« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

8月も終わり

くもりのち雨

 今日で8月も終わり、平成27年も2/3が過ぎました。明日は9月定例会及び平成26年度決算審査についての議会運営員会が開催されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

H27年防災訓練

くもりのち雨

11891140_883714235035943_1995593992

 本日は江田島市防災訓練が行われました。このたびは大型台風接近に伴う風水害を想定した市民参加型訓練でした。
 サイレンのあと、地区住民で定めた一時避難場所にいったん集まり、市が指定する避難場所に集まるというもの。私の住んでいる地域は最終的に大柿公民館に集合。地域防災リーダーの講話のあと三々五々、帰宅しました。それぞれの地域でどのような避難行動がなされたか、また、どういった問題点があったかをしっかり検証することで訓練の成果に繋がると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

決算審査の重要性

晴れ

 気がつけば8月も残り少なくなりました。9月には定例会が開かれ、平成26年度の決算審査が行われます。

 国会もそうですが予算委員会が花形と思いがち。しかし、本来は予算よりも決算の審査が重要です。税金が適切に使われたのか、その事業の効果はどうか。こういった検証によって次年度予算編成がなされなければなりません。限られた予算の中で効果のある事業展開が重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

H27年9月定例会の一般質問

くもりのち晴れ

 台風15号が過ぎ去り、瀬戸内も穏やかな一日でした。8月24日正午、9月定例会の一般質問通告の受付が終了しました。私の質問事項は以下のとおりです。9月1日の議会運営員会で定例会の日程が決まります。

(1)地域おこし協力隊募集の進捗状況について
(2)外国人市民支援事業について
(3)総合戦略に係る「新しい人の流れをつくる」ことについて
   ①定住促進の検証について
   ②職員の市内居住促進について
   ③交流人口の増加策について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

くれ創生塾設立に参加

雨時々くもり(強風)

11902522_881284115278955_1129560730 台風15号の影響で朝から雨と風。写真は夕方の我が家の庭。日本海に抜けた台風ですが吹き返しが激しい。

 昨日は呉市の議員からのお誘いにより、民間企業の若手経営者との懇談会に参加しました。いかにして呉市を盛り上げていくか、という会に近隣市町の住民として参加です。

 今回は第1回の会合であり、今後、定期的に開催される予定。江田島市の若手にもぜひ参加していただきたい会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

NBLバスケチーム、江田島合宿へ

晴れのちくもり

 台風15号の進路が気になります。さて、広島県を本拠地とするナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)の男子チーム 、広島ドラゴンフライズが9月5日~8日の期間、江田島市で合宿をすることが決まりました。(→こちら)期間中は子ども達を対象にバスケットボール教室も開催する予定とのこと。すべての練習を公開したり、サイン会もするということで島外からのバスケファンが集うことに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

外国人市民のための防災ガイド作成

くもり一時雨

Img381  今日の中国新聞の記事から。江田島市が日本語の不得意な外国人市民のために、やさしい日本語で書かれた『外国人市民のための防災ガイドブック』と中国語版の2種類を作成。(→市HP

 江田島市内には8月1日現在で578人の外国人市民(人口の2.29%、100人に2人が外国人)がおり、うち中国人が半分を占めています。主に牡蠣養殖の技能実習生です。そういった観点から中国語版を作成したのは意味があり、実習生を事業所へ紹介する監理団体や市内全11漁協に配布するとのこと。8月29日に開催予定の防災訓練で使ってもらう予定。

 尚、その他の国籍(フィリピン、ベトナム、インドネシア、バングラディシュなど)の市民もおり、「やさしい日本語」が理解できるのであればよいが、そうでなければ何らかの方策を考えなければならない。本年度からの第2次総合計画にもコミュニティの振興に「国際化・多文化共生の推進」が掲げられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

新しい人の流れについて

くもり時々雨

 お盆を過ぎたころから愚図ついている天気です。NHKニュースwebによると日本列島のはるか南の海上に台風15号と16号が発生しており、今週末から日本に影響を及ぼす可能性もあるとのこと。今後の台風情報に注意しましょう。

 さて、ブログには読者からのコメントやmailが届きます。今回は市職員の市外居住についてのものでした。議会では過去に私を含めて複数の議員が執行部に対して質問しています。今年の議会報告会能美地区)でも市民の方からご質問を受けました。

