« 民間の江田島情報発信基地~ENGAWA~ | トップページ | 休暇村サービスの指定管理撤退問題(1) »

2018年8月31日 (金)

伝統、そしてこれから 2018

晴れのちくもり一時雨
  今日の中国新聞から。8月29日に続いて”ぶらりまちある記”(→H30.8.29)で江田島市大柿町が特集され、さらに2件の記事が掲載されました。江田島支局さんによると、このたびは大柿町が取材対象地域だそうです。

【伝統の味を進化~160年を超える醤油メーカー】

H30831hamaguchi_shoyu_2

 中学校同期の浜口君。いろんなアイデアで江田島市を盛上げています。
 先日お邪魔したときには特製TシャツはSサイズ以外は全て売り切れでした。9月中旬には追加販売が決まっているとのこと。次はカラフルなエコバックを販売&拡販グッズとしてご用意しているそうです。(→参考
6次産業化~ジビエ】

H31831inoshishi 2年前、奧さんの故郷である大柿町深江に移住してこられた吉岡孝浩さん。(夫婦でI&Uターン)私(1970年生まれ)が子どもの頃には存在しなかったイノシシ。橋を渡ったのか、海を渡ってきたのか。

 平成12年頃から大柿町でイノシシを見かけるようになり、繁殖して数が増加し、農作物被害が多発し始めました。近年は年間8001000頭ほど捕獲されています。(参考→H24.12.11)捕獲されたイノシシですが、個人消費若しくは大半が地中に埋められています。
 吉岡さんが目指すのは、江田島版ジビエ(地域資源)として活かそうとする試みです。新たな6次産業化の取り組みとして応援したい。お裾分けしていただいたことありますが、彼の捌いたイノシシ肉は最高に旨い。
 恵み多き、宝の島、えたじま。自然の恵みが循環する江田島ならではのネットワークに期待しています。

|

« 民間の江田島情報発信基地~ENGAWA~ | トップページ | 休暇村サービスの指定管理撤退問題(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統、そしてこれから 2018:

« 民間の江田島情報発信基地~ENGAWA~ | トップページ | 休暇村サービスの指定管理撤退問題(1) »