« レモン栽培に挑戦する同級生 | トップページ | 県の水道広域化(第4回準備協議会) »

2022年8月17日 (水)

新第2配水池新設工事に係る公募型プロポーザルについて

雨時々くもり

2022815-2nd-haisuichi  市HP(➡こちら)で第2配水池(大柿町柿浦➡地図)の新設工事に係る公募型プロポーザルの実施について公開されました。左はスケジュールです。

 この事業は第2配水池の老朽化・耐震化に対応するため、新たに第2配水池を築造するもので、それに伴う送水・配水管の布設工事及び送水ポンプの更新工事を実施します。

事業期間 事業契約の締結日(令和 4年11月)から令和 6年 3月末までを事業期間と予定
提案上限額 6億3133万6千円(消費税及び地方消費税を含まない)

 このたびの公募型プロポーザルにおける事業目的は以下の通りです。

新第2配水池新設工事 公募説明書・実施方針から抜粋

1.1.事業の目的

 本事業は,第2配水池の老朽化・耐震化に対応するため,新たに第2配水池を築造するものである。それに伴う送・配水管及び排水管の布設,送水ポンプの更新を実施する。

 事業の推進にあたっては,厚生労働省が示した新水道ビジョンの主旨を踏まえ,将来にわたり安全,安心な水を安定的に確保しなければならないことを鑑み,特に,長期にわたる施設の耐久性に着目することとして,配水池構造や各種材料,維持管理性などについて,民間事業者が有する技術力,ノウハウや創意工夫による提案を期待すると共に,事業期間の短縮とコストの縮減を図るため,設計及び施工一括発注方式(デザインビルド方式,「以下 DB 方式」という)で実施するものである。

 広島県が取り組む水道広域化について、江田島市も参画する予定になっています。令和4年(2022)11月の企業団の設立、令和5年度(2023)から企業団による事業運営開始を目指しています。

2021年 2月 8日 県水道広域化と江田島市水道事業
2021年 2月12日 水道広域連携への参画について@江田島市
2022年 2月 8日 県の水道広域化、着々と(第3回準備協議会)

【追記】新型コロナウイルス

 8月17日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は4255人(前日比1379増)でした。(28日連続の2000人越え)

 県内3大都市では広島市が1787人(807増)、福山市は605人(48減)、呉市は322人(181増)。

 一方、江田島市は38人(24増➡市HP県公表資料 )でした。累計感染者数は1554人。8月は既に382人確認され月別最多人数となっております。
※8月16日(火)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

※政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

|

« レモン栽培に挑戦する同級生 | トップページ | 県の水道広域化(第4回準備協議会) »

上下水道事業」カテゴリの記事

広域連携・観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レモン栽培に挑戦する同級生 | トップページ | 県の水道広域化(第4回準備協議会) »