 昨年11月に「まち・ひと・しごと創生法」が公布され、江田島市も人口ビジョン・総合戦略を10月には策定することになります。法律の目的は過度な東京一極集中を是正し、それぞれの地域が住みよい環境を確保し、持続可能な地域社会を確立することにあります。(→法律)そのために「まち・ひと・しごと創生」について以下を一体的に推進することが求められます。

①国民一人一人が夢や希望を持ち、潤いのある豊かな生活を安心して営める地域社会の形成
②地域社会を担う個性豊かで多様な人材の確保
③地域における魅力ある多様な就業の機会の創出

 この度の読者コメントや上述の①から③を鑑みると市職員の受験資格に「市内居住又は採用時に市内居住できる者」とすることも検討すべきであると考えます。(→参考:鹿児島県垂水市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

H27年8月総務常任委員会(第2回)

 全員協議会後に総務常任委員会(1名欠席)が開催されました。本日の協議事項は以下の通り。

(1)財政課関係について

 財政課より地方交付税(基準財政需要額)、起債(公債費等)についての説明があり質疑応答がなされました。
 普通交付税の算定において小学校費について、児童数・学級数・学校数という測定単位がありますが、学校数が1校減ると平成27年度の計算でいくと基準財政需要額は1,135万円の減となります。
 質疑応答後、議員間で意見交換し、以下の意見がありました。

・財政推計を毎年きっちりやる。(検証も含めて)
・合併後、市民に対して「財政が厳しい」の一辺倒であるが、きちんと説明すべき。
・新市建設計画、第一次総合計画等の計画について検証しなければならない。
・人口減が続くなか、自主財源確保の施策を具体的に示さなければなければならない。
・執行残(平成26年度の執行率は96.8%)は次年度に積立金となる。単独事業など投資的経費を増やすことも必要ではないか。(地場産業の活性化)

(2)その他

 次回は9月定例会で設置予定の決算審査特別委員会における総務分科会に続いて委員会開催をする予定。
・本日の協議事項の整理。
・中間報告のまとめ等。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H27年第11回全員協議会

 臨時議会閉会後、全員協議会が開催され、執行部より以下のことの説明がありました。

(1)マイナンバー制度について

 平成28年1月からマイナンバー制度が利用開始されることに伴い、今年10月からマイナンバーの通知が住民票の住所へ送付されます。制度の実施に伴い自治体ごとの条例の制定および改正がなされます。(3条例案を9月議会に上程予定)

(2)江田島市北部墓苑資料料の改定について

 平成7年竣工の北部墓苑は197区画のうち56区画が未使用区画となっている。平成27年6月1日時点の鑑定評価額をもとに35%~55%の減額率で使用料金を改定する予定。(平成27年10月1日から)

(3)空き家対策に係る江田島市の取組について

 今年5月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行されたことに伴い、8月に副市長を本部長とする江田島市空き家等対策本部会議を設置し、また、市民から空き家に関する相談を受け付ける「空き家相談窓口」を9月1日に設置する。(窓口:都市整備課)

(4)「公園等の見直し」に係る調査・検討業務におけるアンケート調査の結果について

 市立公園や児童公園、港湾緑地など81箇所の公園等を対象に「公園等の管理・利用計画(仮称)」を策定するため、「公園等の見直し」に係る調査・検討業務を平成26年10月15日から平成28年3月18日までの履行期間で㈱地域計画工房に委託している。昨年度行われたアンケート調査が取り纏められたので配布を受ける。9月1日に広報および市HPで公開されます。

(5)その他

 執行部退席後、議員間での協議。主なものとして、先日の議運で確認された「総合戦略について」。素案がまとまった時点で議員間での討論会(意見交換)を行うことを確認しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H27年第3回臨時会

雨時々くもり

 第3回臨時議会が開催されました。上程された議案は以下の通り。

議案(4件)

  番 号
案件名
議案第36号
江田島市退職手当特例条例案について
議案第37号 江田島市新本庁舎大規模改修工事(建築)請負契約の締結について
議案第38号 平成27年度江田島市一般会計補正予算(第2号)
議案第39号 平成27年度江田島市交通船事業会計補正予算(第1号)

 10月1日から市営船の公設民営化により、市職員の船員が退職(4人、うち3人は瀬戸内シーラインに)もしくは一般職(7人)として働くことになります。退職者に対する退職手当特例に関する条例が上程され全会一致で可決されました。尚、一般会計および交通船事業会計の補正予算は特別加算に関する増額補正。(1,794万2千円)
 新本庁者大規模改修工事は予定価格1億6,044万円(税抜き)に対する落札率82.6%の1億3,250万円で古澤建設工業㈱が落札しました。全会一致で可決。

