カテゴリー「多文化共生・国際交流」の記事

2022年10月 6日 (木)

多文化共生推進プランの策定 2022

くもり

 今週に入って気温が低くなり秋が少しずつ深まっています。

 今年度(令和4=2022)、江田島市では多文化共生推進プラン(➡予算説明)を策定する予定であり、令和5年(2023)2月にはパブリックコメントを実施することになっています。

2022年 510R4年度パブリックコメント実施案件

H24r4-population-etajima  左は2012年(平成24)から2022年(令和4)の1月現在の日本人市民と外国人市民、そして外国人市民の比率を現したグラフです。

 外国人市民も徐々に増えていますが、日本人市民の減少により比率は高くなっていることが分かります。2013年(平成25)3月14日に起こった中国人技能実習生による殺傷事件から約10年が経ちました。

 この間、官民の協力で料理教室、相談員(フィリピン人・中国人)の配置、スポーツ交流、盆踊り、祭りの神輿参加、地域日本語教室、国際交流協会設立など様々な取り組みをしてきました。

2013年 4月15日 外国人支援への道
2017年 315外国人技能実習生による事件から4

 江田島市の重要な産業である水産業を筆頭に造船、解体業、農業に従事している外国人市民の人口増減はありますが、これからも江田島市民として地域にいます。地域の活性化にとっても大切なみなさんです。

 お互いの文化を理解しながら、恵み多き宝の島、えたじまを盛り上げていくことが求められます。

参考
2015年 919秋祭り 2015
2015年11283回江田島市食文化国際交流会
2016年1022ハロウィン・パーティーと国際交流
2016年11274回江田島市国際スポーツ親善交流会
2017年 423タケノコと日本語クラブ(教室)
2019年12 81回国際ヒューマンフェスタ
2018年1216江田島市国際交流協会設立と第16回日本語クラブ
2019年 810盆踊りで国際交流@高田地区
2020年 126『体験の風をおこそう!』@三高会館

【追記】新型コロナウイルス

 10月6日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は1032人(前日比195減)でした。

 県内3大都市では広島市が485人(82減)、福山市は185人(52減)、呉市は45人(11減)。

※広島市、福山市、呉市は9/27公開分から国の全数把握の簡略化に伴って集計方法が変わることなどから午前ではなく、午後に数値を発表することになりました。(➡NHK

 一方、江田島市は5人(2増➡市HP県公表資料 )でした。
※10月5日(水)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

| | コメント (0)

2022年10月 2日 (日)

R4年度第11回日本語クラブ

晴れ

 午前は高田交流プラザで開催された日本語クラブに参加しました。

 今日は第2回EIFAスポーツ交流会(➡こちら)が江田島市スポーツセンターと能美中学校グランドであった関係で市内4カ所の日本語クラブの参加者も少なかったです。

 *EIFA=Etajima International Friendship Association➡江田島市国際交流協会

 高田交流(たかたこうりゅう)プラザでは、フィリピン3(おとな1、小学生2)、日本6の参加者でした。

 小学生はボランティアスタッフと国語の教科書の音読練習をしたり、学校の宿題をしました。

 おとなは子どもの宿題を家庭内で一緒にするため、その問題の意味などをボランティアに教えてもらっていました。子どもが学校で日本語が上手になると親も子どもと一緒に学校の宿題をするため、一生懸命、日本語を学んでいます。

 

【追記】新型コロナウイルス

 10月2日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は850人(前日比213減)でした。

 県内3大都市では広島市が398人(84減)、福山市は156人(38減)、呉市は42人(19減)。

※広島市、福山市、呉市は9/27公開分から国の全数把握の簡略化に伴って集計方法が変わることなどから午前ではなく、午後に数値を発表することになりました。(➡NHK

 一方、江田島市は2人増(3減➡市HP県公表資料 )でした。
※10月1日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

| | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

2022年9月ビーチクリーン活動@長瀬海岸

晴れ

 午前中は宮ノ原交流プラザで開催された多文化共生イベント『縁づくりフェスタ』に日本語クラブ紹介コーナーの設営を手伝ってきました。(Facebook➡こちらえたじま日本語クラブ

