« 外国人実習生、広島県で1万人 | トップページ | 介護要支援者への試み »

2017年1月25日 (水)

広島市、情報通信の地域間格差是正へ

晴れ

H29124_hiroshima_in 昨日の中国新聞から。広島市が市内の中山間地域や離島(似島)で超高速ブロードバンド環境(光回線など)整備事業に取り組むという記事。

 未整備地域には、昨年4月1日時点で合わせて4,254世帯8,369人が住み、494事業所があるという。

 人口の少ない地域では、利用料で初期投資を回収できず、民間によるブロードバンド整備が進まないため、同じ自治体内で情報通信の地域間格差があります。

 広島市では補助金を出して、提案内容で競い合うプロポーザル方式で事業者選定をする方向にある。

 尚、江田島市では同様の補助金方式(民設民営方式→H25.2.5)を活用し、平成26年8月から市内全域で光回線が利用可能になりました。この恵まれた環境を生かし、交流人口の増加Wi-Fiの活用→参考H28.12.28)や定住・促進促進企業誘致などを積極的に模索してほしい。

|

« 外国人実習生、広島県で1万人 | トップページ | 介護要支援者への試み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島市、情報通信の地域間格差是正へ:

« 外国人実習生、広島県で1万人 | トップページ | 介護要支援者への試み »