カテゴリー「上下水道事業」の記事

2022年5月 3日 (火)

旧秋月小学校跡地、水産加工工場の建設スタート

晴れ

2022428ocean-point  左は4/28の中国新聞から。江田島市が平成23(2011)年10月に策定した未利用財産利活用方針(➡こちら)に基づいて、令和3(2021)年に水産加工品卸会社、オーシャンポイント㈱(福山市松永町)へ旧秋月小学校跡地を売却しました。

 オーシャンポイント(株)が計画通り、2023年(令和5)7月の稼働を目指し、カキ加工工場に着工したという嬉しいニュースです。

旧秋月小学校に関する過去ブログ
2017年 8月13日 遊休施設を雇用の場へ
2017年 8月17日 しごとの場創出事業~旧・秋月小グラウンド
2019年 4月10日 旧・秋月小学校の利活用を求め仕切り直し
2020年10月29日 旧秋月小学校跡地にも明るい兆し2020
2021年 2月11日 旧秋月小学校跡地に水産加工会社の進出決定

 地元を中心に65人の新規雇用を見込んでおり、工場3Fにはイタリアンカフェ(50席)を併設するということで、雇用だけでなく、観光にも寄与する施設になりそうです。

 いまは休止している呉/秋月航路ですが、航路にとっても、工場スタートによって観光ビジネスとしての付加価値が高まる。

2020年1014秋月~呉航路、11月から長期運休へ

SDGsの取組みに期待

 すでに工場の設計は終えていると思いますが、できることなら、循環型トイレを併設してほしいと願っています。

 ブログで何度か取り上げたカキ殻利用の循環型トイレ。議員時代、担当部署も含めて、循環型トイレの有効性(環境、観光、SDGs)について説明していますが、その動きが見えないのは残念です。

2008年 812文教厚生常任委員会視察
2012年1130カキ殻対策を考えよう
2022年 4 5カキ殻利用の循環型トイレ~SDGs

 江田島市の下水道事業計画において、秋月地区は計画区域の対象外となっており、水洗トイレにするには合併浄化槽を設置することになります。

2019年 3 7H31予算委(産業建設分科会)その2

 カキ殻利用循環型トイレのメーカーも福山市に拠点を置く会社(永和国土環境㈱)であり、備後地域の企業による江田島市とのコラボレーションとなれば、『安芸と備後』によるSDGsの取組みとして脚光(マスコミ受け)を浴びるのではないだろうか。

 このことにより、江田島市をもっと広く知ってもらえ、この島に行ってみたいという人々が増え、また、この島の良さを知ってもらい、『口コミ』で新たな来訪者を開拓できるような気がします。

 先日、『ITアイランド構想@姫島村』(➡こちら)や『藻場造成について2022』(➡こちら)について書きましたが、自然豊かな島であり、また、広島湾の中心に位置する『恵み多き、宝の島、えたじま』。

  IT企業の誘致やSDGsにも取り組む、時代の最先端をいっている『輝きの島』として広く世界に知っていただける島になることを願っています。

【追記】新型コロナウイルス

 5月3日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は740人(前日比103増)。県内3大都市では広島市337(23増)、福山市は157人(27増)、呉市は59人(28増)。

 一方、江田島市は昨日に続いて0人(±0→市HP県公表資料 )でした。
 ※5月2日(月)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

日本製鉄の呉撤退による影響~工業用水道事業 2022

晴れ

 昨日のニュースから。(➡日経新聞NHK

 来年2023年9月末の呉地区撤退により、工業用水を提供している広島県に対し、日本製鉄がこれまで支払っていた年間使用料(約6億円)の3年半分である21億円を10年間均等支払い(年額2億1千万円)を協力金として支払うことが分かりました

 日本製鉄・呉地区は昨年(2021年、令和3年)9月末に高炉を停止し、来年(2023年、令和5年)9月に閉鎖予定となっています。県によると今年4月から1日の使用料が半減している。

 広島県の工業用水のうち、太田川東部工業用水道事業の供給の6割を占めていた大口顧客を失うことは、県水道事業にとっても大きな痛手です。

 広島県工業用水以外に、呉市の工業用水を使用しており、呉市も19日、日鉄から2億円の協力金の提供を受けると発表した。呉市によると日鉄の水道使用量は市経営の水道でも4月から半減。日鉄が「工業用水道事業の健全な経営に協力する」として申し入れた。

