« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

決算認定 産業建設分科会(2日目)

くもり時々雨

 昨日に続いて決算審査特別委員会の産業建設分科会に副委員長として出席。本日は企業会計(水道・下水道・交通船)についての審議です。

 具体的なことは別の機会に記しますが、来年10月に指定管理者制度に移行する市営船(一般会計からこれまで2億9千万円の繰入補助をしても累損6億円)。

 水道事業(江田島市単独で本土と江田島町をつなぐ老朽化した海底送水管を更新すると12~13億円必要)、下水道事業(最終整備(残り約30%)まであと60億円必要、維持管理に毎年別途相応の費用必要)は今後の江田島市にとって目前に迫った大きな課題であり、行政・市民・議会が情報を共有しながら真剣に議論しなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

議会報告会のご案内

晴れ

10491273_708098875930814_4234170292  『広報えたじま10月号』と一緒に市内全戸配布する『議会報告会のご案内チラシ』が手元に届きました。

 来る11月半ばに市内4会場(旧町各1箇所)で開催されます。お住まいの町だけでなく、都合のいい会場に来ていただければと思っています。

 合併して10年を迎える江田島市議会として初めての試みです。多くの市民の皆様と意見交換ができればと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

切串地区を楽しもう

10639397_708023732604995_3457871247

1546058_708023755938326_79128379612

 14時過ぎに自宅を出発して久しぶりに切串港までドライブです。ターミナルの2階にはお洒落なカフェ。(Cafe Okuno)江田島産イチジクを使ったシフォンケーキを海を見ながら食べるのもいいですよ。広島市内にお住まいの方々にも船に乗って気軽に遊びに来れるエリアです。港近くにはポークアンドキチンさん(→ブログ)もあってお子様連れも楽しめます。

20140928_150608_2

20140928_152802_1_2

 9月24日からフェリー2航路だったのがフェリーと旅客船の2航路になりました。旅客船は写真の2隻で運航しているようです。一隻は江田島市所有のロイヤル千鳥。料金はフェリーと同一で、広島までは約20分。 

(訂正とお詫び)

切串~宇品の旅客船に関する記事ですが、市所有船(ロイヤル千鳥)は、この日、チャーター便で寄港していたところ、偶然私が見たものでした。ここに訂正し、お詫びいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深江地区敬老会とヘリポート

晴れ

1898175_707975852609783_60454452582

 今日はお昼間は暑かったのですが、とても気持ちのいい一日でした。午前中は深江地区の敬老会にお招きいただき出席しました。(→昨年)今年も盛り沢山な趣向があり、昨年に続いてフルート演奏・マジックと出席した皆さんはとても喜んでいました。

10665861_708049642602404_63647691_2

10686756_708049652602403_75358947_2

 夕方、深江漁港を散策。今年度、整備計画したドクターヘリ緊急離発着場(簡易ヘリポート)も左写真のとおり完成しています。(→予算委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

公金管理協議会の早期開催を

晴れ

 9月定例会の酒永議員による一般質問(9月10日)で江田島市公金管理協議会設置要綱に関する質疑がありました。(→こちら)要綱第2条で協議会は次に掲げる事項を協議することになっています。

(1)江田島市資金管理及び運用基準並びに市債券運用指針に関すること。
(2)公金の確実かつ有利な保管の実施に関すること。
(3)公金を預金する指定金融機関をはじめとする金融機関に関すること。
(4)その他公金に関すること。

 協議会の会長は会計管理者であり、合併してより10年間でまだ一度も開催されていません。また、要綱自体の改正も必要であることは酒永議員から指摘があったところです。第3条で規定する協議会組織は以下のとおり。

 第3条 協議会は、会計管理者、総務部長、企業局長、会計課長、財政課長、出納課長(→今は会計課長)、交通課長及び国民宿舎支配人(→能美海上ロッジ等3施設が指定管理制度に移行したため今は存在しない)をもって組織する。

 酒永議員の質問から2週間以上経過しています。『資金管理及び運用基準並びに市債券運用指針』の策定には時間がかかると思いますが、協議会を早期に開催したいという会計管理者の答弁である以上、まずは第3条の組織について改正されるものと考えますがどうだろうか。

 公金管理協議会が開催され、年内にも要綱第2条に規定される事項を協議されることを願います。すべては会務を総括する会計管理者の双肩にかかっています。

(参考)
○江田島市公金管理協議会設置要綱→PDF
○庄原市における債券運用について(HP)→こちら
○国東市(大分県)公金管理及び運用について(HP)→こちら<
○鎌倉市(神奈川県)
 ・資金管理運用基準→こちら
 ・平成26年度資金管理運用方針→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

