« 外国人市民への新たな支援 | トップページ | H28年度保育施設の再編整備 »

2016年2月19日 (金)

かき小屋の実証実験

晴れのちくもり

201602171502380001

 H28年度当初予算資料から。江田島市も遅まきながらではありますが、『かき小屋』の実証実験補助事業を盛り組みました。牡蠣むき身生産量では全国2位(H16~H18は1位)の江田島市。平成24年度・25年度の広島県未来創造支援事業において江田島市の目標数値として平成32年度までに牡蠣販売額1.1倍(40億4千万円→44億4千万円)を掲げています。まずは江田島産牡蠣を広く知っていただき、交流人口増加へ繋げていきたい。
 候補予定地は江田島町小用みなと公園となっており、事業主体は江田島市水産物等販売協議会。平成28年度・29年度の2ヵ年度を予定しています。

※江田島市水産物販売等販売協議会
江田島市内11漁協と各漁協青年部代表者等によって構成し、水産物の販売促進や地域水産業の振興を図ることを目的に活動しています。

 尚、今シーズンはシーサイド温泉のうみで『かき小屋』がスタートしています。(→こちら)交流人口増加の弾みになればと思います。

|

« 外国人市民への新たな支援 | トップページ | H28年度保育施設の再編整備 »

江田島市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かき小屋の実証実験:

« 外国人市民への新たな支援 | トップページ | H28年度保育施設の再編整備 »