Kure-industrial-water-h27r5  参考までに、左は呉市工業用水道事業経営計画(令和1年12月改定版➡PDF)からの抜粋です。日鉄の縮小以前には呉市が供給する工業用水の38.5%を利用していました。

 令和5年度を目標とする県が取りまとめる広域水道事業にとっても少なからず影響があり、参画する江田島市の水道事業も先行きが見通せない状況ではないか。(参考:呉市は不参加➡新聞記事

 すでに2年前から撤退の話はあったが、いよいよ、工業用水道事業への具体的な影響が出始めてきました。

2020年 2月 7日 日鉄日新、呉製鉄所を閉鎖へ
2020年 229日鉄日新製鋼 呉製鉄所閉鎖問題 その5~呉市水道
2020年1214県工業用水事業、赤字試算と水道広域連携
2021年 525広島県、工業用水事業で国に要望へ
2022年 113県工業用水(太田川東部1期)、日鉄呉閉鎖で6億円超の赤字試算

【追記】新型コロナウイルス

 4月20日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は1091人(前日比331増)。県内3大都市では広島市510人(179増)、福山市は242人(86増)、呉市は69人(25増)。

 一方、江田島市は8人(4増→市HP県公表資料 )でした。
 ※4月19日(火)の結果です。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年2月 8日 (火)

県の水道広域化、着々と(第3回準備協議会)

くもり

 広島県が令和2年(2020)6月に策定した「広島県水道広域連携推進方針」に基づき、県内水道事業の統合に向け取り組んでいます。

 令和3年(2021)4月には統合に賛同する15市町と「広島県水道企業団設立準備協議会」を設立し、令和4年(2022)11月の企業団の設立、令和5年度(2023)から企業団による事業運営開始を目指して準備協議会(→こちら)で取り組んでまいります。

Hiroshima_water-r427_1  2月7日に第3回準備協議会が開催され、広島県水道企業団事業計画素案(案)(PDF→素案概略版)が示され、統合後40年間で979億円の事業効果があると示されました。

Hiroshima_water-r427_2  以前にも報道されましたが、江田島市の水道料金ですが、企業団に参加することにより令和2年度供給単価(271円/㎥)は統合10年後(令和14)も維持できるという試算が出ています。

2021年12 3広島県水道広域構想の県試算2021

Hiroshima_water-r427_3  統合後の企業団の職員は、当初は企業構成団体から派遣されます。しかし、事業開始後、企業団で職員採用と計画的な人材育成が行われるなかで、将来的に地域事情に明るい職員が少なくなるという懸念があります。

 広域化することで地域とのつながりが希薄になることをどう解決していくか視野に入れておくことも大切です。

【追記】新型コロナウイルス

 2月8日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は892人(前日比144増)。2日連続で1000人を下回りました。県内3大都市では広島市449人(28増)、福山市111人(26増)、呉市65人(37増)。

 基本的に陽性反応が確認された翌日にマスコミ報道されます。

 土日は検査機関の事情もあって、月曜日は少なくなります。よって、月曜日の検査結果が反映される『火曜日に感染者が増加』というサイクルになります。

 江田島市の本日発表された新規感染者は1人(1減、→市HP県公表資料)。市民との交流(通勤・通学・通院など)がある広島市や呉市の状況を鑑みると、まだまだ油断できない状況です。
 ※2月7日(月)に陽性が確認された数です。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年1月14日 (金)

県水道第2期送水トンネル、完成さらに3年延びる

晴れ時々くもり
2021113hiroshima-water 1月13日の中国新聞から。広島市の太田川から呉市方面へ水道用の水を送る県の新たな送水トンネル(2期トンネル)完成が3年遅れて2026年(令和8)3月になるという記事です。

 2020年(令和2)2月に1年延期(2022年度(令和4)から2023年度(令和5)→2020.2.6新聞記事)としましたが、岩盤が見直しで想定していたよりもさらに頑強であることによるもの。

 工事費も増額見込み(42億8400万円増)で2019年度(令和1)時点の見込みを80億9200万円上回る192億9500万円になる。

 この第2期送水トンネルを建設する発端は平成18年(2006)8月に発生した送水管トンネル崩落事故にあります。江田島市においても、当時、市内の約8割が10日以上の断水をする事態に陥りました。(参考→広報えたじま平成18年(2006)10月号

