« 汚染土処理訴訟、広島地裁は訴えを却下 | トップページ | 職員の令和2年度春採用に社会人枠 »

2019年7月 3日 (水)

議長の任期

 今年10月には正副議長選挙が行われる予定です。江田島市議会では第4期(任期:平成25年11月1日~平成29年10月31日)に当時の議長が亡くなられたあと、本来は議長の任期は議員の任期(4年)ですが、申し合わせ事項として、議長の任期2年、副議長の任期1年とし、再任は妨げないこととしました。
 尚、第3期議会(任期:平成21年11月1日~平成25年10月31日)において平成23年6月に設置された議会改革特別委員会においては、地方自治法第103条第2項の規定により、議長及び副議長の任期は、議員の任期とするとの結論でした。(参考→議会改革特別委員会最終報告(案)
 参考までに、全国の市では平成29年調査によると、申し合わせ事項もしくは慣例による議長の任期は、4年が2.2%、2年が67%、1年が30.8%ということのようです。(→H29全国市議会議長会資料

地方自治法第103条
1項 普通地方公共団体の議会は、議員の中から議長及び副議長一人を選挙しなければならない。
2項 議長及び副議長の任期は、議員の任期による。

|

« 汚染土処理訴訟、広島地裁は訴えを却下 | トップページ | 職員の令和2年度春採用に社会人枠 »

江田島市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 汚染土処理訴訟、広島地裁は訴えを却下 | トップページ | 職員の令和2年度春採用に社会人枠 »