平成26年度総合防災訓練

晴れ

10689916_707119512695417_2112707797

10702224_707138226026879_4139753325

20140926_143433

 午後から2会場に分かれて江田島市総合防災訓練が実施されました。市、市消防、消防団、海上自衛隊及び第1術科学校、警察、海上保安庁、近隣市消防(広島・呉・東広島・備北地区)、電力・電話会社、医療機関、民間企業、自治会、自主防災会、小中学校など33機関、延べ500人を超える大々的なものであり、南海トラフ巨大地震発生時における津波災害をはじめとした各種災害の発生を想定した訓練です。写真は第1会場の江田島町江南地区で行なわれた一コマです。第2会場の飛渡瀬地区では避難場所である旧・小学校体育館まで避難するものでした。下の動画は津波により海岸で孤立した要救助者の救出活動を想定したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

決算認定 文教厚生分科会(2日目)

晴れ

 本日は福祉保健部所管の事業に関する決算について審議がありました。昨日と同様、決算審査特別委員会の副委員長として同席しました。福祉保健部門の管轄は約120億円の事業規模です。(主なものは一般会計41億、国民健康保険40億、介護保険33億など)水道・下水・交通船は別にして江田島市一般・特別の9会計総額約239億円の50%を占めます。いかに市にとって重要なセクションであることがわかります。
 執行部側からの説明後、質疑応答があり、最後に昨日からの件も含めた文教厚生分科会に付託された決算が賛成多数(反対1)によって認定されました。
 その後に開催された文教厚生常任委員会を傍聴しました。8月19日に実施された教育委員会関係の①ICT教育事業、②いじめ防止対策、③給食センター再編事業の3事案についての協議でしたが、再度、現地調査をすることが確認され委員会は閉会しました。

10701940_706641739409861_2499599999

10632641_706641722743196_1535572462

 夕刻、大柿分庁舎を訪問した時に初めて見た電気自動車。市のHP(7月15日公開→こちら)で知ってはいたのですがやっと実物をみることができました。トヨタ車体株式会社大阪事務所から「瀬戸内しまのわ2014」の期間、2台の無償貸与を受けていますが、どれだけの市民の皆さんが見たことがあるのか興味あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

決算認定 文教厚生分科会(1日目)

くもりのち一時雨

 台風が熱帯低気圧に変わってホッとしていますが雨がどのくらい降るのか気になるところです。今日から江田島市の平成25年度12会計決算認定について決算審査特別委員会・分科会が始まりました。

 本日は市民生活部・教育委員会所管事務について。冒頭で副市長が述べられたとおり、来年度予算編成についても関係する審議になります。税金が有効に使われたかどうかチェックし、また、市政が市民のためになっているかを問い質す重要な委員会でもあります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

平成26年 秋分の日

晴れのちくもり

10476257_705642479509787_2535190034  先週末、江田島市大柿町では新宮八幡宮の例大祭がありました。大柿町内の氏神様である新宮八幡宮の例大祭には当番地区があります。

 昨年は深江地区、今年は大古地区(大原・小古江)であり、来年が「柿浦地区」、そして次の年が「大君地区」、次に「深江地区」になります。ここで、「飛渡瀬地区は?」となるのですが、飛渡瀬地区も4年に一度、地元の竈神社例大祭があります。(直近では2年前→こちら

 今日の秋分の日に「小屋破ち」という行事があって「大古地区」の各地域で吹き囃子が回っていました。私の住む地区にも左上写真のとおり来ていただきました。
 下の動画は9月21日の大祭における「浜宮」での獅子舞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

新宮八幡宮の例大祭(その2)

晴れ

10639672_704815582925810_1653613466

 平成26年度新宮八幡宮の例大祭。今年は大古(大原・小古江)地区の当番です。朝から地域の人たちと参加しました。今回は神輿の監督(安全管理)を担当。
 御蔵米の奉納から始まって、本宮から大柿中学校、そして浜宮までの行進も無事怪我もなく終わりました。お祭りがすむとあっという間に年末という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

新宮八幡宮の例大祭

くもり

10329192_704174286323273_5407990843

 肌寒い一日でした。朝は新宮八幡宮の例大祭に奉納する御蔵米づくりに参加しました。私の住んでいる地区は最近では発泡スチロールを中身にして作成しています。

10612641_704399126300789_2591805886

 今夜は宵宮。本殿に参拝してきました。今年は「瀬戸内しまのは2014」のイベントにもなっています。(→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

防災会議

くもり

 午後から江田島市防災会議に議会・総務常任委員長として出席しました。法律、国、県の見直しなどにともなって「江田島市地域防災計画」の改訂が行われることになり、本会議で了承されました。詳細については別途、市から市民の皆さんにご案内があります。
 続いて本年度の総合防災訓練実施についての説明。来る9月26日(金)13:30から訓練内容に応じて2会場で行われます。(市HP→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

