カテゴリー「環境問題」の記事

2023年1月29日 (日)

2023年1月ビーチクリーン活動@長瀬海岸

晴れ時々くもり

 (一社)広島湾地域資源ネットワーク通称:広島ベイネット)が月一活動している『せとうち海援隊』としてのビーチクリーン。

 2023年(令和5)の最初の活動を長瀬海岸で実施しました。お子様連れのご家族、ペットと一緒に参加したご夫婦、江田島カヌークラブ のみなさん、そして、地域おこし協力隊の守本怜矢さん(➡参考)も参加しました。

 2022年(令和4)1月からスタートした旧・能美海上ロッジの解体工事も進んでおり、建物も壊されて無くなっていました。

2020年12 5能美海上ロッジの解体について
2022年1024旧能美海上ロッジ跡地活用~サウンディング型市場調査

 観光の話題をひとつ。今年もえたじま ものがたり博覧会が開催される予定です。昨年は広島ベイネットでは、昨年、長瀬海岸でのビーチクリーンと海ごみ観察というブロブラムを提供させていただきました。今年も同様のプログラムを予定しています。

2022年 2月27日 ビーチクリーン&海ごみ観察@長瀬海岸2022
2022年 3月13日 ビーチクリーン&海ごみ観察@長瀬海岸2022(その2)
 

2023325emohaku_kankoukyoukai  (一社)江田島市観光協会のホームページを訪問すると、観光協会が提供する今年のプログラムが公開されていました。(➡こちら

 因みに、1/29(日)22:25現在では、観光協会サイトで紹介している申込みサイト(えもはく公式HP)は昨年(2022)のままです。(➡こちら

 観光協会のイベントは『#19』とあるので、少なくとも19イベントあるのだろうか。『えもはく』によって、多くのみなさんが江田島市に集い、楽しんでいただけることを期待しています。



守本怜矢さんのFB


【追記】新型コロナウイルス

 1月29日、広島県が発表した県内の新規感染者数は1265人(前日比435減)でした。

 県内3大都市では広島市が483人(177減)、福山市は269人(57減)、呉市は78人(52減)。

 一方、江田島市は9人(3増➡HP県公表資料)でした。
※1月28日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2023年1月19日 (木)

広島県、環境債50億円発行へ

晴れ一時くもり

 1月17日、広島県が環境に配慮した事業に使途を限定する10年満期一括償還の環境債(グリーンボンド)を50億円発行することを発表しました。(➡パンフレット県HP

(参考)環境省➡グリーンボンドガイドライン

 「2050ネット・ゼロカーボン(➡参考」の実現に向けた取組の一環として発行するもので、県内外の投資家から広島県の環境施策に共感・応援をいただくことで地球温暖化対策に取り組むというもの。都道府県で環境債を発行するのは9例目で中国地方では初めての試み。

Green-bond-hiroshima-2023  左は「広島県グリーンボンド・フレームワーク」(➡こちら)から抜粋したものです。調達した資金は、漁業環境を整備するための藻場造成や森林整備、水力発電の補助や県有施設(美術館など)の照明LED化に使うということです。

 申込期間は令和5年2月15日(水)から令和5年3月31日(金)までとなっています。どのような企業が投資するのか、また、これを財源にどのような事業を実施していくのか興味があります。

 尚、江田島市では2期江田島市水産振興ビジョン(平成29年策定)において漁場基盤の整備及び機能回復として、地先定着型魚種等の水産資源の維持・増大のため、計画的に藻場・築いそ等の育成場を造成することを明記しています。

2022年4月23日 藻場造成について 2022 

【追記】新型コロナウイルス

 1月19日、広島県内の新規感染者数は2893人(前日比441減)でした。

 県内3大都市では広島市が1145人(231減)、福山市は572人(77減)、呉市は184人(66減)。

 一方、江田島市は22人(10増➡HP県公表資料)でした。
※1月18日(水)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年12月25日 (日)

2022年12月ビーチクリーン活動@長瀬海岸

晴れ

(一社)広島湾地域資源ネットワーク通称:広島ベイネット)が月一活動している『せとうち海援隊』としてのビーチクリーン。江田島カヌークラブ江田島シーサポートからも参加いただいています。

 寒波も少し緩んだ日曜日。今年最後のビーチクリーンも無事終えることができました。来年も引き続き長瀬海岸をメインにビーチクリーン活動をしていきます。

 

【追記】新型コロナウイルス

 12月25日、広島県内の新規感染者数は4381人(前日比850減)でした。

 県内3大都市では広島市が1766人(343減)、福山市は973人(56減)、呉市は285人(56減)。

 一方、江田島市は19人(9減➡HP県公表資料)で、12月累計は546人になりました。
※12月24日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年12月22日 (木)

