« 自家製オリーブ新漬け2019 | トップページ | 2019年度第13回えたじま日本語クラブ »

2019年11月 3日 (日)

第9回えたじまオリーブ・ミュージアム祭典inおきみ

くもり
20191103_093517191103oogakichu  午前中は大柿中学校の文化祭を訪問し、母校の後輩達の発表会を見学させていただきました。1年生の発表では、タイムマシーンを使って、源平合戦へワープ。安徳天皇との遭遇や大君地区のみなさんが、当時のごちそうを献上し、これが郷土料理の『ごも(もぶり飯)』になった由来、そして現代に戻って江田島市の自然豊かな海こそ、江田島市が誇れる地域資源という発表は、中学生の視点で描かれており、とても参考になりました。会場の後方には、生徒のいろんな作品が展示されていましたが、綱引きをしているフィギュアがとてもリアル感があって良かったです。
191103olive その後、鹿田公園で開催された第9回えたじまオリーブ・ミュージアム祭典inおきみに行ってきました。市内外から多くの来場者が楽しんでいました。地域の会社で働いているベトナム人市民もオリーブ冠づくりに挑戦し、仕事以外で地域の行事に参加していただいていることに感謝。
  沖美ベジタ有限会社が新たにオリーブ・オイルを市販を始たり、NPO法人沖美町地域再生会議が製造するオリーブ新漬は数百種類あるといわれる品種のあるオリーブのうち『ミッション種』を活用。(株)フーズパートナー(沖美町畑)が無農薬で栽培したオリーブの葉を新鮮なうちに焙煎した「手もみ茶」、江田島産『プレミアムオリーブ茶』もお披露目されてした。少しずつですが江田島特産品が増えてきています。

|

« 自家製オリーブ新漬け2019 | トップページ | 2019年度第13回えたじま日本語クラブ »

オリーブ・レモン(柑橘)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自家製オリーブ新漬け2019 | トップページ | 2019年度第13回えたじま日本語クラブ »