 議会後、全員協議会、午後から総務常任委員会(1名欠席)に出席しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

第1回まち・ひと・しごと創生有識者会議の情報公開

晴れ

 7月23日に開催された第1回江田島市まち・ひと・しごと創生有識者会議(→こちら)について市HPで公開されました。(→こちら) 
 国が推し進める地方創生について江田島市も人口ビジョンおよび総合戦略(H27-H31の5か年)を策定することになります。スケジュールとしては10月頃を完成目標にしている。具体的且つ効果的な江田島市ならではの戦略になるよう議会としても提言していかねばならないと考えます。(→8/12議運

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

今週の日程(H27.08.17-08.21)

雨のちくもり

 お盆が明けて日常生活が始まった今日は一時的に大雨洪水警報が発令されました。大きな被害がなかったことに安堵。今週、出席する議会関係は以下のとおりです。

 8月19日(水) 10:00~ 臨時会
                全員協議会
                総務常任委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

盆も牡蠣ひび作業

晴れ

11825048_875542222519811_8696076150

11873357_875542235853143_9138781163

 先日、牡蠣採苗が順調であることを書きました。(→こちら)左は牡蠣ひびの写真。昨年に比べて吊るされた数が多い。今日は干潮に合わせて自宅近くの海岸へ行ってきました。お盆に入っていますが養殖業者は忙しく作業をしていました。

11755479_875542245853142_6264320683

 左はホタテの貝殻をアップで撮ったもの。点々と付着しているのが牡蠣の稚貝です。約1年間、牡蠣ひびに吊るされて、潮の干満を繰り返しながら、強い牡蠣だけが残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

盆入り 2015

くもり時々前

11885306_874297999310900_2816896073  中国新聞の記事から。牡蠣と花卉の生産が盛んな江田島市。特に沖美町では菊栽培が盛んです。

 今日からお盆に入りました。能美島産の菊が広島市や関西方面で活躍します。江田島市内にも花の有人・無人販売店が点々とあり、お墓参りで島に帰ってきた人たちが買っている光景をよく見ます。

 お盆の期間、江田島市の人口はどのくらい膨らむのだろうか。約12,800世帯に平均2人の帰省客がいるとすれば約25,000人。江田島市の人口と同数になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

臨時会に係る議会運営委員会

 早朝から雨が降り始めた一日でした。私にとっては恵みの雨でした。午前中は議会運営委員会が開催され、以下のとおり協議しました。(欠席1名)

(1)平成27年第3回臨時会について

 以下の日程で報告1件、議案4件が上程されることが決まりました。

開催日: 8月19日(水) 10:00~

報告(1件)

番号
案件名
報告第5号
専決処分の報告について(和解及び損害賠償の額の決定について)

議案(4件)

  番 号
案件名
議案第36号
江田島市退職手当特例条例案について
議案第37号 江田島市新本庁舎大規模改修工事(建築)請負契約の締結について
議案第38号 平成27年度江田島市一般会計補正予算(第2号)
議案第39号 平成27年度江田島市交通船事業会計補正予算(第1号)

(2)その他

①費用弁償について
 
 「江田島市議員の報酬及び費用弁償等に関する条例」 第4条第3項に規定されている委員会・全員協議会・会派代表者会議に出席したときの費用弁償(一律2,000円)支給について見直しを図ることが確認されました。次回の全員協議会で全議員の意向を確認する予定。

(参考)費用弁償とは

 交通費と会議の準備などに要した諸費用を支払事務の効率化等の観点から、これらを合算して算出した額を定額として支給している。法的根拠としては地方自治法第203条。第2項に「普通地方公共団体の議会の議員は、職務を行うため要する費用の弁償を受けることができる。」と規定しています。交通費等の経費は、公務員・民間企業では通常支給されています。(→参考)ただし、議員報酬に交通費等を含むという意見もあります。

②総合戦略について

 今年度に策定(10月末予定)の江田島市版総合戦略(→こちら)について全議員による意見交換の場を設定することを確認。議会基本条例第11条にある「政策討論会」を念頭においています。こちらも次回の全員協議会で諮られます。

