« 広報特別委員会(H30.12.26) | トップページ | 平成30年の振り返り(その2) »

2018年12月27日 (木)

平成30年の振り返り(その1)

晴れ

 平成26226日に決定した広島県教育委員会の小規模高校に対する方針(→H26.3.8)により、平成26年度から3ヵ年度、地域活性化協議会で対応を検討してきましたが、平成29年度及び平成30年度と全校生徒80人以上に届かないなかで、大柿高校の存続が危ぶまれていました。(→H30.5.11

H3074kyougikai 市及び市教委の更なる支援、そして市議会も存続を要望する意見書(→PDF)を提出しました。その後、8月に来年度も生徒募集をすることが決定しました。(→H30.8.16

 しかし、来年度以降の状況によっては廃校になることもありえます。学校、地域、行政、市教委が一丸となって大柿高校の活性化を支援していくことが大切です。

 10月には江田島市・江田島市社会福祉協議会・県立大柿高校・広島国際大学の4者が介護人材育成に向けた包括協定を結び、大柿高校の魅力化への取り組みも前進しています。(→H30.10.3)また、魅力化コーディネーターも就任しました。(→H30.10.6

Koho201901_p01_p28_2 来年127日には柿高フェスタも予定されており、江田島市唯一の高校を盛り上げ、そして守っていきましょう。

|

« 広報特別委員会(H30.12.26) | トップページ | 平成30年の振り返り(その2) »

江田島市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年の振り返り(その1):

« 広報特別委員会(H30.12.26) | トップページ | 平成30年の振り返り(その2) »