 その後、平成30年(2018)7月豪雨災害において長期断水があり、この16年間で江田島市民は2度の長期断水を経験しました。早期の完成を願うばかりです。

【追記】新型コロナウイルス
 114日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は997人と辛うじて千人台ではありませんでしたが過去最多を更新しました。

 県内3大都市の広島市536人、福山市104人、呉市121人も過去最多でした。江田島市は9人(→県HP資料)。

2022114covid19_hiroshima_stats  広島市が536人に対し、江田島市9人は少ない、と思ってはいけません。人口規模を考えると、広島市では『490人レベル』、呉市では『88人レベル』となります。

 江田島市では今年1月に入ってすでに49人の新規感染者が確認され、第5波の期間である昨年840人を超え、月間最多となっています。(参考→江田島市感染者数推移@2022.1.14

 一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2022年1月13日 (木)

県工業用水(太田川東部1期)、日鉄呉閉鎖で6億円超の赤字試算

晴れ一時くもり

2021112hiroshima_industrial_water  1月12日の中国新聞から。広島県が運営する工業用水のうち、太田川東部第1期工業用水道事業について、2023年(令和5)月を目途に料金改定するという記事。(→広島県の工業用水事業

 すでに報道されていましたが(→2020.12.10中国新聞)、呉市にある日本製鉄・瀬戸内製鉄所呉地区が2023年9月末に閉鎖(→NHK)することに伴い、工業用水を利用しなくなると、太田川東部第1期水道事業の赤字は年間6億円を超える試算です。

 受水している6社のうち、日鉄呉地区が約6割(59.8%)を占めており、撤退となると収益が悪化するのは当然の帰結といえます。今後10年間の収支を均衡にするには2.3倍の値上げが必要とのことですが、他社の収益にも大きく影響するため慎重を期さないといけません。

2015年11月12日 県営水道36年度に赤字
2020年 2月26日 日鉄日新製鋼 呉製鉄所閉鎖問題 その4~県水道
2020年12月14日 県工業用水事業、赤字試算と水道広域連携
2021年 5月25日 広島県、工業用水事業で国に要望へ 

※合理化により日本製鉄の経営状況は上向いています。(➡日経ビジネス2021.10.19

Kure-industrial-water  呉市において、製鉄所の撤退に伴い、人口減少、雇用・地域経済への影響だけでなく、水道事業への影響もあります。呉市議会では、令和2年3月定例会で質疑がなされています。(➡録画中継、参考➡呉市工業用水道事業経営計画

 呉市が企業に対して供給する1日当たりの工業用水11万㎥のうち、製鉄所の使用量が4万~5万㎥(36~45%)。令和2(2020)年度予算ベースでも約6億2400万円の工業用水道料金のうち、同製鉄所分が約4割(約2億5千万円)を占めることが判りました。

2020年 2月29日 日鉄日新製鋼 呉製鉄所閉鎖問題 その5~呉市水道

【追記】新型コロナウイルス
 1月13日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は805人と過去最多となり、江田島市は過去最多の12人と初めて二桁になりました。(→広島県発表市HP)隣の呉市では過去最多の95人、広島市では415人。

 通勤・通学・通院等、広島市と呉市と密接にかかわる江田島市。一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

 尚、東京都3214人、沖縄県1817人(過去最多)、大阪府2452人、愛知県1036人の感染が確認されました。

| | コメント (0)

2021年12月 3日 (金)

広島県水道広域構想の県試算2021

晴れのちくもり一時雨
20211130water_hiroshima-pref  11月30日の中国新聞から。広島県と江田島市を含む県内15市町が2023年(令和5)4月の統合を目標とした広域水道事業。

 2021年212水道広域連携への参画について@江田島市

 広島県が統合から10年間の事業計画を策定するにあたって、これまでの単独経営を続けた場合と2023年に統合した場合の10年後の各市町水道料金の比較を示しました。

  2020年度(令和2) 2032年度(令和14)の県による試算
単独経営 統合
江田島市 271円/㎥ 299円/㎥ 271円/㎥

 このたびの広域水道事業では、広域化したとしても最初の10年間は15市町独自の料金体系を維持し、その後、水道料金を統一いくか検討するというもの。

 江田島市の場合、現在、広島県で一番高い水道料金ですが、県試算では統合10年後の2023年度では、15市町のなかで4番目となり、かつ、2020年度の水道料金を維持できるというもの。