クリーンオーシャンプロジェクト2050

くもり

 北海道の企業、エレコム社を中心とした取組として掲げるクリーンオーシャンプロジェクト2050というのがあります。(➡こちら

 このプロジェクトは、一言でいうと『2つの発生元で海ごみゼロへ』。

2つの発生元とは
① 日本の沿岸に漂着する海洋ごみの約80%にのぼる漂着ごみ(下流)
② 日本の廃プラごみの約半分に相当するといわれる企業から発生する企業プラ(上流)

 このプロジェクトに賛同する企業・団体の技術や製品、サービスを通して、プラスチックの海洋流出防止・マイクロプラスチック化を抑制に取り組んでいく試みです。

 エレコム社の企業活動では、江田島市とも少なからず繋がっています。平成23年度(2011)に導入した大型発泡スチロールを細かく砕く減容機は同社が納入しています。(➡2011.7.6新聞記事

2020年8 4R28月文教厚生常任委員会

 また、平成31年(令和1年)には、養殖用かき筏等の使用済み発泡スチロール製フロートをペレット化し、有害物質の発生を抑えた樹脂ペレットボイラーの燃料として流通させるサーマルリサイクルサービスモデルの事業化が『新連携計画』(異分野連携新事業分野開拓計画)に認定されています。(➡こちら)江田島市漁業振興協議会も事業化支援に名を連ねています。(➡参考

 一方で、広島県においても、令和3年(2021)にGREEN SEA 瀬戸内ひろしま・プラットフォームGSHIP)が設立され、団体、事業者、行政等が相互に連携・協働しながら、2050年(令和32年)までに新たに瀬戸内海に流出するプラスチックごみの量をゼロにするために必要な取組を展開しています。

2021年1029海洋プラスチックごみへの取組2021~広島県
2022年10月30日 2022年10月ビーチクリーン活動@長瀬海岸~GSHIP

 江田島市においても団体、個人など様々な形で漂着ごみ問題ではビーチクリーン活動などに取り組んでおり、少しづつですが広がりを見せています。

【追記】新型コロナウイルス

 12月22日、広島県内の新規感染者数は5335人(前日比505減)でした。

 県内3大都市では広島市が2239人(178減)、福山市は1106人(112減)、呉市は338人(126減)。

 一方、江田島市は29人(16減➡HP県公表資料)で、12月累計は463人になりました。
※12月21日(水)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年12月 4日 (日)

さとうみフェスタ2022~海から始まる、未来の話をしよう。

くもり

2022124satoumi-festa-2022  午後から広島市で開催されたさとうみフェスタ2022(→イベントHP)に出席しました。3年前の2019年(令和1)から始まったこのフェスタも今回で4回目です。

2019年11月 4日 広島湾さとうみフェスタ2019
2021年11月13日 広島湾さとうみフェスタ2021~広島湾で始めよう、SDGs

 今年も主催者のひとつである広島湾さとうみネットワークの企画運営委員として参画する(一社)広島湾地域資源ネットワーク(通称:広島ベイネット→HP)の一員として、江田島市を中心とした活動について、リレートーク及びパネルディスカッションのパネリストとして参加しました。

 昨秋から月一のビーチクリー活動、せとうち海援隊(➡こちら)に認定されたこと、そしてGSHIPGREEN SEA せとうち広島・プラットフォーム専用サイト広島県HP)の活動協力についてお話させていただきました。

2022年1030202210月ビーチクリーン活動@長瀬海岸~GSHIP


さとうみフェスタ2022


広島湾の貴重な水中映像を公開します!(一般社団法人ふくおかFUN 大神弘太朗さん撮影)

【追記】新型コロナウイルス

 12月4日、広島県内の新規感染者数は2287人(前日比756減)でした。

 県内3大都市では広島市が986人(303減)、福山市は389人(153減)、呉市は149人(15減)。

 一方、江田島市は6人(15減➡HP県公表資料)でした。
※12月3日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年11月27日 (日)

2022年11月ビーチクリーン活動@長瀬海岸

晴れ

 (一社)広島湾地域資源ネットワーク通称:広島ベイネット)が月一活動している『せとうち海援隊』としてのビーチクリーン。江田島カヌークラブ江田島シーサポートからも参加いただいています。

 今回、広島市から月1回、長瀬海岸の清掃活動しているママさんチームの副代表さん参加していただき感謝です。

 また、広島湾さとうみネットワーク事務局さんや先月のGSHIPとのコラボ企画(➡こちら)で参加いただいた株式会社ヤマサキさんからも社員さんとご家族が参加してくださいました。

GSHIPGREEN SEA 瀬戸内ひろしま・プラットフォーム(➡こちら

 今日の長瀬海岸は多くの漂着ゴミがありました。生活系のペットボトル、食品関係(トレー、包装など)のプラゴミ、スポーツシューズ、ボール、産業系のプラスチックパイプ、発泡スチロールが細かくなったものなど様々な種類のゴミでいっぱいです。

