« 県工業用水事業、赤字試算と水道広域連携 | トップページ | 議会広報特委(R2.12.16) »

2020年12月15日 (火)

R2年12月定例会(1日目)

晴れ時々くもり

 今週に入って寒さが厳しくなってきました。今日から12月定例会が開会しました。(傍聴者:マスコミ1、市民2)
 このたびは市長選後初めて開催される定例会であり、明岳市長の2期目に向けた所信表明がありました。その後、選挙1件、同意1件、諮問3件、議案11件が上程されました。
 選挙管理委員及び補充員の選挙については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により決定しました。公平委員会の委員は賛成多数で同意され、また、人権擁護委員の推薦、議案11件について賛成多数で可決され初日の審議はすべて終了しました。
 なお、定例会2日目は12月23日(水)10時から開会です。

【初日の議事日程】

*諸般の報告、会議録署名議員の指名、会期日程決定のあと市長所信表明(→PDF)がありました。

番 号 案 件 名
選挙第 2号 選挙管理委員及び補充員の選挙について
同意第13号 公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて
諮問第 6号 人権擁護委員候補者の推薦について
諮問第 7号 人権擁護委員候補者の推薦について
同意第 8号 人権擁護委員候補者の推薦について
議案第90号 江田島市分担金等の督促及び遅延金徴収条例等の一部を改正する条例案について
議案第91号 江田島市認定こども園条例の一部を改正する条例案について
議案第92号 江田島市公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案について
議案第93号 江田島市火災予防条例の一部を改正する条例案について
議案第94号 令和2年度江田島市一般会計補正予算案(第6号)
議案第100号 令和2年度江田島市一般会計補正予算案(第7号)
議案第95号 令和2年度江田島市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
議案第96号 令和2年度江田島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
議案第97号 令和2年度江田島市介護保険(保険事業勘定)特別会計補正予算案(第4号)
議案第98号 令和2年度江田島市水道事業会計補正予算(第3号)
議案第99号 令和2年度江田島市下水道事業会計補正予算(第3号)

【主な議案の内容等】

■選挙第2
 選挙または(議長)指名推薦を諮ったところ、指名推薦に決しました。4名の選挙管理委員及び4名の補充員が指名推薦されました。委員及び補充員とも4町で各1名の構成。(本来は議会の議員が選挙で委員を選びますが、実務的には、議長推薦で決まることが多い。)

市区町村の選挙管理委員会

【主な職務】
 市区町村の議会の議員および長の選挙に関する事務を管理し、すべての選挙について投開票を行い、選挙人名簿の作成・管理を担当する。指定都市の区の選挙管理委員会は、市区町村選挙管理委員会の職務の多くの部分を担当する。

【組織】
 委員数は4人、任期は4年。委員は、選挙権を持っている人で、人格が高潔、政治および選挙に公正な識見を持つ人のうちから、議会の議員による選挙で選ばれる。委員長は、委員の中から互選される。

■議案第90
 地方税法の一部改正に伴い、関係条例において、所定の規定の整理を行う。

■議案第91
 切串保育園及び三高保育園を認定こども園とするため、所定の規定の整備を行う。

 2020年12 9令和3年度に切串・三高保育園が認定こども園へ

■議案第92
 平成30年7月豪雨災害により被災した三高上水場における前処理施設の設置に伴い、水道法に基づく事業計画の変更を行う必要が生じたため、所定の規定の整備を行う。
 人口はすでに3万人を切って久しいが、企業局の説明では、水道法によると「給水量の増」となると届け出が必要ということでこの度の改正になりました。(参考:令和元年9月 水道事業等の認可等の手引き

  改正前 改正後
給水人口 41,630人 22,205人
1日最大給水量 17,500㎥ 10,066㎥
1日一人当たり最大給水量 420.36リットル 453.32リットル

■議案第93
 省令の一部改正による改正。
・電気自動車などを充電するための急速充電設備の全出力の上限が50kwから200kwまで拡大され、これに関係する基準の細目が改正されたため。
・急速充電設備(50kw以下のものを除く)について、消防長または消防署への設置の届け出を要する規定を追加。

■第94
 歳入歳出それぞれ1809000円を増額し、総額19292161千円。

【歳入】
 国庫支出金、繰入金の減額、県支出金、財産収入(切串中学校跡地他)、寄付金、繰越金、諸収入、市債の増額を計上。

【歳出】
 公共施設整備(大柿市民センター等)や売却(旧切串中学校跡地他)に伴う関連経費、農業施設災害復旧費、道路のり面改修工事、令和元年度事業の清算に伴う返還金の増額などを計上。

■第100
 菅内閣総理大臣が124日(金)の記者会見において、ひとり親家庭の支援として「予備費の使用を決定し、所得が低い世帯は1世帯5万円、更に2人目以降の子どもについては3万円ずつの支給を年内目途に行う」ことを表明し、1211日(金)に閣議決定されたことを受けて、追加補正予算案として上程されました。事務費も含めて予算額15436千円を増額補正し、一般会計予算総額は193億759万7千円。

【支給内容】

(1)ひとり親世帯臨時特別給付金(基本給付の再支給)【国費分】
○対象者:既にひとり親世帯臨時交付金特別給付金を受給している方等
    (令和26月分児童扶養手当受給者等)
○金 額:1世帯5万円、第2子以降3万円
○対象予定者数:180世帯、第2子以降113

(2)ひとり親世帯臨時特別支援金【市費分】
○対象者:令和27月以降の新規児童扶養手当受給者等で、(1)の対象とならない方(市内居住に限る。)
○金 額:1世帯5万円、第2子以降3万円
○対象予定者:10世帯、第2子以降10

|

« 県工業用水事業、赤字試算と水道広域連携 | トップページ | 議会広報特委(R2.12.16) »

江田島市議会」カテゴリの記事

上下水道事業」カテゴリの記事

コメント

市民は人口減が止まらないと知ってます。島の魅力化に税金を捨てず無駄遣いを減らす事が余程大事だと何故誰も意見しないのですか。出て行く金が入る金より多過ぎる。財政破綻は目前です。

投稿: 江田島太郎 | 2020年12月15日 (火) 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 県工業用水事業、赤字試算と水道広域連携 | トップページ | 議会広報特委(R2.12.16) »