(参考)江田島市議会基本条例(政策討論会参考

11条 市政に関する重要な政策及び課題に対して,議会としての共通認識の醸成を図り,合意形成を得るため,政策討論会を開催する。
2 政策討論会に関することは,別に定める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

プレミアム付き商品券の売れ行き

くもり時々晴れ

Img380  今日の中国新聞朝刊から。見出しを見ると「えっ」と思った市民の皆さんもいらっしゃるでしょう。

 江田島市においては7月末時点で半分が売れ残っています。(約1億6,500万円分) 9月1日から基準を拡大して3次販売をする予定。

・購入枠: 1世帯3万円(3冊)→1人10万円(10冊)
・市民限定→市内で働く市外在住者も同条件で購入可能

 尚、新聞情報の数字をざっくり整理してみると以下のとおり。前提条件が大きく異なる点を認識し、市役所担当部署もPDCAをしてみてはどうだろう。(人口は現時点でのHP情報。外国人市民を含む。)

  人口 発行数 1人当たり 予約・販売数 売れ行き 備考
江田島市  25,218人  27,500冊 1.09冊  13,767冊  50.1% 3次募集
呉市 234,092人 121,000冊 0.52冊 144,687冊 119.6% 抽選
東広島市 184,910人  70,000冊 0.38冊  85,973冊 122.8% 抽選
竹原市  27,407人  15,000冊 0.55冊  12,355冊  82.4% 完売
大崎上島町   8,074人   8,000冊 0.99冊  11,796冊 147.5% 完売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

海の駅に賑わいを

晴れ

2011dream_noumi_at_ohshima

Dscf1003

 暑い一日でした。左は平成20年(2008)7月の写真(→演奏シーン)。大柿町深江にある沖野島マリーナ(おおがき海の駅)で開催された【JAZZ CONCERT 2008 in 沖野島マリーナ】。このときが2回目のイベントで、当日は結構な賑わいでした。

 おおがき海の駅である沖野島マリーナは㈱トスが運営しており、江田島市も出資している第3セクターです。(→参考
 江田島市には『海の駅』が2箇所あります。もう一箇所が能美海上ロッジにある「のうみ海の駅」。こういった施設を都市との交流事業に活かせないものだろうか。

2008年(H20)7月20日 「Jazz Concert 2008 in 沖野島マリーナ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

瀬戸内の素晴らしさを広めよう!

晴れ

11866464_872910152783018_7328772421

11811391_872917916115575_8972725938

 暑い週末でした。夕方、三高港から広島に向かうフェリーに乗って撮ったものです。左写真の太陽の下は安芸の宮島です。美しい夕日を眺めるクルーズでした。これぞ江田島の誇れる風景の一つではないでしょうか。日常的に見る私たちにとっては至極当たり前の風景です。
 この写真を撮っている時、乗り合わせた小学生の女の子達が「わぁ~、こんな風景初めて!」とはしゃいでいました。子ども達にとって船に乗ることも楽しいひとときであり、目の前を展開する自然の風景も驚きの連続であることを学びました。船に乗って瀬戸内の素晴らしい風景を広島市内に住んでいる子ども達にもっと、もっと見ていただければと思いました。昨年4月16日に広島市と江田島市が海生交流協定(→江田島市HP広島市HP)を結びました。江田島の自然の素晴らしさをPRしていきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

H27年8月交通問題調査特委

くもりのち晴れ

 午前中は交通問題調査特別委員会に出席しました。協議内容は以下の通り。

(1)デマンド交通について

地域公共交通総合連携計画(平成22年3月策定)の抜粋(資料番号2)について意見交換および今後の方向性について。議会報告会で示した次の調査・研究項目について次回委員会で協議することになりました。

○人口分布や市の構造、地形などがデマンド交通に適しているかどうか。
○個々のニーズに対する利便性をどこまで追求するべきか。
○バスとの役割分担及び全体のネットワークとして機能できるかどうか。
○持続性を高めるための運賃設定、財政負担ルール、地域との責任分担の仕組み。

(2)その他

・第2回公共交通協議会の開催日は現時点で未定。(9月以降か)
・次回委員会は10月14日(水)10:00から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

江田島市の観光客数推移

晴れ

Img377 70回目の広島原爆忌の今日も暑い一日でした。広島県が公開するデータ(→こちら)を基にグラフを作成しました。まず左写真は平成に入ってからの総観光客数の推移です。

