« R1年度第2回行財政改革審議会 | トップページ | 新型コロナウィルス対策、長期化 »

2020年3月28日 (土)

信号機の撤去について

くもりのち雨

200322_signal  3月22日の中国新聞に広島市佐伯区の信号機撤去計画についての記事が掲載されていました。多くの信号機があることにより交通渋滞の原因とする住民の声が発端となり、また、警察庁の指針(→こちら)とも適合していることで、地元警察署が信号機の撤去を計画。このことについて近隣スーパーや高齢者から反対の声が続出し、200人以上の署名が提出されたという。

 信号機撤去等に関しては昨年から江田島市内でも3箇所が対象となっています。昨年12月定例会で酒永議員が「信号機撤去に関する市の考え(三高交差点・大古交差点)」について一般質問されました。(→録画配信

Koho202001_p14_p15  広報えたじま1月号(江田島警察署通信第41号)で三高交差点と大古交差点の2つの信号機廃止検討について住民説明会を開催する案内が出ました。住民説明会がどうであったのか詳細は把握しておりませんが、現時点でもこれまでどおりとなっています。

 一方、飛渡瀬交差点は住民への説明もなく2月上旬に点滅信号となり、地域住民から高齢者等の横断に不安があるとの声が市役所にも届いており、市から警察署にも問い合わせをしております。

 この信号機は歩行者信号のボタンもなく、交通量が多い時間帯では横断するには不安を覚えることもあるでしょう。信号撤去や変更等については地域の実情や市民の声を十分聴いていただける仕組みが大切です。

【参考】
江田島警察署HP
警察署協議会とは
江田島署協議会の開催状況
江田島署協議会委員
R1年度第3回江田島署協議会

|

« R1年度第2回行財政改革審議会 | トップページ | 新型コロナウィルス対策、長期化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R1年度第2回行財政改革審議会 | トップページ | 新型コロナウィルス対策、長期化 »