« 可燃ごみ指定袋の動き@竹原市2021 | トップページ | 文書質問を提出~2021年9月 »

2021年9月23日 (木)

2021年秋分の日に思う

晴れ時々くもり

 2021年(令和3)の秋分の日。「昼と夜の長さが等しくなる日」と言われており、その年によって9月22日であったり、9月23日になることがあります。

2016922summit_etajima  左は2016年(H28)の9月22日の出来事から。Facebookを利用していると、『〇〇年前の今日』にアップした記事を教えてくれます。

 5年前に企画したワークショップですが懐かしく思うとともに、近いうちに『恵み多き、宝の島、えたじま』の未来を市民全体で考える機会があればと願っています。四角囲み記事は、当時のブログを抜粋(要約)。

交流と定住サミット in 江田島市@中町公民館】(→当時のブログ記事

 江田島市内外から約60人の方々がご参加くださいました。

①江田島市に住み続けている人
②Uターン者
③Iターン者
④市外に住んでいる人

のグループでディスカッション。

 それぞれのグループで江田島市について、いろいろな視点(いいとこ・課題・自分の関わり方・参加の理由など)、意見を抽出し、カテゴリーごとにまとめました。

 その後、反時計回りして、他のグループがどんな意見を出したかを確認というワークショップ。Iターン者、Uターン者、地元、外部の方々が、江田島市をどう見ているか、皆さんそれぞれが驚いていました。

 どのグループも活発な意見交換で、約1時間はあっという間に過ぎました。江田島市内外の老若男女が一堂に集まり、「未来の江田島市への挑戦」に向けたアイデアが出てきました。

 この週末、間もなく、9月26日告示の江田島市議会議員一般選挙がスタートします。20年後、30年後の『恵み多き、宝の島、えたじま』をどう描きたいか、市民の皆様に『自分の言葉』で語り掛けることが大切です。

【追記】
 このたび多くの新人(7人の予定)が挑戦されます。支援する方も初めてのことで大変だと思います。選挙に関わる当事者(本人、家族、支援者)ならではの悩みもあるでしょう。また、有権者である市民の皆様も誰に託したいか、決めかねているのではないでしょうか。

 一つ言えることとしては、

 4年間で約2000万円の報酬を投じるだけの『仕事』をしていただける市民代表を選ぶ大切な審判。そして、一般会計ベースで、年間約150億円の『使い道』をしっかりチェックできる人、そんな視点で応援することが大切です。
 『この人だ!』、と思える人を応援できることは素晴らしいことです。挑戦される方々が、多くの市民の皆様に、自分の思いをしっかりお伝えし、共感を得て、新しいステージに立たれることに期待しています。

|

« 可燃ごみ指定袋の動き@竹原市2021 | トップページ | 文書質問を提出~2021年9月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 可燃ごみ指定袋の動き@竹原市2021 | トップページ | 文書質問を提出~2021年9月 »