« R4年度第7回日本語クラブ | トップページ | 日常の風景@造船所 »

2022年8月 8日 (月)

空き家対策の取り組み~2022

晴れ

 江田島市では、平成28年(20164月に江田島市空家等対策協議会を設置し、下記のことについて協議しています。(➡江田島市空家等対策協議会設置要綱協議会の役割

協議事項

(1) 空家等対策計画の作成及び変更並びに実施に関する事項

(2) 空家等が特定空家等に該当するか否かの判断に関する事項

(3) 空家等の調査及び特定空家等と認められるものに対する立入調査の方針に関する事項

(4) 特定空家等に対する措置の方針に関する事項

(5) その他協議会において必要と認められる事項

 7月28日に開催された空家対策協議会の議事録、配布資料などが市HPで公開されています。(➡こちら会議の様子)下図は江田島市の空家状況をまとめた資料から抜粋したものです。

  空き家と思われる住宅数 住宅総数 空き家率
平成27年 8月 1,374戸 10,530戸 13.0%
令和 3年 7月 1,865戸 10,184戸 18.3%
6年間での増減 491戸増 346戸減 5.3%増

 令和3年(20217月時点では、前回調査(平成27年(20158月)に比べ、住宅総数は減少していますが空き家は増加しているのが現状です。

 令和3年12月定例会で江田島市空家等対策条例が可決され(→議案審議録画)、令和4年(2022)4月1日に施行されました。(→条例について条例の概要

 このたびの協議会で江田島市の空き家対策の取組み状況(➡こちら)が示されていますが、今後も空き家が増える状況が続くと予測されます。

 「空き家=地域資源」と捉え、流動化することによる経済効果を模索することも必要です。その一例が空き家活用モデル事業ですが、今後の動きに注目します。

2022年3 3空き家活用モデル事業住宅の入居者を募集 2022

【追記】新型コロナウイルス

 8月8日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は3343人(前日比2686減)で19日連続の2000人越えでした。(6日連続3000人越え)

 県内3大都市では広島市が1732人(336減)、福山市は526人(84減)、呉市は118人(217減)。

 一方、江田島市は12人(8減➡市HP県公表資料 )でした。累計感染者数は1267人。
※8月7日(日)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

 これからお盆シーズンを迎え人の移動が増えてきます。一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

|

« R4年度第7回日本語クラブ | トップページ | 日常の風景@造船所 »

江田島市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R4年度第7回日本語クラブ | トップページ | 日常の風景@造船所 »