« R3年度第11回日本語クラブと「縁づくり」 | トップページ | 令和4年度の組織改革など »

2022年3月21日 (月)

企業立地奨励金について

晴れのちくもり

R4budget_kigyouricchi  左は令和4年度一般会計予算事項別明細書から抜粋(➡市HPPDF5.8MB)したものです。企業立地奨励金補助金として7763万5千円が計上されています。

 この補助金の根拠は、産業施設等を新設若しくは増設する企業に対し、奨励金を予算の範囲内で交付する江田島市企業立地奨励条例(➡PDFによるもの。

 優遇措置を講じることで、企業誘致や地元企業が投資しやすい環境を作り、産業の振興と雇用機会の拡大を図り、市経済の発展と市民生活の充実安定を目的としています。

奨励金の種別 奨 励 内 容
企業立地奨励金 新増設した産業施設等に係る固定資産税相当額を5年間,100%助成(限度額なし)
新規雇用奨励金 新増設した産業施設等に勤務する新規の常勤社員(市内居住)を雇用した場合,1人当たり50万円を助成(限度額2,500万円,1回のみ)
※当該産業施設等の操業を開始した日から1年経過後の最初の11日時点で6月以上市内に住所を有する者に限る
施設整備奨励金 新増設した産業施設等に投下した固定資産(土地を除く)の固定資産税評価額の5/100を助成(限度額500万円,1回のみ)
土地取得奨励金 新増設した産業施設等の事業の用に供する購入した土地の固定資産税評価額の5/100を助成(限度額1000万円,1回のみ)
※事業の用に供する土地の面積が1000㎡以上
※取得した日から起算して3年を経過した日までに操業を開始

 江田島市企業立地奨励条例は、合併前の大柿町企業立地奨励条例(平成5年大柿町条例第7号)を新市になって受け継ぎ、改正を繰り返しながら現行条例となっています。(➡参考

 平成28年(2016)2月に条例改正されるまでは3件の利用があり、その後、新たな企業進出や地場企業の施設新増設により件数は上がっているものと思います。(➡平成31/令和1年文書質問書・答弁書

 令和3年度当初予算において企業立地奨励金補助金は1967万円であったものが、令和4年度は7763万5千円と増額となっています。対象企業が何件で、新規雇用がどれだけ増えたか、また、奨励金の種別等、予算審査特別委員会で質疑があったのか知りたいところです。

 今後、新ホテルへの企業立地奨励補助金(➡参考)もありますので、議会はしっかりと確認し、市民からの質問に答える準備が必要です。

企業立地奨励金補助金の推移

平成27年度決算  2,403,059円
平成28年度決算  1,140,513円
平成29年度決算  1,074,344円
平成30年度決算  2,167,073円
令和 1年度決算  2,817,284円
令和 2年度決算 13,979,000円
令和 3年度当初予算 19,670,000円
令和 4年度当初予算 77,635,000円

【追記】新型コロナウイルス

 3月21日、マスコミが報道する広島県内の新規感染者数は447人(前日比213減)。県内3大都市では広島市216人(75減)、福山市は84人(48減)、呉市34人(2減)。

 一方、江田島市は2人(2減、→市HP県公表資料)でした。
 ※3月20日(日)の結果です。

 一日も早い、コロナ収束を願うばかりですが、一人ひとりが、引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒や『3密回避』など、基本的な感染防止対策をすることが大切です。

|

« R3年度第11回日本語クラブと「縁づくり」 | トップページ | 令和4年度の組織改革など »

江田島市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R3年度第11回日本語クラブと「縁づくり」 | トップページ | 令和4年度の組織改革など »