« H30年12月定例会(最終日)とタブレット研修 | トップページ | 国民審査投票用紙の誤廃棄 »

2018年12月19日 (水)

愚直たれ

晴れ

H301218_general_ike

 今日の中国新聞から。海上自衛隊呉地方総監、池太郎海将の離任式の記事。かつて幹部候補生学校長(
2012.7.26~2014.12.14)として江田島市を盛り上げていただきました。
 休みの日には、ゆめタウンで買い物をされているときにお会いしてご挨拶させていただいたことも度々。(もちろん私服で)本当に気さくな方で、『サマーフェスタ江田島』では学生と一緒にダンスを楽しく踊っていたことを思い出します。(→H26.8.3

離任式に関するTVニュース(※視聴期間に限りがあります。)

※NHKニュースからの出典(引用)
 西日本豪雨での救助活動を指揮し、独自のご当地料理の開発などにも取り組んだ海上自衛隊呉地方総監部の池太郎総監が退職することになり、18日に離任行事が行われました。
 海上自衛隊呉地方総監部で行われた離任行事には、隊員や市民などおよそ350人が参加しました。
 この中で池太郎総監は、隊員を前に「『愚直たれ』という方針で指導してきたが、7月の豪雨の救助活動で愚直さという価値観が身についたことが裏付けられたと思う。これからも地域から慕われる自衛隊であってほしい」とあいさつしました。
 池総監は、海上自衛隊のパイロットとして任務にあたったあと、おととし7月に呉地方総監部の総監として着任し、ことし7月の西日本豪雨では、被災地での救助活動や入浴支援などの指揮にあたりました。
 一方、地域への貢献として、自身の指導方針から名付けた独自の調味料「愚直たれ」や、ご当地料理「がんすバーガー」を開発するなどユニークな取り組みも進めました。
行事のあと、池総監は船に乗り込んで総監部を離れ、岸壁や護衛艦の上で敬礼する隊員たちに帽子を振ってこたえていました。
 池総監は今月20日付けで退職し、新しい総監は翌日の21日に着任します。 

|

« H30年12月定例会(最終日)とタブレット研修 | トップページ | 国民審査投票用紙の誤廃棄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愚直たれ:

« H30年12月定例会(最終日)とタブレット研修 | トップページ | 国民審査投票用紙の誤廃棄 »