« 瀬戸田シトラスパークにグランピング施設 | トップページ | 過疎地域持続的発展計画(案)の意見書提出 »

2021年11月12日 (金)

第6期議会の人事決まる

晴れ時々くもり

20211110-local-assembly-personnel  11月9日に開催された改選後初の臨時議会(初議会)において正副議長選で議会の代表が決まり、また、常任委員会及び議会運営委員会が構成されました。

 このたびから定数減(18人→16人)により、これまでの3常任委員会(総務、文教厚生、産業建設)が2常任委員会(総務文教、産業厚生)になりました。

 常任委員会と議会運営委員会のメンバーも決まり、いよいよ第6期議会が始動しました。(追記11/15:委員会委員名簿

(参考)
2017年11月 8日 第5期議会スタート~恵み多き宝の島
2020年10月28日 正副議長の任期を考える

 尚、正副議長選の投票結果は以下の通りです。

議長選(敬称略) 副議長選(敬称略)
吉野信康(4期) 12
酒永光志(3期) 2
岡野数正(2期) 1
無効        1

酒永光志(3期) 12
山本一也(6期)  1
浜西金満(6期)  1
上松英邦(3期)  1
岡野数正(2期)  1

 臨時会に上程された令和3年度(2021)一般会計補正予算案について中継を視聴する限り質疑はありませんでした。(追記11/16→録画中継)中国新聞の「市長往来」によると臨時会後、14時05分に全員協議会が開催されていますが、執行部からどのような案件の説明があったのか気になるところ。

 尚、新聞記事の市長の動静によると、議会選出の監査員には浜西金満議員が就任しました。

(追記)
 長坂議員のFacebook情報では、11月中に臨時議会を改めて開催し、人事院勧告に従って、議員、正副市長、職員の期末手当を引き下げる議案が上程される予定です。

※Facebookで初議会の様子をアップしているみなさん。
岡野議員長坂議員筧本議員宮下議員

【参考】
 全員協議会は行政から議会へのある意味、「根回し」的な案件もあります。基本的に会議は公開(傍聴可能)が原則です。それ故、私は市民の皆様に全員協議会で何が説明され、議員がどのような質問をしたのか可能な限りの情報発信をしてきました。

※令和3年(2021)第5期議会の全員協議会
2021年 210R3年第1回全員協議会
2021年 218R3年第2回全員協議会
2021年 311R3年第3回全員協議会
2021年 528R3年第4回全員協議会と議会運営員会
2021年 811R3年第5回全員協議会

 行政は市民代表の議員に説明したら、市民への説明責任を果たしたとも言えます。第6期議会の議員の皆さんには、全員協議会で何を説明されたか、また、議員がどのような質疑をしたか、情報発信をしていただければと思います。

全員協議会
 地方自治法第100条第12項の規定により、会議規則によって定めることにより、「議会の審査又は議会の運営に関し協議又は調整を行うための場」です。

※法第100条第12
 議会は、会議規則の定めるところにより、議案の審査又は議会の運営に関し協議又は調整を行うための場を設けることができる。

 全国町村議会議長会が編纂している「議員必携」には、全員協議会が開催される具体的な例として次の3点を挙げています。

(1)議会独自の協議又は意見調整
 議会自体の行事や運営・活動について協議したり、意見調整をするため。(町村長等は出席を要しない)

(2)本会議の審議に伴う協議又は意見調整
 本会議の審議の過程で、必要に応じて、議会を休憩して話し合いをする場合、議員相互の意見を調整する場合、執行機関と議会側の意見を調整を図る場合、その両方を合わせた場合。

(3)町村長による事前説明および意見の聴取
 町村長の依頼を受けて、議長が招集するものの、目的は、町村長が、議会に提案予定の案件についての事前説明を行う場合もあれば、行財政運営上の重要問題、企業誘致や開発行政に関連した対外折衝関連事項等について意見を求める場合もある。

|

« 瀬戸田シトラスパークにグランピング施設 | トップページ | 過疎地域持続的発展計画(案)の意見書提出 »

江田島市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瀬戸田シトラスパークにグランピング施設 | トップページ | 過疎地域持続的発展計画(案)の意見書提出 »