« 広報大使にSTU48 矢野さん就任 | トップページ | 広報特別委員会(R1.10.2) »

2019年10月 2日 (水)

呉市の新たな生活バス路線

くもり時々雨
191001kure_bus 昨日の中国新聞から。隣の呉市域のバス路線に関する記事。広島電鉄が運行する路線バスのうち、周辺エリアと結ぶ5路線7区間について広電が撤退し、呉市が契約する事業者の生活バスに切り替わるというもの。
 民間会社は収益が見込めない場合は路線廃止をするしかなく、そのあとを行政が支援し、交通空白地帯を解消するために税金が投入されます。これは最低限の生活環境基準としての『シビルミニマム』(→2013.12.2)という考えに基づくものと思います。
 呉市は今後、生活バス区間で、利用者に利便性の高い運行の在り方を検討することとしています。江田島市においても交通空白地帯解消のため、『予約型乗合タクシー オレンジ号』(→こちら)を運行しています。呉市での動きについても参考として注視していく必要があります。

(参考)
呉市営バスの民間移譲 2010.10.20
呉市営バスの民営化で気になること 2010.11.04
呉市営バスに2社応募 2010.11.07
周辺自治体との連携を 2015.11.20
●呉市交通局のバス路線について(広島電鉄への路線移譲→PDF

|

« 広報大使にSTU48 矢野さん就任 | トップページ | 広報特別委員会(R1.10.2) »

交通問題(船・バスなど)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広報大使にSTU48 矢野さん就任 | トップページ | 広報特別委員会(R1.10.2) »