 会場では多くの人でにぎわい始め、日本・中国・フィリピン・ベトナム・バングラディシュ・インドネシアの料理など、各国の皆さんが用意されていました。

 地域おこし協力隊(国際交流支援員)の大方芳恵さん(➡新聞記事)の講演を聞いたあと、会場を後に。

 あとから聞くと、フィリピンの中学生のカラオケ、ザンビア人のチャーさんのミニライブやバングラディシュのみなさんのダンスなどがあったそうです。

 16時から長瀬海岸で月一の清掃活動である広島ベイネットの「せとうち海援隊(➡こちら)」活動に参加しました。

 今回も江田島カヌークラブ、Facebookを見て参加してくださったボランティアさん、そして、江田島市で民泊している学生さんが7人参加してくれました。

 また、最近ザンビアから江田島に移住してきたチャーさんも国際交流協会事務局のみなさんと飛び入り参加してくれました。先週の台風14号の影響だと思いますが、流木などのゴミが多めでした。


【追記】新型コロナウイルス

 9月25日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は924人(前日比415減)でした。

 県内3大都市では広島市が342人(379減)、福山市は255人(78増)、呉市は29人(73減)。

 一方、江田島市は12人(4減➡市HP県公表資料 )でした。9月は381人で累計感染者数は2392人。
※9月24日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

| | コメント (0)

2022年9月23日 (金)

秋分の日 2022

くもり

 今年の秋のお彼岸は2022年(令和4年) は9月20日(火)~9月26日(月)です。今日は秋分の日、午前に父方の墓参りに行ってきました。

2022923tabunka_miyanohara  左は9/23の中国新聞から。明後日(9/25)に宮ノ原交流プラザで多文化共生イベント『縁づくりフェスタ』が開催されます。江田島市内には約700人の外国人が生活しており、お互いに知り合う場として、『食』を通しての交流イベントです。

 これまでにも『食文化交流』が開催されたことはありますが、江田島地区での開催は初めてのことかもしれません。

2014年 7月 6日 江田島国際交流『七夕会』
2014年12月13日 江田島国際交流『食文化』
2015年 3月14日 第2回江田島市食文化国際交流会
2015年11月28日 第3回江田島市食文化国際交流会

 今年度、江田島市では多文化共生推進プランを策定することになっています。(➡こちら)これからも外国籍の市民と日本人市民が互いを尊重しながら、恵み多き宝の島・えたじまを輝かせていくことが大切です。

【追記】新型コロナウイルス

 9月23日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は1954人(前日比417減)でした。

 県内3大都市では広島市が944人(128減)、福山市は294人(191減)、呉市は112人(48減)。

 一方、江田島市は11人(±0減➡市HP県公表資料 )でした。9月は353人で累計感染者数は2364人。
※9月22日(木)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

| | コメント (0)

2022年9月18日 (日)

R4年度第10回日本語クラブ

くもりのち雨

 午前は高田交流プラザで開催された日本語クラブに参加しました。フィリピン9(おとな3、中学生2、小学生4)、ザンビア1,日本7の参加者でした。

 小学生の中学年は漢字、1年生はボランティアと一緒にタブレットで漢字の勉強です。

 今年、日本に来た中学生は、まだまだ日本語が苦手です。ボランティアと一緒にひらがたと漢字に挑戦しました。

 テストがちかい中学生はボランティアと一緒に連立方程式の文章問題にチャレンジです。速さ、時間、道のり(距離)の公式を使ったもので、私も38年ぶりに挑戦しました。

 おとなは漢字や文章の読み書きするひとや、独学で日本語を覚えているひともいました。

 休憩時間には、最近、ザンビアから江田島市に引っ越してきたチャーさんがギターで英語と日本語を使うあいさつの歌を歌ってくれました。(➡Facebook

 

台風14号

2022918typhoon_2214large  16:50現在、九州の広い範囲を暴風域に巻き込みながら北上していて、19日にかけて九州にかなり接近し上陸するおそれがあります。

