« 第13回江田島市基地懇談会 | トップページ | 小学6年生の議会訪問と三高中・吹奏楽部 »

2018年1月26日 (金)

GL校、叡智学園建設費68億円

くもり時々晴れ

30124gl_school

 一昨日の中国新聞から。広島県教委が大崎上島町に2019年4月開校予定の中高一貫校、県立広島叡智学園(→H29.6.21)の建設費用が総額68億円に上ることになったという記事。過去に江田島市へ誘致してはどうかと一般質問したことがあります。(→H28.2.13創新Vol.27
 建設費ですが、2004年開校の県立広島中・高(東広島市)に比べ、1㎡当たりの建設コスト2.24倍。関係者によると物価上昇や離島での建設に伴うコスト増等が要因のようです。

※県立叡智学園の概要

  • 開 校 時 期  : 平成31年4月1日
  • 設 置 形 態  : 併設型中高一貫教育校
  • 課程 ・ 学科 : 全日制課程普通科
  • 学 校 規 模  : 中学校:1学年40人,高等学校:1学年60人(うち外国人留学生20人)をベースとして検討中です。
  • 通 学 区 域  : 全県一円
  • 寄   宿   舎  : 設置(全寮制)
  • 卒 業 資 格  : 日本の高等学校の卒業資格及び国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)<導入に向けて検討>
  • 設 置 場 所 : 豊田郡大崎上島町大串

H30125hamada

 昨日の中国新聞では、島根県・浜田漁港に新設計画している高度衛生管理型の荷捌き所について建設工事の見積りが基本設計時より10億5千万円増額になったことにより実施設計を再発注する方針を市議会総務文教調査会で説明したという記事がありました。
 仕様変更などもあるようですが、資材や人件費高騰などの影響を考えてもあまりに違いすぎていることによるとのこと。
 来年度、江田島市では消防庁舎整備において本部庁舎、鹿川出張所の建替え工事を進めるます。資材・人件費高騰などが度の程度、影響してくるのか気になるところです。本部庁舎の整備費に関しては、土木工事内容の変更で当初より減額見込みになりましたが、2月定例会の予算審査特別委員会で確認できればと思っています。

(参考) 新消防庁舎整備の整備費関連(→H29.11.16全員協議会

H291116fire_station_doboku_2

 江田島ボウル跡地に消防本部庁舎を建設する予定であったが、H29年11月の全協で土木工事について変更があることの説明。(→土木事業費PDF)改選まえの議会・庁舎建設等検討特別委員会等で当初45千万円と説明されたが工事内容変更により5千万円になった。(参考→H29.7.23

|

« 第13回江田島市基地懇談会 | トップページ | 小学6年生の議会訪問と三高中・吹奏楽部 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GL校、叡智学園建設費68億円:

« 第13回江田島市基地懇談会 | トップページ | 小学6年生の議会訪問と三高中・吹奏楽部 »