« 2020年の展望~公共交通~ | トップページ | 2020年の抱負 »

2020年1月 3日 (金)

2020年の展望~自治会~

くもり時々晴れ

 人口減少社会に突入して久しい江田島市です。(参考→2019年 江田島市の人口 その1)『持続可能な江田島市』であるために、根本的なことですが、『地域の支え合い』がとても重要な要素です。

 昨年末の江田島市HPで『自治会への加入について(お願い)』が掲載されました。現在、江田島市には31自治会があります。

 少子高齢化及び人口減少が進む中、『地域の担い手不足』が最大の悩みでもあります。平成21年度(2009)から小規模地域では自治会、女性会、老人クラブ、民生委員・児童相談員、PTA等が『地域づくりの担い手』としての共同体『まちづくり協議会』(以下、まち協)が各地で設立されています。(参考→2017年8月 8日 地域のあり方を考える

 市民の皆様からは『自治会』と『まち協』の違いが判らない、という声もあります。『自治会』は『地域』と『行政』をつなぐ『地域の住民自治組織』です。地域のすべての世帯を構成員の対象とした自治会が取りまとめた地域要望は行政にとっても重みがあります

 一方で、『まち協』は地域住民全体が構成員と想定する『自治会』と女性会・老人クラブ・PTA・民生委員児童委員等の地域団体の集合体であり、地域全体の様々な世代層や目的で集う団体等を網羅したきめ細かい組織ともいえます。

 このたびの市HPにおける『自治会への加入について(お願い)』は地域づくりの中核となる組織へ『若い世代』の積極的な参加をお願いするものです。日々の生活の中で疑問・ご意見・要望などは自治会を通して行政に積極的に相談・提言することにより、実現することができます。もちろん、自治会の陳情・要望等に議決機関の構成員である議員が紹介者として複数いるとスムーズに作用することもあります。

自治会の活動
①ささえ合いの活動
 子どもから高齢者まで, 地域のみんなで見守り, お互いに支え合う地域活動を行っています。
②広報紙などの配布
 市が発行する広報紙やお知らせなどを配布します。また, 地域で行われる行事など身近な情報をお知らせしています。
③親睦行事の実施
 地域住民との交流や親睦を深めるため, 運動会や敬老会を開催したり, 地域の伝統行事を次世代に伝えていくため, とんどや盆踊りを開催しています。
④防災・防犯
 地域の安心・安全を守るため, 防災訓練の実施や啓発活動を行っています。
⑤環境美化
 きれいな地域を維持するため, ごみステーションの維持・管理や道路, 公園の清掃・草刈りを行っています。

|

« 2020年の展望~公共交通~ | トップページ | 2020年の抱負 »

地方自治」カテゴリの記事

江田島市」カテゴリの記事

コメント

昨年4月より柿浦地区の自治会の評議員なる任務を担当させていただいています。
自治会は住民の意見・要望を市に提言できるような組織と書かれていますけど、実際に自治会に参加させてもらったところ、そんなことは出来そうにありません。
住民の意見等を吸い上げるような仕組みがありません。
自治会は市の広報等を配る役と、募金等を集金するだけの機能しかないと思います。
相談出来る部署も分からないし、自治会にがっかりしています。

投稿: 丸田 悦子 | 2020年1月12日 (日) 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年の展望~公共交通~ | トップページ | 2020年の抱負 »