 九州南部では非常に激しい雨が降っていて、気象庁は18日午後3時過ぎ、宮崎県に大雨の特別警報を発表しました。

 広島県も強風域に入っており、次第に風も強くなっています。明日いっぱい、暴風雨になることが予測され、早めの避難や外出を控えることが大切です。

【追記】新型コロナウイルス

 9月18日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は1898人(前日比21増)でした。

 県内3大都市では広島市が817人(±0)、福山市は372人(48増)、呉市は137人(8増)。

 一方、江田島市は14人(1増➡市HP県公表資料 )でした。9月は295人で累計感染者数は2306人。
※9月17日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年9月 4日 (日)

R4年度第9回日本語クラブ

晴れ

 午前、沖美町美能のふれあいセンターで開催された日本語クラブに行ってきました。

 8月7日から新たにスタートした技能実習生(特定技能含む)を対象とした日本語能力試験JLPT対応の学習会です。

2022年 8 7R4年度第7回日本語クラブ

 本日はインドネシア人2人が参加してくれ、ボランティアのみなさんとN5の練習問題に挑戦しました。

 普段、三高会館で学習している三高小学校(2)と三高中学校(2)のフィリピン籍の児童生徒さんもふれあいセンターでボランティアさんと学校の宿題などをしていました。

(フィリピン4、インドネシア2、日本6の参加者)
 


【追記】新型コロナウイルス

 9月4日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は3270(前日比42減)でした。(45日連続の2000人越え、5日連続の3000人越え)

 県内3大都市では広島市が1457(25減)、福山市は602人(132増)、呉市は277人(63減)。

 一方、江田島市は20人(8増➡市HP県公表資料 )でした。9月は62人で累計感染者数は2073人。
※9月3日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年8月22日 (月)

フィリピンから来た柿校生がインターネットラジオ

晴れ

 ご存じの方も入らっしゃると思いますが、「ゆめのたね」というAM、FMの電波を使わずネット回線を活用したインターネットラジオ局があります。(➡こちら

 毎週火曜日、午前10:30~11:00に県立大柿高校に通っているフィリピン国籍の女子生徒2人と日本国籍の女子生徒1人がパーソナリティーを務める番組「Hiraya Manawari(=タガログ語で「夢の結晶」)」(➡こちら)。

 8月16日(火)放送分では、フィリピン国籍の女子生徒2人が日本に来てから現在までのことをトークする内容でした。2人のトークでは、日本語を学ぶ難しさと楽しさ、世界で日本語を学ぶ学生に対するメッセージ、そして日本文化との出会い。一人は十二単を着たことがあるエピソードも紹介しています。

 番組の中盤からクラスメートのフィリピン人男子生徒や日本人女子生徒とのインタビューもあり、男子学生は日本語を学んでいくことの苦労、そして今、地域探求で江田島市の魅力を学んでいます。

 一方、日本人の女子生徒はフィリピンから来たお友達の日本語の先生でもあり、クラスのみんなとの橋渡し役やお互い切磋琢磨する良きパートナーです。

 現在配信しておりますので是非、聞いてみてください。(➡8月16日放送

 彼女たちの会話やインタビューのなかで、新しい発見もありました。ふたりが楽しい高校生活を送ること、そして将来の夢(Hiraya Manawari=タガログ語で夢の結晶)が叶うことを願っています。

【追記】新型コロナウイルス

 8月22日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は5127人(前日比2166減)でした。(33日連続の2000人越え、6日連続の4000人越え、5日連続5000人越え)

 県内3大都市では広島市が2625人(755減)と5日連続で2000人越え、福山市は633人(603減)、呉市は439人(159減)。

 一方、江田島市は23人(5減➡市HP県公表資料 )でした。累計感染者数は1734人。8月は既に562人確認され月別最多人数となっています。
※8月21日(日)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年8月21日 (日)

R4年度第8回日本語クラブ

晴れ一時雨

 10時から高田交流プラザの日本語クラブに参加しました。フィリピン8(おとな1、高校生1、中学生2、小学生4)、日本6の参加者でした。

 小学生は夏休みの宿題をしていました。中学生は夏休みの作文課題に取り組み、最近、日本にきた中学生はボランティアと日本語でのあいさつや「ひらがな」を学びました。

 高校生はボランティアスタッフと英語の問題にチャレンジし、大人は子どもの夏休みの宿題のチェックなどをしました。

  午前、美能地区での日本語能力試験対応型では、ベトナムからの技能実習生が2名参加したそうです。

2022年 8 7R4年度第7回日本語クラブ

 

