« 灘尾弘吉先生顕彰像建立記念タイムカプセル | トップページ | 合併特例債、再延長 »

2018年4月23日 (月)

議会運営委員会(H30.4.23)

晴れのちくもり一時雨

 午前中は議会運営委員会に出席しました。本日の協議内容は以下のとおり。


(1)議席の一部変更について

 総務部長から、平成30年度の組織改変に伴い、本会議に出席する執行部説明委任者(補助員)の変更を行なうことの説明があり、議運で了承されました。変更内容としては次のとおり。

①会計管理者(課長級)は基本的に本会議に出席しない。

(これまでは部長級であったため出席していた。)

②必要がある場合は、議長に許可を得て出席。


 総務部長退席後、以下のことについて協議・確認されました。


(2)竹原市議会視察について

 昨年11月1日からの任期である江田島市議会は「委員会付託」を導入することを検討しています。正副議長及び議運委が、直近の改選後に「委員会付託」を導入した竹原市議会を訪問し、導入についての経緯や議会運営等を含めた話を伺いに行く予定です。(視察予定日:521日)


(3)議会報告会について

 7
月開催予定の報告会において、議運は6月定例会について報告することになりますが、定例会の議事運営を諮る議運において取り上げる議案等を確認し、報告者が案作成することを確認しました。

(4)平成30年度各委員会活動計画について

 議運の活動計画案について協議し、確認されました。常任委・特別委の活動計画が参考資料として配布されました。


(5)自治会長の兼任について

H258gikaikaikaku 議員の自治会長(市補助金を受ける団体の長)兼任について。今年度の役員改選で新たに自治会長に就任する議員が2名います。
 
平成258月の議会改革特別委員会最終報告では、左写真のとおり報告していますが、(就任しないことに関する)明確な条例等の規定はなく、また、議会の申し合わせ事項もありません。これまで個人的に自粛する議員もいましたが、すでに自治会長を兼任する議員が2名おり、就任自粛を要請することは整合性が取れず、個人の判断に任すしかありません。(議会基本条例の遵守)今後、自治会だけでなく、市から補助金を受けているその他の団体も含めて団体の長(役員含む)の就任の是非について、(政治倫理条例の見直しも含め)継続して審議することになります。

※補助金団体の役員等に関する他自治体の政治倫理条例に関する調べ→こちら 
 奈良市に関する記事(ただし、現行の政治倫理条例は兼務に制約なし)参考

(6)その他
・タブレット端末通信費を政務活動費で支出することについて

・文教厚生常任委の視察について

6月定例会の予定
(6/5議運、6/12~定例会)

|

« 灘尾弘吉先生顕彰像建立記念タイムカプセル | トップページ | 合併特例債、再延長 »

江田島市議会」カテゴリの記事

議会改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議会運営委員会(H30.4.23):

« 灘尾弘吉先生顕彰像建立記念タイムカプセル | トップページ | 合併特例債、再延長 »