« R2年5月文教厚生常任委員会 | トップページ | R2年第6回全員協議会(その2)~議員報酬減額へ »

2020年5月29日 (金)

R2年第6回全員協議会(その1)~新型コロナウィルス 市独自支援策

晴れ 

 午後から第6回全員協議会が開催され、新型コロナウィルス感染症対応や6月定例会に上程する補正予算の骨子および議案等について執行部から報告・説明がありました。

(1)新型コロナウィルス感染症への対応について(その2)

 4月28日に開催された第5回全員協議会(→こちら)後の執行部からの正式な説明です。

 5月8日に専決処分した一般会計24億円についての執行状況では、関心事の高いものとして、市民対象に一律10万円支給する特別給付金事業があります。5月28日現在、受付9,557世帯に対し、振込8,108世帯(約1万5,000人、約15億円)。全12,285世帯のうち65.9%が完了しています。(人口においても約65%)

 一般会計の6月補正(案)の骨子も示され、市独自策として子育て世帯支援臨時特別給付金(2200万円)があり、高校2年生、3年生を加えて世帯主に子ども一人当たり1万円を支給することが盛り込まれています。

 国の子育て世帯への臨時給付金(一人当たり1万円、高校2・3年生は対象外)に上乗せすることになります。その他の独自策も含めた予算については6月定例会時にご案内します。

※補正予算案では、特別職(市長、副市長、教育長)の7月給与削減案も盛り込まれています。削減率は市長50%、副市長及び教育長が30%。新型コロナウィルス感染症対策に伴い削減する説明がありました。(削減総額80万6000円)議会の対応は別に記します。

(2)第4次行財政改革実施計画等の策定について

 令和2年に策定した第4次行財政改革大綱に基づき令和2年11月に実施計画を策定することの説明。今年度から広島市から行財政改革担当の職員が派遣されています。

 説明資料によると、これまで発行した合併特例債は75億4000万円のうち、7割の52億7800万円は国の交付税措置があるので、江田島市の実質負担額は22億6200万円。

(3)中町/宇品航路の利用料金の改定について

 すでに議会への説明もありましたが、10月1日からの指定管理において5年間の赤字額が2億2800万円と見込まれるため、6月定例会で10月以降の回数券及び定期券の値上げについて条例改正案が提出されます。(参考→R1.12.19中町/宇品航路の指定管理者募集について

 また、コスト削減のため、指定管理者においては、サービス基準である『平日23往復・日祝日18往復以上を確保』に沿って、平日3便の減便も検討している。

(4)国民健康保険税条例の減額規定の改正漏れ

 平成30年度の国保税の税率改正時から、税率改正に伴い、低所得者世帯に対する減額すべき額の規定を併せて改正しなければならないところ、平成30年度分及び令和元年度分について改正せずに減額した。

 実際には本来あるべき額を徴収しており、過徴収などの問題はありませんが、6月定例会で改正条例案を提出し、遡って条例自体を適法(地方税法)とする。

(5)三高港旅客ターミナル及び三高交流プラザ(みたかゲートハウス)

 広島県と合同で整備している旅客ターミナル(県、約2億6000万円)と交流プラザ(市、約2億4000万円)は7月末に完成するとの報告がありました。

 旅客ターミナルは8月8日(土)午前6時8分の始発から、交流プラザは8月11日(火)午前8時30分からの利用開始です。

(6)中町雨水排水センターの建設工事について

 平成7年度供用開始の排水センターですが、下水道ストックマネジメント計画に基づいてポンプ設備更新(No.2主ポンプ)等をするにあたって、日本下水道事業団(日本下水道事業団法に基づく法人)と協定を結ぶため、議会の議決を得る議案が6月定例会に上程されます。約2年の期間で協定金額は3億6000万円。

広島県内5/29 累計感染者数は前日+0の167人
※再陽性(3人)を除く実数164人

※回復者数(累計)151人
※死亡 3人

(追記)
 5月30日の中国新聞記事。200530etajima

|

« R2年5月文教厚生常任委員会 | トップページ | R2年第6回全員協議会(その2)~議員報酬減額へ »

江田島市議会」カテゴリの記事

交通問題(船・バスなど)」カテゴリの記事

新型コロナウィルス感染症関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R2年5月文教厚生常任委員会 | トップページ | R2年第6回全員協議会(その2)~議員報酬減額へ »