【追記】新型コロナウイルス

 8月21日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は7293人(前日比407増)でした。(32日連続の2000人越え、5日連続の4000人越え、4日連続6000人越え)

 県内3大都市では広島市が3380人(197増)と3日連続で3000人台。福山市は1236人(197増)、呉市は598人(4減)。

 一方、江田島市は28人(10減➡市HP県公表資料 )でした。累計感染者数は1711人。8月は既に539人確認され月別最多人数となっています。
※8月20日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

R4年8月1日の江田島市人口

くもりのち晴れ

 江田島市の令和4年8月1日現在の人口は前月比127人減の2万1507人(うち外国人市民694人、3.23%)。

 日本人市民は前月比70人減(社会減39人、自然減31人)、外国人市民は前月比57人減(社会減57、自然増減なし)でした。(市HP住民基本台帳➡エクエルPDF

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、一時、外国人市民が大幅に減少しましたが、入国緩和により再び増加傾向になりました。(参考➡南日本新聞)尚、8月1日現在のデータでは、転入40人、転出97人の社会減57人とうことです。

 江田島市は外国人市民の割合が広島県内では東広島に次いで2番目に多い自治体であり、令和4年度には「多文化共生推進プラン」を策定することになっています。(予算額360万2千円➡参考

【江田島市】

2022.8.1 人口 前月比 65歳以上人口 高齢化率
日本人 20,813  ▲70 9,700 46.61%
外国人    694  ▲57    18  2.59%
全 体 21,507 ▲127 9,718 45.19%

【4町別】

2022.8.1 江田島町 能美町 沖美町 大柿町
日本人 7,408 4,638 2,613 6,154
外国人   175   183   221   115
全体 7,583 4,821 2,834 6,269
外国人比率 2.31% 3.80% 7.80% 1.83%

【追記】新型コロナウイルス

 8月11日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は過去最多の6284人(前日比506増)でした。(9日連続の3000人越え、22日連続の2000人越え)

 県内3大都市では広島市が過去最多を更新し3140人(506増)、福山市は699人(420減)、呉市は過去最多の519人(230増)で初めて500人台。

 一方、江田島市は1月24日の31人を大幅に超え、過去最多の57人(30増➡市HP県公表資料 )でした。累計感染者数は1376人。
※8月10日(水)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

 これからお盆シーズンを迎え人の移動が増えてきます。一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年8月 7日 (日)

R4年度第7回日本語クラブ

晴れ
 午前、沖美町美能のふれあいセンターで開催された日本語クラブに行ってきました。

 これまで沖美町では三高会館で開催していますが、このたび試験的に8月~11月の期間で8回(基本的に第1・第3日曜日)、美能地区で技能実習生を対象とした日本語能力試験対応の学習会をすることになりました。

 事前にカキ養殖業者さんにチラシをお配りし、働いている技能実習生の参加を呼び掛けて協力していただくことになりました。

 本日はベトナム人4人が参加してくれ、ボランティアのみなさんと楽しく日本語能力試験の勉強をしました。

 

【追記】新型コロナウイルス

 8月7日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は過去最多を更新し6029人(前日比1427増)と初めて6000人台になりました。(18日連続の2000人越え)

 広島県の湯崎知事が7/27の会見で、第7波のピークが来月(8月)上旬から中旬になるとするシミュレーションを示し、広島県内の1日あたりの感染者数は最大でおよそ5500人となる恐れがあると発表しましたが、想定以上の数字になりました。

2022年 728新型コロナ第7波に対する県の方針

 県内3大都市では広島市が2068人(138減)、福山市は610人(93増)、呉市は335人(21増)。3大都市は従来と変わらない数値ですが、東広島市774人、尾道市469人、廿日市市454人、三原市250人、海田町211人と200人を超えています。

 一方、江田島市は20人(17増➡市HP県公表資料 )でした。累計感染者数は1255人。
※8月6日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

 これからお盆シーズンを迎え人の移動が増えてきます。一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