« R3年度第4回日本語クラブ | トップページ | 議会運営委員会(R3.8.24) »

2021年8月23日 (月)

空家対策等条例(案)のパブリックコメント募集

くもり一時晴れ

 お昼過ぎから久しぶりに夏が戻ってきたような日差しになりました。

 8月11日の全員協議会(→こちら)で説明がなされた空家対策等の強化で説明された空き家対策条例(案)制定の方向性ですが、本日からパブリックコメントを実施することが市HPに掲載されました。(→市HP

 募集期間は、令和3年8月23日(月)~令和3年9月22日(水)まで。

(参考)
条例案の概要
条例案
緊急措置のタイミングについて

 市の方針としては、パブリックコメントで市民の皆さんのご意見を受けて、条例案の最終とりまとめをして、令和3年12月定例会に上程する予定です。

 尚、平成27年度(2015)時点での空家数は1374戸、空家率は13%ですが、今年度に入って実施した調査を取りまとめていますが、上昇しているとの説明がありました。

※以下は市HPからの抜粋

案を作成した背景及び趣旨・目的

 「空家等対策の推進に関する特別措置法」(平成26年法律第127号。以下「特措法」という。)が制定され,市町村の責務として対策の実施と必要な措置を講ずることが位置付けられました。

 本市では,特措法の制定前から空き家バンクの設置や危険家屋除却費補助など空き家対策に取り組んでまいりました。また,特措法の施行後は,空き家相談窓口の開設や「江田島市空家等対策計画」の策定,市独自の空家等対策推進補助制度,空き家活用モデル事業等の取組みを進めて参りました。

 しかし,空き家の相談件数や市の対応が難しい空き家等が増加しており,現状では所有者等の同意なく市が措置を行うことも難しく,対策の強化のため条例の制定が必要と考えております。

 新たな条例は,空家等の適切な管理に必要な事項を定め,対策の推進により,江田島に住み続けたいと思える良好な住環境の維持等に寄与することを目的として制定を検討しています。

 つきましては,江田島市空家等対策条例(案)を公表し,市民の皆さんのご意見を募集します。提出いただいたご意見を参考に,「江田島市空家等対策条例」を令和3年12月中に取りまとめる予定です。

案の概要

 本条例においては,空家等を良好な住環境を形成する地域の有用な資源と位置付けたうえで,空家等の所有者等・市民・市の役割を明確化するとともに,相互に連携して適切な管理や利活用の促進等に取り組むことを規定します。

 また,緊急時における市による空き家等に対する措置についても規定します。

(追記)
2021823civud19_hiroshima  8月23日、広島県の1日当たりの新規感染者数は294人でした。江田島市では6人(10代2人、20代2人、30代1人、80代1人)が確認されました。(→県HP)一人一人ができる感染症対策を実践することが大切です。

|

« R3年度第4回日本語クラブ | トップページ | 議会運営委員会(R3.8.24) »

江田島市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R3年度第4回日本語クラブ | トップページ | 議会運営委員会(R3.8.24) »