« R6年度第2回日本語クラブ | トップページ | 2024年4月ビーチクリーン活動@長瀬海岸 »

2024年4月25日 (木)

江田島市、消滅可能性都市と再認定

晴れ

 有識者グループ「人口戦略会議」が取りまとめたところによると、2050年までに20代から30代の若年女性が半減すると分析した将来的に「消滅の可能性がある」自治体は全国1729のうち約4割にあたる744。うち、広島県内では6市町ということです。

 広島県内では前回調査(2014年=平成26年)で「消滅の可能性がある」自治体は11市町でしたが、5市町が若年女性の人口減少率が改善したことなどから、消滅の可能性がある自治体から「脱却」したとしています。

前回調査(11市町) 今回調査(6市町)
竹原市・府中市・庄原市・大竹市・廿日市市・安芸高田市・江田島市・安芸太田町・神石高原町・北広島町・大崎上島町 竹原市・府中市・安芸高田市・江田島市・安芸太田町・神石高原町
 

 前回調査で消滅可能性自治体であったが、今回、「脱却」したとされる市町は庄原市・大竹市・廿日市市・北広島町・大崎上島町の5市町です。人口減少及び少子高齢化対策をどうしてきたのか調べてみると、江田島市にとってのヒントがあるかもしれません。

 このたびの分析レポートがネット上で公開されていますので、「消滅可能性」をどう定義し、どう認定したのかを確認することも大切です。「消滅可能性」という言葉の独り歩きがないことを願います。

【人口戦略会議・公表資料】(2024年4月24日)
『地方自治体「持続可能性」分析レポート』(➡こちら

 前回の報告書は公開時にはセンセーショナルなものでした。このことをきっかけに国は「地方創生」政策を打ち出してきました。これについて様々な研究・検証がなされ論文も掲載されています。この「消滅可能性」というものがどういうものなのか原点に立ち返って考えてみる必要があります。

(参考)前回の調査報告に対する論文
 ①自治体消滅論、「地方創生」戦略を検証し、真の地域再生を(2015年)
 ②地方消滅論批判─地域経済学の視点から─(2015年)

江田島市に関する分析(出典➡こちらを加工)

  若年女性人口 若年女性人口減少 総人口
2020年 1,308人 21,930人
2050年人口
(移動想定)
 458人 65.0%減 10,232人
2050年人口
(封鎖人口 注1)
 880人 32.7%減 12,620人

注1 封鎖人口
 特定の地域において他地域との人口移動がなく、その地域の人口は、出生数と死亡数によって変動するものと仮定した場合の人口をいう。地域分析等で使われる手法で、世界の全人口を対象とする場合のほかは、厳密にはありえないが、流入流出数が無視できるほど小さい場合は、封鎖人口とみなして人口推計することができる。

|

« R6年度第2回日本語クラブ | トップページ | 2024年4月ビーチクリーン活動@長瀬海岸 »

江田島市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R6年度第2回日本語クラブ | トップページ | 2024年4月ビーチクリーン活動@長瀬海岸 »