ボランティア活動に参加

晴れ時々くもり

 8月20日に発生した広島県内(安佐南区・安佐北区)の大雨災害復旧ボランティア活動として江田島市議会の有志議員9名と議会事務局職員1名の10人が安佐南区八木に行ってまいりました。江田島市議会からの義援金(20万円)は議長から広島市議会に手交済みです。

20140918_111151 20140918_111244  議会としては8月20日の発生時から義援金・ボランティア活動参加を検討して今回に至りました。(参考→こちら) 「土起し」→「土嚢詰め」→「土嚢運び」(土嚢15kg/袋x4袋=60kgを一輪車まで運んで積み込む)→「一時保管場所」という一連の流れ。今日は約350袋のドロを移動させました。(ボランティア・センターから受けた200袋+その後の約150袋)

 朝9時過ぎから午後2時まで15kg/袋とすれば約5トンの土を10人で撤去したことになります。同じ場所で一緒に仕事をしていた他県社協さんからは、「張り切りすぎ、ボランティア活動は持続可能な範囲で活動しないと続きませんよ」というアドバイスでした。ともあれ、少しでもお役に立てたことに感謝です。

 夕刻、自宅に帰りました。今週末は江田島・能美・大柿の3八幡宮の祭りです。私は地域ボランティア(自治会)として新宮八幡宮大祭(大柿町)に参加します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

オリーブ実の買取に向けて

晴れのちくもり

Img197  今日の中国新聞から。江田島市が「オリーブ構想」を打ち出したのが4年前の2010年(平成22)。市が補助した苗木配布も含めて今では400世帯、6,000本という。

 先日、オリーブ振興協議会からのアンケートがありました。今年の品種別収穫量及び利用方法(買取に応募する意思があるか、それとも、自家用消費)のヒアリングです。江田島オリーブ㈱が今秋から100g単位で果実の買い取りを検討しています。

 私の家では市の補助制度を利用した苗木(4本)とそれ以外に20本強を鉢植え・地植えで育てています。まだ市補助制度を利用した木には100gも実がついていません。それ以外では目分量でミッション種600g,、ネバディロブロンコ種で1000gといったところです。今回は自作新漬けに挑戦しようと思っています。

 尚、江田島オリーブ㈱が以下の日程で果実買取要項の説明会を開く予定になっています。育てている方は是非、参加してみてください。

9月18日(木) 江田島公民館 19:00~20:30
9月20日(土) 中町公民館  10:00~11:30
9月25日(木) 沖美支所   19:00~20:30
9月27日(土) 大柿公民館  13:00~14:30

※お問い合わせ: 市農林水産課オリーブ振興室 (担当:浜西室長、山本専門員) 電話:0823-40-2770 

 10月25日(土)には沖まちづくり協議会主催の「第4回えたじまオリーブ・ミュージアム祭典」が予定されています。(→第2回(2012年)第3回(2013年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

市営船の公設民営化、半年延長の影響

晴れ

Img196  先日の中国新聞記事から。当初は来年4月から市営船を指定管理者によって運航することになっていましたが半年遅れて来年10月からということになりました。(→8/19記事 

 9月定例会でも一般質問しましたが、半年の延期で市の財政負担というと直営による純損失があります。平成25年度決算では一般会計からの補助金5,066万円を繰り入れて経常損失が3,960万円。補助金がなければ約9,000万円の赤字です。

 延期になった理由は相応のものがありますがそれによる財政への負担は大きい。

延期の理由

○専門機関(一般社団法人地域公共交通総合研究所等)による支援を受けつつ、市、受託事業者相互にとって、数年間の指定管理期間に耐えうる適切な運営条件を設定するための検討期間を確保するため。

○民間のノウハウを生かしたより良い提案内容による応募を可能とすべく、指定管理者の公募期間を十分に確保するため。

○勤務労働条件に大きな変更を伴う職員(公務員船員)の処遇について、丁寧かつ適切に対応するため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

賑わうまち@尾道

晴れのちくもり

10347533_702044456536256_2481147399 10381981_702044473202921_6635389065 墓参をかねて備後地区に行ってまいりました。左は尾道港界隈の県営倉庫を利用した現代アート。2012年から百島(ももしま)を基点に活動している団体(参考→過去記事)が本土側にも展示をしています。(→こちら

10670274_702047849869250_3471882617 10406368_702047859869249_2651311161  またサイクリストをターゲットにしたONIMICHI U2も賑わいを見せています。展示コーナーには広島県のサイクリングコースを紹介するパネルもあり、江田島市もご覧の通り。(写真右)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

