアル 2022(その2)

 令和5年(2023)2月1日発行の議会だより第73号を読むなかで最後の裏表紙(➡PDF)で違和感を覚えました。LINE風のQ&Aを何度か見ていると『違和感』に気付きました。

Gikaidayori-no73  気になるポイントは左の裏表紙の写真に追記した赤線や赤枠のところです。その部分を抜き取ると下の四角囲みであり、違和感を感じたのは太赤字の部分です。

のるる Q
 みんなのために働くのが市議会議員なんだね。じゃあ、議員にはどんな権限があるの

委員 A
 地方公共団体の予算を決定する権限条例を制定する権限首長を問責する権限などがあって、法律で決まっているんだよ。

 法律(地方自治法 第96条~第100条の2)では『議会の権限』を規定していますが、『議員の権限』についての規定はありません。(➡地方自治法

 委員Aの回答にある権限は、『議員の権限』ではなく『議会の権限』であり、委員Aは誤った回答をしています。

 議員個人は条例案や予算案に対する賛成・反対の意思表示はできますが、賛否の意思表示ができるから議員に権限があるとはいえません。

 議員の意思表示(賛成・反対)の多数決による結果(可決・否決)は議会(議決機関)としての意思表示です。よって予算の決定権、条例の制定権、首長(市長村長など)を問責する権限は『議会の権限(議決権)』というのが正しい。

(参考)南あわじ市議会のHPが分かり易く説明しています。
議会の権限➡こちら
議員の権限➡こちら

 議会広報特別委員会の単なるミスなのか、それとも本当にそうであると思って議会だよりに掲載しているのか気になるところ。編集会議には事務局担当職員も同席し、原稿チェックもしますが気付かなかったのだろうか。

 尚、市議会の議決は大変重いものです。執行機関(市長=行政機関)が提案したこと(予算案、条例案など)を市民代表の議員で構成する市議会が議決したことは市の意思であり、市民への最終的な責任は議会が負うことになります。

 つまり議員の議会における意思表示(賛成・反対)はとても責任のある行為ということになります。それゆえ、議案等に対する議員各位の賛否表を議会だより等で公開することも大切です。

【追記】新型コロナウイルス

 2月27日、広島県が発表した県内の新規感染者数は144人(200減)でした。

 県内3大都市では広島市が34人(93減)、福山市は40人(9減)、呉市は11人(9減)。

 一方、江田島市は0人(1減➡HP)でした。
※2月26日(日)の結果です。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2023年2月20日 (月)

R5年2月定例会の予定

晴れ

 明日から令和5年第1回定例会(2月定例会)が開催されます。(➡市HP

 会期 令和5年2月21日(火)~3月15日(水) 

 1日目の内容は下表になります。(➡詳細 ※追記:録画配信

 議案審議や令和4年度補正予算案などが審議されたのち、市長から令和5年施政方針があり、令和5年度当初予算案が上程されます。予算審査は予算が上程されたのち、予算審査特別委員会を設置して委員会付託されます。

【参考】➡令和4年度予算審議について

 尚、令和5年度当初予算(案)概要は3月に入って市HPで公開されるのではないかと思います。

2022年3 4R4年度当初予算(案)概要、公開される(その1

 議員による一般質問は、市長の令和5年度施政方針を受けて通告することになります。通常、予算議会(2月定例会)では、施政方針に対する質疑をすることが多い。(施政方針の原稿は事前に配布されています。)

会 議 名 日  時 内   容
令和5年第1回定例会
(1日目)
令和5年2月21日(火)
午前10時開会
1開会
2諸般の報告
3会議録署名議員の指名
4会期の決定
5議案審議等
(1)条例改正等
(2)財産の取得の変更
(3)上水道管理事務の事務委託 の廃止に関する協議
(4)令和4年度補正予算
6 市長施政方針
7 議案審議
(1)令和5年度当初予算

【追記】新型コロナウイルス

 2月20日、広島県が発表した県内の新規感染者数は194人(234減)でした。

 県内3大都市では広島市が61人(88減)、福山市は32人(57)、呉市は7人(18減)。

 一方、江田島市は1人(1減➡HP県公表資料)でした。
※2月19日(日)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2023年2月 8日 (水)

オンラインによる『新しい議会様式』

晴れ

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止として、テレワークやローテーション勤務、オンライン会議などの『新しい働き方(生活様式)』がこの2~3年ほどで広まってきました。

2020年 8月24日 新しい生活様式~リモートワーク2020
2021年10月30日 新しい生活様式~リモートワーク 2021
2023年 1月25日 自治体のテレワーク導入状況 2022

