« 1期目議員の県議会改革提言 | トップページ | 県、カワウの管理計画を策定 »

2017年4月 5日 (水)

廿日市の芋焼酎

くもり時々晴れ

H2945imoshiochu  今日の中国新聞から。大野産サツマイモ、吉和の伏流水、製造メーカー(中国醸造)とオール廿日市市の”焼き芋焼酎”、『三女紅はるか』が完成したという記事。

 ヒントは江田島産サツマイモで作った焼き芋焼酎だそうです。『てくてく』(→完成時の記事)は耕作放棄地を何とかしたい、という若手経営者がサツマイモからエネルギーという実験(→H24.11.26)をしたことを聞きつけた中国醸造さんが『紅あずま』を作って欲しいというところから始まりました。

 『紅あずま』は『だるま焼酎』として、若手経営者がこだわる『紅はるか』が『てくてく』として商品化されています。(→H28.5.18

 100トンばかりの芋を作ってくれたら酒造メーカーも江田島市内に工場を建設してもいい、という話も聞いたことがあり、オール江田島の焼酎を夢見てきましたので、一歩、先を越された感があります。しかし、いつか、そんなことが実現するよう応援していきたい。

|

« 1期目議員の県議会改革提言 | トップページ | 県、カワウの管理計画を策定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廿日市の芋焼酎:

« 1期目議員の県議会改革提言 | トップページ | 県、カワウの管理計画を策定 »