 統合によって2032年度で現状の水道料金(1㎥あたり)を維持できるのは江田島市(271円)、三原市(257円)、東広島市(240円)、熊野町(239円)、世羅町(207円)の5市町。残る10市町は単独で運営するよりも上げ幅は低く抑えられるが値上りする見込みです。

 不確定要素(人口減少率など)はありますが、県試算でいくと、江田島市が広域化に参加することは市民益に繋がるということになります。

(参考)水道広域化の過去記事一覧→こちら

| | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

下水道料金値上げについて2021.6

雨のちくもり

20210612sewerage-charge-increase 6月12日の中国新聞から。今年10月からの下水道料金値上げについての記事です。6月15日から開会される6月定例会で下水道料金値上げの条例案が提案されます。

 この案件は2021年2月18日開催のR3年2回全員協議会で執行部(市役所)から議会に対して説明がなされており、可決の見込みです。(→2021.2.18 第2回全協

【参考】過去の下水道料金見直し
 2010年10月13日 下水道使用料の見直し
 2011年 2月10日 下水道使用料の見直し(その2)

 記事にある通り、人口減少による利用料金減によりコストを賄えないため受益者負担を求めるものであり、将来的に維持管理費増を考えると、人口減少が年500人規模で進む(10年で5,000人減少)なかで、下水道事業も市財政の『時限爆弾』といえるのではないだろうか。

 国の方針もあり、平成6年(1994)あたりから全国的に『下水道事業』が始まっていますが、各自治体の財政的な重荷になっています。(参考→2008年(平成20)6月26日 日本経済新聞記事

(追記)
 6月12日、広島県の新型コロナウイルス感染者は33人(うち広島市22人)が確認されました。昨日6月11日(34人)に続き3日連続30人台。6月5日(47人)から8日連続50人未満は続いています。
 一日の感染者数は減少傾向にありますが、広島県では、6月20日まで緊急事態宣言が延長となっており、今後もリバウンド回避のため、一人ひとりができる予防対策をすることが大切です。

| | コメント (0)

2021年5月25日 (火)

広島県、工業用水事業で国に要望へ

晴れ時々くもり
2021522-hiroshima_pref-industrial-water 5月22日の中国新聞から。広島県が取りまとめた政府への2022(令和4)年度予算編成に向けた提案についての記事です。

 提案全43項目のうち、工業用水事業について、入水企業の倒産や撤退などで水道料金の上昇が見込まれる激変緩和策の新設を初めて盛り込んだ。

 2016年(平成28)から検討していた『広島県内1水道』構想(→2016.10.19中国新聞過去ブログ)では、広島県が4月19日にまとめた21自治体の参加意向によると、広島市、呉市、尾道市、福山市、大竹市、海田町の5市1町(6)が不参加、江田島市を含む9市6町(15)が参加の意向であることが分かっています。

2021年421『県内1水道』、不参加は6団体

 一方、新聞記事にあるとおり、2023年(令和5)9月末をめどに日本製鉄が瀬戸内製鉄所呉地区を閉鎖することが既定路線となっており、これにより県の工業用水の経営も厳しい状況になっています。

200226nittetsu_nisssin_water_1 太田川東部第1期工業用水道事業(左写真参照:県内5社に給水)は2022年度までは黒字見通しだが、日鉄呉が閉鎖され、料金を変更しなければ2023年度から赤字に転落するという。

※県工業用水を供給する県内34事業所では最も多く利用しているのが呉製鉄所であり、令和2年度当初予算の年間使用料は約6億7千万円と見込んでおり、県の工業用水道事業のうち給水事業の収益の3割を占める。(→2020.2.26中国新聞)太田川東部第1期工業用水道事業では収益の約6割。(→2020.12.10中国新聞

