« 江田島市から3人目の国会議員 | トップページ | R4年度第6回日本語クラブ »

2022年7月16日 (土)

令和4年海浜清掃

雨のち晴れ

 午前6時30分から深江漁協の海浜清掃に参加しました。令和2年(2020)令和3年(2021)は新型コロナウイルス感染症により小規模開催でしたが、今年は3年ぶりに拡大しての清掃で、みなさん、漁船に乗り込んで沖野島の裏に集合です。

 2班に分かれて約1時間30分、海岸に漂着した木材を燃やし、ペットボトルや缶・瓶、プラスチックパイプや大型フロート(発泡スチロール)を回収して漁協に戻ってきました。

 このたびは雨上がりの曇り空ということでとても活動しやすい天候でした。

 

これまでの地元漁協の海ごみ清掃(過去ブログ)
2021年(R 3)令和3年海浜清掃
2022年(R 2)令和2年海浜清掃
2019年(R 1)令和元年海浜清掃ほか
2018年(H30) 海浜清掃と洗濯サービス
2017年(H29) 海浜清掃と新たなスポット
2016年(H28) 海浜清掃と「おかげんさん」
2014年(H26) 海浜清掃とミニ・コンサート
2012年(H24) 海浜清掃です
2009年(H21) 海浜清掃とうれしい発見

【追記】新型コロナウイルス

 7月16日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は1342人(前日比46増)で4日連続の1000人越えで1300人台は5月18日以来です。県内3大都市では広島市690人(41人)、福山市は179人(19減)、呉市は136人(24増)。

 一方、江田島市は9人(2増➡市HP県公表資料 )でした。
※7月15日(金)の結果です。県公表資料は広島・福山・呉を除く県管轄市町。

 政府分科会は711日に「感染拡大の第7波に入った」という認識を示しました。(参考➡NHK)増加の要因としては、オミクロン株の新系統「BA5」への置き換わりや、ワクチン接種からの時間経過が挙げられています。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

|

« 江田島市から3人目の国会議員 | トップページ | R4年度第6回日本語クラブ »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江田島市から3人目の国会議員 | トップページ | R4年度第6回日本語クラブ »