« 農地利用最適化推進委員、追加募集 2017 | トップページ | 呉市長選、告示まで2ヵ月 »

2017年9月 5日 (火)

広島県、水道事業統合提案へ

くもり時々雨

H2995_suido1

H2995_suido2

 今日の中国新聞から。これまで県が検討していた水道事業の広域連携(→H28.10.19)が大きく前進しそうです。
 記事にもあるとおり、江田島市は広島県内で一番高い水道料金であり、一番安い大竹市の約3.3倍。
 全国的に少子高齢化の波が押し寄せるなか、福祉・交通など多方面にわたってナショナル・ミニマム(憲法が保障する生存権)の議論が沸き起こっています。
 こうした世相を反映して国民健康保険の広域化(→H29.8.28)に続く動きになっています。もちろん、県単独の水道事業の見通しも含めての動きです。(→H27.11.12県営水道36年度に赤字

※憲法第25条(生存権)

第25条
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

|

« 農地利用最適化推進委員、追加募集 2017 | トップページ | 呉市長選、告示まで2ヵ月 »

上下水道事業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島県、水道事業統合提案へ:

« 農地利用最適化推進委員、追加募集 2017 | トップページ | 呉市長選、告示まで2ヵ月 »