2020年12月14日 県工業用水事業、赤字試算と水道広域連携

 広島県の水道広域化が進められていくなかで、県の要望活動を受けた国がどのように対応していくのか注視する必要があります。

(追記)
 5月25日、広島県の新型コロナウイルス感染者は132人(うち広島市108人)が確認されました。(→NHK

 通勤・通学・通院等で広島市との往来をされる江田島市民も多くいらっしゃいます。また、広島市から通勤・通学で江田島市に来られている方もいらっしゃいます。一人ひとりができる予防対策をしていくことが大切です

 尚、昨日(5/24)9時から受付開始した65~69歳(昭和27年4月2日生まれ~昭和32年4月1日生まれ)の方の予約状況ですが、本日22:30現在も『予約受付中』となっています。(インターネットは24時間受付)
※追記:5/26 10:00現在も受付中。

| | コメント (0)

2021年4月28日 (水)

『県内1水道』に向けて準備協議会発足

くもりのち雨
2021427hiroshima_water  4月27日の中国新聞から。広島県と参加15市町が水道事業統合に向けて企業団の設立準備協議会を発足させたという記事。

 すでにブログで書いておりますが、県内人口の約76%を占める広島市(坂町、府中町に供給)、呉市、尾道市、福山市、大竹市、海田町の6市町が不参加を決めています。

(参考)2021年4月21日 『県内1水道』、不参加は6団体

 理由としては、統合参加すると水道料金が値上がりするというものですが、地域住民の“福祉”を考えるとそうなります。

 一方、参加した自治体の判断理由としては、これから人口減少が進むことによる売上減からくる収支悪化、老朽化施設の更新による財政負担、技術者不足等によるサービスの低下等により単独経営が厳しくなることが挙げられる。

(参考)江田島市の水道事業に従事する職員は合併時(平成16年=2004))28人であったものが、市役所全体の職員数適正化を図るため、令和3年度(2021)は13人となっており人員(技術系)の確保が厳しい状況。

(参考)2021年2月12日 水道広域連携への参画について@江田島市

 神石高原町長の『当初の想定と違ってくる部分はないのか』との質問に対し、県企業局から『維持管理費の縮減などの試算は大きく変わらない』との説明がありました。

 これから来年(2022年(令和4))7月までに準備協議会で規約や事業計画の案を作り、企業団を設立し、2023年(令和5)4月からの開業を目指しますが、今後の動きを注視します。

| | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

『県内1水道』、不参加は6団体

晴れ時々くもり
2021420water_hiroshima  4月20日の中国新聞から。2016年(平成28)から検討していた『広島県内1水道』構想(→2016.10.19中国新聞過去ブログ)ですが、広島県が4月19日にまとめた21自治体の参加意向によると、広島市、呉市、尾道市、福山市、大竹市、海田町の5市1町(6)が不参加、江田島市を含む9市6町(15)が参加の意向であることが分かりました。

※広島県は23市町ですが、坂町、府中町は広島市から供給を受けているので水道事業者は21団体。

 江田島市では、2月12日の議会全員協議会で議会への説明がありました。このとき参加の意向理由が示されています。(参考→水道広域連携への参画について@江田島市

 県の水道広域化に『統合以外の連携』を表明している広島市(坂町・府中町に水道水を供給)、福山市、呉市、尾道市、大竹市、海田町の人口は広島県の約76%になります。(令和3年3月1日現在)

自 治 体 人 口 割 合
広島県 2,788,633人 100.0%
広島市 1,197,498人 42.9%
府中町 5,1090人 1.8%
坂町 1,2605人 0.5%
福山市 459,250人 16.5%
呉市 211,885人 7.6%
尾道市 129,958人 4.7%
大竹市 26,437人 0.9%
海田町 29,786人 1.1%
不参加の市町(合計) 2,118,509人 75.9%

 以前にも書きましたが、この状況で企業団の水道事業運営は不透明なところもあるが、合併後、江田島市の水道事業に従事する職員は合併時28人であったものが今は13人となっており、人員(技術系)の確保が厳しい状況である。

 また、老朽化施設更新にも多大な費用がかかり、広域化に参画することによって江田島市の費用負担が減少することを考慮すると企業団に参加することには賛成。

 呉市宮原浄水場からの用水を受けるということもあり、呉市との独自の連携も検討するべきであり、また、企業団がスタートした時、水道事業に従事する方々には江田島市の地域事情にも精通していただけるようお願いしたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