 これから北風が吹く冬場に多くの漂着ゴミが流れつく長瀬海岸です。


【追記】新型コロナウイルス

 11月27日、広島県内の新規感染者数は2628人(前日比868減)でした。

 県内3大都市では広島市が1182人(288減)、福山市は454人(177減)、呉市は123人(50減)。

 一方、江田島市は9人(2増➡HP県公表資料)で11月は403人となりました。
※11月26日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年11月18日 (金)

プラスチック資源循環促進法

晴れ

 プラスチック資源循環促進法とは、2021年(令和3)6月に国会で可決され、2022年(令和4)4月1日に施行されたプラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(参考➡環境省HP)の略称です。

 この法律の目的は、プラスチックの資源循環を促進し、プラスチックごみを減らすことで持続可能な社会を実現することであり、同法が原則とするのは、3R+Renewableの促進。

3R Reduce(リデュース) 
製造のために消費する資源を減らす
Reuse(リユース)   使用済み製品を繰り返し使用する
Recycle(リサイクル) 廃棄された製品を原材料等として利用する
Renewable
(リニューアブル)
製造に使用される資源を再生が容易なものに置き換え、廃棄を前提としないものづくりをすること

 石油などの地下資源に対し、プラスチックごみは『地上資源』とも呼ばれているそうで、この地上資源を有効利用して新しいビジネス、経済価値を生み出す循環経済への移行においてリサイクルはとても重要な役割を担います。

 リサイクルで分かりやすい事例として、清涼飲料水等のペットボトルが挙げられます。

 日本のペットボトル回収率は2020年度(令和2)で96.7%、リサイクル率は88.5%と海外に比べて非常に高い。回収されない約3%のペットボトルは可燃不燃ごみに混入してしまっており、回収に向けての啓発は必要です。

(参考)
 PETボトルリサイクル推進協議会➡2020年度回収率2020年度リサイクル率
 (一社)全国清涼飲料連合会

 ただし、実際にペットボトルに戻る『ボトル to ボトル』の水平リサイクル率は約16%に留まっており、ボトル以外の製品になって最終的には焼却されてしまうそうです。(➡参考

 質の高い使用済みペットボトルを集めることも重要で、自治体や企業(メーカーや流通など)との連携による分別回収の仕組み、そして住民・行政・事業者が一体となって進めることも大切です。

【追記】新型コロナウイルス

 11月18日、広島県内の新規感染者数は2454人(前日比266減)でした。

 県内3大都市では広島市が1025人(164減)、福山市は454人(32増)、呉市は129人(1減)。

 一方、江田島市は28人(9減➡HP県公表資料)で10代未満と10代を合わせて12人。11月の新規感染者数は211人となりました。
※11月17日(木)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年11月15日 (火)

温室効果ガス削減の動き 2022

晴れ

 マスメディアを通して、日々、世界の環境問題に取り組む動きを知ることができます。エジプトで開かれている国連気候変動枠組条約第27回締約国会議(COP27)では、昨日(11/14)から閣僚級の会合が始まりました。(➡NHK

 温室効果ガスの削減を加速させる計画の策定や、気候変動の悪影響による被害への資金支援などをめぐって交渉が本格化することになりますが、これまで新興国にも削減強化を求める先進国と、さらなる排出削減には消極的な新興国が対立しています。

 政府が温室効果ガス削減について2050年カーボンニュートラル宣言をしたことによって動き始めた「温室効果ガスの排出削減と産業競争力向上の両立を目指す取組み」を総称したものがグリーントランスフォーメーション(Green Transformation=GX)です。(➡参考

 気候変動の主な要因となっている温室効果ガスの排出量を削減しようという世界の流れを経済成長の機会ととらえ、排出削減と産業競争力向上の両立を目指す取り組みのこと。

2050年カーボンニュートラル宣言
 2020年(令和2)10月、菅義偉首相(当時)が所信表明演説で、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにするカーボンニュートラルの実現を2050年までに目指すことを宣言しました。

 国のGXへの対応は、経済産業省が関係省庁と連携し、「グリーン成長戦略」を具体化して政策に取り組んでいます。(➡経産省HP)また、環境省は脱炭素社会に向けた啓発活動を行っています。(➡脱炭素ポータルサイト

 化石燃料ではなくクリーンエネルギーを主軸とする産業構造、社会システムへと変革を図る取り組みによる持続可能な社会の創造を目指すというものであり、さまざまな分野におけるSDGs持続可能な開発目標)の環境分野の指標(手法)の一つがGXであると思います。

2019年1213SDGs(持続可能な開発目標)の取組について
2021年1125スマートシティとSDGs~地方創生

 一方、地球温暖化対策の推進に関する法律令和3年改正)では、都道府県及び市町村は、その区域の自然的社会的条件に応じて、温室効果ガスの排出の削減等のための総合的かつ計画的な施策を策定し、及び実施するように努めるものとするとされています。

