« 大雨による被害 | トップページ | 第2次水産振興ビジョン策定に向けて »

2016年6月26日 (日)

H28年・天然芝と人工芝の可能性

晴れ

160626shiba

 暑い一日でした。県外のある敷地・天然芝コーナー。未就学児から小学生がボール遊びをしていました。私も寝転がってみましたが気持ちいい。江田島市内にも子ども達から高齢者まで楽しい一時を過ごせる空間ができればいいですね。
 先日の大柿高校グラウンド(→H28.6.18)も順調にいけば9月には天然芝が生えそろいます。地域の方々も利用できるそうで、地元の保育園児・小学生・地域住民が楽しく遊べる空間になることを期待しています。
 10月のヒロシマMIKANマラソンでは開・閉会式が大柿高校グラウンドで行われます。江田島市以外の参加者にとっても素晴らしい会場になることでしょう。
 人工芝グラウンドについては昨年から提言しています。こちらもタイミングが重要であり、「合併特例債」の発行期限が平成31年度と残り少なくなっています。(→江田島市併特例債・市民説明)交流人口増加のツールとして、子育て世代から高齢者の方々まで幅広く利用できる「(縁を結ぶ)場」として必要だと考えています。(参考→H27.11.6

|

« 大雨による被害 | トップページ | 第2次水産振興ビジョン策定に向けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H28年・天然芝と人工芝の可能性:

« 大雨による被害 | トップページ | 第2次水産振興ビジョン策定に向けて »