« 2019年度第2回日本語クラブ | トップページ | 新ホテル等整備、事業者と協定 »

2019年4月22日 (月)

広島県下、最年少首長誕生!

19421miyosshi_mayor 昨日投開票の三次市長選。43歳の福岡誠志(ふくおか・さとし)さんが現職を破り、当選しました。福岡さんとは14年来の同志であり、互いに地方自治や地方議会の在り方について語り合った仲間です。NPO法人ひろしま創発塾で『摸擬議会』等も一緒に創ってきました。4月19日(金)は市長選の応援弁士として三次市に行ってきました。
(私の選挙にも応援弁士として来て頂いています。H25年市議選H28年市長選
 10歳をトップに3児の父である子育て世代、働き世代。そして何よりも幅広い世代の皆さまの『声』を真摯に受け止める謙虚さも持ち合わせます。
 かつて、広陵高校野球部のキャプテン(ポジションは捕手)として、春の選抜甲子園に出場した経験もあり、リーダーシップ抜群です。市議17年、副議長や予算決算常任委員長等の議会においても要職を務められており、全国若手市議会議員の会・副会長も経験し、これからの新しい三次市の歴史を創っていける方です。
 県北と芸南。山と海、それぞれ異なる地域資源を持ち合わせる三次市と江田島市。だからこそ、これから地域間交流することも大切です。今後、2つの市が交流していけたらと思います。

|

« 2019年度第2回日本語クラブ | トップページ | 新ホテル等整備、事業者と協定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年度第2回日本語クラブ | トップページ | 新ホテル等整備、事業者と協定 »