 このような法制度を踏まえつつ、脱炭素社会に向けて、2050年二酸化炭素実質排出量ゼロに取り組むことを表明した地方公共団体が増えています。

 江田島市においては2022年(令和43月に第2次江田島市環境基本計画を策定したばかりですが、国や全国の自治体の動きを注視しつつ、2050年までに温室効果ガスを実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ宣言」に向けた議論をすることが大切です。

 市役所内(担当課:地域支援課)での検討も必要ですが、市議会(所管委員会)での調査研究も求められます。行政と議会が両輪になって市政をうまく回していくことが重要です。

2022年 9142050年ゼロカーボンシティーの動き

【追記】新型コロナウイルス

 11月15日、広島県内の新規感染者数は9月14日発表以来の3000人を超え3460人(前日比2340増)でした。

 県内3大都市では広島市が1456人(988増)、福山市は563人(356増)、呉市は206人(163増)。

 一方、江田島市は15人(11増➡HP県公表資料)でした。
※11月14日(月)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年10月30日 (日)

2022年10月ビーチクリーン活動@長瀬海岸~GSHIP

晴れ

 (一社)広島湾地域資源ネットワーク通称:広島ベイネット)が月一活動している『せとうち海援隊』としてのビーチクリーン。江田島カヌークラブからも参加いただいています。

 今回はGREEN SEA 瀬戸内ひろしま・プラットフォーム(略称「GSHIP」(ジーシップ))の活動として提供しました。

2021年1029海洋プラスチックごみへの取組2021~広島県

 GSHIP参加企業(➡こちら)である、カルビー株式会社、株式会社ヤマサキ、株式会社パルコ(広島店)から職場仲間や家族連れ、個人旅行的に参加する方など12名の皆さんがご参加いただきました。

 晴天の秋空のなか、少し冷たい北風が吹いていましたが、活動していると暖かくなりました。

 ビーチクリーンの後、温かいオリーブ茶を堪能していただき、また、広島湾の海洋ゴミなどの特徴についても意見交換をして知っていただくことができました。

 同じ時間帯では、安田女子大学の学生さんや先生がビーチクリーンをしていました。先週は能美中学校の生徒さんが授業の一環として長瀬海岸でビーチクリーンをしたと聞きました。(防災行政無線でも放送されました。)

 近年、環境問題に取り組む学校や地域、団体、企業が増えてきました。美しい海を守っていくため、清掃活動も素晴らしいことですが、一人ひとりが海や川、山などにゴミを捨てないことが大切です。

 

【追記】新型コロナウイルス

 10月30日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は1216人(前日比198減)でした。

 県内3大都市では広島市が498人(48減)、福山市は232人(60減)、呉市は55人(26減)。

 一方、江田島市は19人(1減➡HP県公表資料)でした。
※10月29日(土)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

※広島市、福山市、呉市は9/27公開分から国の全数把握の簡略化に伴って集計方法が変わることなどから午前ではなく、午後に数値を発表することになりました。(➡NHK

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

| | コメント (0)

2022年10月29日 (土)

贈ろう森PROJECT~こけ玉ワークショップ&ビーチクリーン

晴れ

 冷たい朝を迎えましたが、太陽が出ると暖かい秋の土曜日。

 午前中は (一社)フウド贈ろう森づくりプロジェクト(➡参考)のコラボ企画『こけ玉ワークショップ&ビーチクリーン』が開催された長瀬海岸と江田島荘に行ってきました。 

 主に小学生以上を対象とした企画で市内外から子ども連れの家族が参加していました。

 9:00から長瀬海岸でビーチクリーン。まるでポップコーンのようになった発泡スチロールが海岸に打ち上げられていました。

 ビーチクリーンの後は、江田島荘さんの中庭でトークセッション。森と海がどうつながっているか等のテーマで子どもさんにも分かり易い内容でした。

 途中で中座しましたが、トークセッション後は、こけ玉づくりワークショップがありました。広島市・二葉山のドングリの木を苗木として、参加者のみなさまが里親として約半年育て、樹木を必要とする場所へ贈り、人と森をつなぐ循環型のプロジェクトです。

 

【追記】新型コロナウイルス

 10月29日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は1414人(前日比150増)でした。

 県内3大都市では広島市が546人(60増)、福山市は292人(25増)、呉市は81人(7増)。

 一方、江田島市は20人(8増➡HP県公表資料)で9月21日発表以来の20人台でした。
※10月28日(金)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

※広島市、福山市、呉市は9/27公開分から国の全数把握の簡略化に伴って集計方法が変わることなどから午前ではなく、午後に数値を発表することになりました。(➡NHK

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