 江田島市では今年度からスタートする第2次総合計画で10年後(平成36年度末)に交流人口の倍増を目指す数値目標を設定しています。(総観光客数100万人)平成では17年に最高数70万9千人を記録しています。

Img378 次の写真は平成20年代の総観光客数を市内観光客(市民)と市外観光客(入込観光客)に仕分けたグラフです。平成23年から盛り返してきましたが平成26年には前年比2万7千人の減少という結果になっています。

 市内観光客は市民がイベントや能美海上ロッジ・シーサイド温泉のうみでお風呂に入っても観光客になります。平成26年は19万人なので単純に人口2万5千人で除する(割算)と一人7.6回。

Img376 最後に目的別総観光客数の推移(平成16年から)を表にしました。サイクリングは平成24年から項目に入っています。項目「その他」など気になるところもあります。

 この11年間で変動が激しいのが項目「海水浴・釣・潮干狩」。平成17年に7万9千人であったのに、ここ3年間では2万人台に減少しています。最近、市域で潮干狩できないのが大きな原因の一つでしょう。いまでも潮干狩のニーズはあります。また最近ではシーカヤック、SUP(→こちら)も人気急上昇です。

 意外と知られていないのが真珠の養殖。いまでは江田島市内に1軒となりました。(→参考)江田島真珠でアクセサリー教室のような工房があっても面白い。かつて、市長も若かりし頃、真珠の養殖に携わっていたことを生産者の方からお聞きしました。

 目的別総観光客数の分析をすることで交流人口を増やす方法も見いだせるのではないだろか。また時代とともにニーズも変わります。マーケティングでいうところの「客を創る」ことも大切です。「行ってみたい場所」にするにはどうすべきかをみんなで知恵を絞らなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

新たな可能性を

晴れ

11825148_868824283191605_2108109873 今日も暑い一日でした。左は先日、深江漁協が管理している浜辺で採取したアサリです。かなり大きくなっています。平成24年度、江田島市が委託したアサリ育成実証試験(調査事業委託事業)を4漁協が請け負いました。(チヌ等の食害を避けるためネットを掛けています。)尚、平成25年度にも同様の試験を実施しています。
 かつて潮干狩りを楽しみに市外から訪れる人もたくさんいました。チヌ等の外敵はいますが江田島市域の浜辺でアサリが成長することが確認されたことは喜ばしい。いま牡蠣殻を利用した養殖資材(→こちら)を使ってアサリを養殖している地域に着目しています。観光潮干狩りも復活してほしいが、地元の牡蠣殻を利用して新たな特産品(国産アサリ)に繋がらないか研究してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

牡蠣採苗、順調に

晴れ

11781679_870045993069434_6909971956 暑い日々が続きます。昨日の中国新聞から。今年の牡蠣採苗は好調ということです。江田島市にとっても朗報。昨年はまったくの不調(→こちら)で今年の結果如何では広島県の牡蠣養殖業にとっては致命的になるところでした。

 県はこれまでの不調が幼生の餌となる植物プラント不足が原因とみて、対策として養殖業者の協力で採卵期の親貝を吊るしたイカダ約100台を植物プラントが豊富な太田川河口付近に移動させる試みを5月下旬から行いました。この対策の効果かどうかは来年度以降も続けることで検証できるのではないでしょうか。

 昨年まで2年間不調だったこともあり出荷できる牡蠣の不足は続きます。(養殖期間は平均2年)近年、オイスターバー・牡蠣小屋など消費者ニーズは上がっており、従来の生産量に戻ることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

H27年8月総務常任委員会ほか

晴れ  

午前中は総務常任委員会と議会全員協議会に出席しました。

(1)総務常任委員会

①消防庁舎について

Img375

 老朽化した消防本部の老朽化調査進捗状況について消防本部総務課からの説明を受ける。耐震2次診断は㈱感性舎が請け負うことになり、12月には判定書が交付される見込み。今年度中に消防本部内に検討委員会を設置し、本部庁舎の対応(建替え若しくは耐震工事)について来年度にかけて調査・検討を行う。

②今後の予定

 次回委員会は8月19日午後に開催予定。内容としては地方交付税の積算根拠となる学校・保育園・支所の数を一つの指標として各施設の統廃合による影響について。

(2)全員協議会

 7月21日から7月25日にかけて開催された議会報告会の検証会議。

 午後は広島市の私立大学に行って3~4年生を対象とした夏期講座で「平成の市町村合併について~江田島市の場合~」と題して意見交換をさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »