« 『広報えたじま』の多言語化 | トップページ | 過疎法と過疎債 »

2020年6月 2日 (火)

官民挙げて江田島市内の飲食店を応援

晴れ

 官民あげて江田島市内の飲食店を応援する機運が高まっています。
 5月27日にブログで取り上げた民間有志で結成した『花の種実行委員会』。(→R2.5.27
 市内の飲食店を支援しようと前払い券(額面1100円の飲食券)を1万枚印刷し、利用を希望するお店が飲食券をお客に750円で販売し、実行委員会(250円)とお店(100円)がそれぞれ特典分(350円)を負担するものです。
200529mirai_eat_project 一方、先日の第6回全員協議会で、市が『江田島市プレミアム付きお食事券事業(エタジマ ミライート PROJECT)』(市が負担する予算額2400万円)を実施するというもの。
 商工会が実施主体となりますが、議員の質問に対して担当課長からは未加盟のお店でもOKという回答がありました。
 民間と行政の市内飲食店への応援趣旨は同様であり、市民の皆様が応援したいという『お店』で購入し、その『お店』でのみ利用できるという仕組みも同じ(購入したお店でのみ利用可能であり、いろいろなお店では利用できませんであるため、『競合関係』になるのではないか、というご意見もあります。
 官民で市内飲食店の応援プレミアム(特典)の裾野が広がることは良いことだと思います。『民』が先行し、『官』が後追いする形となりましたが、多くの市内外の皆様が、江田島市内の飲食店を応援いただけることを祈っています。(執行部の説明では、市が本事業をすることを民間団体に伝え、了解していただいているとのこと。)

広島県内6/2 累計感染者数は前日+0の167人
※再陽性(3人)を除く実数164人

※回復者数(累計)158人
※死亡 3人

|

« 『広報えたじま』の多言語化 | トップページ | 過疎法と過疎債 »

江田島市」カテゴリの記事

新型コロナウィルス感染症関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『広報えたじま』の多言語化 | トップページ | 過疎法と過疎債 »