« いよいよオープンへ | トップページ | 議会運営委員会(H28.4.28) »

2016年4月27日 (水)

民泊事業、民間活力の利用促進を急げ

160426minpaku  4/26の中国新聞から。江田島市が民泊型修学旅行事業を始めて今年度で5年目を迎えます。4月25日には第一陣として石川県七尾市から中学3年生66人が島に来ていただいています。(初年度モニター・ツアー→H23.7.28

 来年1月までに過去最高の15校約2,200人が「恵み多き島、江田島」に訪れてくださいます。

160105minpaku  左は1/5の中国新聞記事。5年目に挑む民泊事業についての特集記事です。現時点では、市の交流促進課が運営主体となっていますが、そろそろ観光協会やNPO団体等の民間への移管時期ではないだろうか。

 これから地方創生を踏まえ、あるべき「将来の江田島市」に向けて人口ビジョンを目標に総合戦略を実行していきます。そのキーとなる交流促進課が全力投球する環境づくりが大切です。

|

« いよいよオープンへ | トップページ | 議会運営委員会(H28.4.28) »

江田島市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民泊事業、民間活力の利用促進を急げ:

« いよいよオープンへ | トップページ | 議会運営委員会(H28.4.28) »