 地方議会ですが、これまで地方自治法により委員会のオンライン会議は条例改正等により可能であり、本会議は、地方自治法第113条及び第116条第1項における「出席」の概念は、現に議場にいることと解されているため、オンラインによる本会議の運営は現行法上困難とされていました。

地方自治法

113条 普通地方公共団体の議会は、議員の定数の半数以上の議員が出席しなければ、会議を開くことができない。但し、第117条の規定による除斥のため半数に達しないとき、同一の事件につき再度招集してもなお半数に達しないとき、又は招集に応じても出席議員が定数を欠き議長において出席を催告してもなお半数に達しないとき若しくは半数に達してもその後半数に達しなくなったときは、この限りでない。

116条 この法律に特別の定がある場合を除く外、普通地方公共団体の議会の議事は、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

②前項の場合においては、議長は、議員として議決に加わる権利を有しない。

 昨日(2/7)の報道によると、今回、総務省が地方議会のオンラインによる出席をめぐって、委員会だけでなく、本会議の一般質問でも可能だとする見解をまとめ、地方自治体に通知しました。(➡NHK

 このたびの総務省の見解では、条例案などの本会議での採決や、採決のための質疑や討論については、従来通り、議員が議場で行う必要があるとした。(オンライン裁決は不可)

 一方で、自治体の課題など幅広いテーマで質問する「一般質問」については、法律に具体的な規定がないため、自治体が規則を定めれば、議場で開かれている本会議にオンラインで出席することも可能だとし、一歩前進しました。

 江田島市議会のオンラインに関することとして、令和2年(2020)7月、出席できない議員から全員協議会のZOOM参加要望が事務局にありました。

 議会運営委員会で諮られましたが、規則が制定されてない(議会全体のコンセンサスがない)、執行部の了解を得ていない、機器の設定もできない等のことから却下されたことがあります。

 その後、令和3年(2021)10月末までの間、オンライン会議についての議論はなされませんでした。

 2021年(令和3)11月からの第6期議会においてオンライン会議について議論されているのか定かではありませんが、タブレットの本会議持ち込みも含めて検討することが大切です。

 尚、第6期議会において、会派のなかでは、会派会議をZOOM(ズーム➡参考)でする動きがありました。

 令和4年(2022)4月1日に結成された尽誠会(➡参考)では、6月定例会をまえに会派会議をZOOMで初めて実施しています。(➡岡野議員Facebook)継続的に行っているかは未確認です。

2022年512オンライン会議の動き@地方議会

参考論文➡地方議会のオンライン化に関する一考察

【参考】
 総務省が令和4年(2022)1月に全都道府県・市区町村の議会に対し委員会のオンライン開催の状況等についてアンケート調査を実施した結果(➡こちら)を簡略したものは下記の通りです。

団体区分 団体数 条例又は会議規則等を改正済 開催した団体
都道府県 47 13 3
指定都市 20 6 2
市区(指定都市を除く) 795 71 18
町村 926 45 12
全団体 1,788 135(7.6%) 35(2.0%)

【追記】新型コロナウイルス

 2月8日、広島県が発表した県内の新規感染者数は1010人(前日比293減)でした。

 県内3大都市では広島市が318人(125減)、福山市は198人(45減)、呉市は98人(11増)。

 一方、江田島市は8人(1減➡HP県公表資料)でした。
※2月7日(火)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年12月26日 (月)

議会広報特委の活動 2022

晴れ

 岡野議員のFacebookでは様々な議会の動きを知ることができます。本日、議会広報特別委員会が今年最後の編集会議を開催したそうです。(➡こちら

 2月1日発行予定の第73号のみどころとして、議員一人一人の「新たな年に議会で取り組みたいこと」を掲載するそうです。

 岡野議員のFBには、『各議員の有言実行に期待してください。』とあります。議会だより次号が楽しみです。

 令和4年は「議会だより」の刷新がありました。来年も議会広報特別委員会の動きに注目しましょう。

2022年 4月19日 『議会だより』のリニューアル 2022
2022年 5月 2日 『議会だより』のリニューアル 2022(その2)

【追記】新型コロナウイルス

 12月26日、広島県内の新規感染者数は2168人(前日比2213減)でした。

 県内3大都市では広島市が864人(902減)、福山市は417人(556減)、呉市は108人(177減)。

 一方、江田島市は20人(1増➡HP県公表資料)で、12月累計は566人になりました。
※12月25日(日)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