« 平成26年の振り返り(その1) | トップページ | 議会報告会の検証(その1) »

2014年12月17日 (水)

平成26年の振り返り(その2)

雪時々くもり

10858399_751302231610478_17918603_2 昨夜からチラついていた雪ですが今朝ほどは薄っすらと積っていました。県内は朝から交通渋滞が各地で発生し、また、江田島市(三高、切串)と広島港を結ぶ航路(江田島汽船、上村汽船、瀬戸内シーライン)も一時欠航していました。 

Gikai_h2605_p12_13 今年の振り返りとして議員報酬の増額がありました。2月定例会で増額議案が上程され、6名の議員が反対しましたが賛成多数(反対討論:中下修司議員、賛成討論:私)により可決され、4月報酬から増額になりました。(参考→こちら) 

141218 尚、合併当時に旧・町議会議員が自動的に一年限りで53名の市議会議員になった時には議員報酬19万6千円でした。一年後の平成17年11月に議員数が半減して定数26名になりました。

 このたびと同じように報酬審議会の答申に基づいて増額議案が可決され27万円となりました。(一時、5%カットしていた時期もあります。)平成21年改選で定数は26名から20名となり、平成25年改選で18名となりました。

Img248_2 左は広報えたじま2月号の記事です。(→PDF)尚、合併前の旧4町議会のコンセンサス(?)として、議員報酬総額が県内人口類似市(大竹、竹原、安芸高田、庄原など)と同レベルになるよう定数・月額報酬を勘案することになっていました。

 12月定例会では人事院勧告により一般職員の期末手当(ボーナス)が増額し、また、議員の期末手当も0.15月分引き上げる議案が賛成多数で可決されました。このときも反対議員はいましたが支給された増額分をどのようにされるのか気になるところ。(反対討論:中下修司議員、賛成討論:私)

 議案には「反対」して、支給されたら「使う」というのでは「矛盾」しています。市民の皆さんは「議員報酬増額(2月定例会)」や「期末手当増額(12月定例会)」に反対された議員にこの点を一度聞いてみてください。

 尚、このたびの議決については来年2月1日発行「議会だより」に賛否表や賛成・反対討論が掲載されます。

(追伸)県内の他市議会でも12月定例会における議員期末手当にはいろいろ物議を醸しだしています。廿日市市議会議員のブログも参考になります。(→こちら

|

« 平成26年の振り返り(その1) | トップページ | 議会報告会の検証(その1) »

江田島市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年の振り返り(その2):

« 平成26年の振り返り(その1) | トップページ | 議会報告会の検証(その1) »