第4回庁舎建設等検討特別委員会

晴れ

 昨日の定例会本会議終了後に開催された庁舎建設等検討特別委員会を傍聴しました。4月25日に開かれた全員協議会で「分庁方式による庁舎配置」とする方針決定の報告後(→こちら)の動きについて企画部政策推進課から説明を受けました。(資料→PDF

 「庁舎整備等検討本部」が設置され5月末から8月末までに4回の本部会議が開催されています。これからの動きとして庁舎ガイドラインの策定、庁舎整備等市民懇話会(ワークショップ=WS)、公共施設整備基金の設置等に取り組むことになっています。今年度のタイムスケジュールは以下のとおりです。

10月18日(土) 市民懇話会
        ・庁舎整備ガイドラインに市民意見を反映するためのWS

10月下旬    本部会議で庁舎整備ガイドライン(案)の取りまとめ
11月      パブリックコメントの実施
12月上旬    庁舎整備ガイドライン策定(HPで公表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

平成26年9月定例会(第3日)

 午後から9月定例会本会議が開催されました。平成26年度一般会計補正予算、国民健康保険特別会計補正予算、介護保険(保険事業勘定)特別会計補正予算の3議案、議員発議による意見書3件が可決されました。

 平成25年度12会計決算の認定については議員全員で構成する決算審査特別委員会を設置し、3常任委員会所管事務を3分科会に分割付託し、閉会中に審議することで9月定例会の全日程を終えました。分科会のスケジュールは以下のとおり。

文教厚生分科会  平成26年9月24日・25日
産業建設分科会  平成26年9月29日・30日
総務分科会    平成26年10月2日

 本会議終了後に庁舎建設等検討特別委員会を傍聴しました。詳細については別の機会に記します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H26第5回総務常任委員会

くもり

 午前中は総務常任委員会が開催されました。前回8月5日(→こちら)に開催された委員会で総務課・財政課から説明を受けたことについて委員間での意見交換が行われました。

 総務課関係では人事評価制度について昨年度からの能力評価、今年度からの係長以上の目標管理がスタートした試行段階であり、今後の動向を見守るという意見に集約されました。人材育成についてはいろいろ意見が出たところですが今後の調査研究も必要かと思います。

 財務課関係では一昨日の酒永議員の一般質問(→こちら)であったり、私の過去記事(→こちら)が主な意見交換のポイントとなりした。10月2日の決算審査特別委員会・総務分科会におていも質疑等がなされることになるでしょう。

 尚、本日の意見等を集約して次回委員会(10月23日)において中間的なまとめとすることが確認されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

平成26年9月定例会(第2日)

晴れ

 昨日に続いての定例会第2日。4人の一般質問のあと報告4件、同意1件、承認1件、11議案が上程され原案どうり可決されました。

 昨年6月定例会で一般質問させていただいた職員の「市内居住」について。(参考→創新18)花野議員が今日の一般質問で同様の趣旨及び本年度予算審査特別委員会総務分科会の個別意見(要望事項)を引き合いに出して執行部に問いました。

 執行部からは広島県内で福山市に同様の職員服務規程があることについて触れ(今年7月にブログで書きました。→14/07/25)、そして「市内居住」を明記している他都道府県の自治体及び福山市を含む複数の自治体に運用実態を問い合わせたとのこと。

 一様に市内居住についての服務規程は「形骸化」しており、江田島市としては職員服務規程に盛り込むことを考えていないという答弁でした。

 まったく前向きでないことを知り愕然としました。10年前の合併時538人いた職員が今では381人。(157人減)江田島市が本土と離れた島である特殊性を鑑みれば、進路予測できる台風ならいざ知らず、突発的な豪雨災害など、防災の観点からも約50名の職員(13.1%)が島外に居住していることの危うさを認識し、対応すべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

平成26年9月定例会(第1日)

晴れ時々くもり

 本日から9月定例会が始まりました。6月定例会以降の市長・議長による諸般の報告の後、会議録署名議員の指名、会期の決定(9/10~9/17)がなされたあと私を含めた6議員の一般質問がありました。

 私は4番目に登壇させていただきましたが詳細については別の機会に記します。

Img171  左写真は今日の中国新聞記事から。酒永議員の一般質問(安全・安心のまちづくりについて)の時に危機管理監の答弁でわかったことですが、この度の記事にある「防犯カメラ」設置は当初予算に計上していない事案です。江田島市も緊急を要する場合は積極的に対処するということです。

Img172  同じく酒永議員の質問(江田島市における資金運用について)で分かったこととして、合併して10年を迎える江田島市が「公金管理協議会設置要綱」(左写真)にある協議会を一度も開いていないという事実です。

 協議会の会長は会計管理者であり、市債権運用方針もなく、早期に開催をしたいという答弁がありました。実際、私自身も不知だったことを反省します。

 市長自身も今回初めてこの要項の存在を知ったことを認め、今後の資金運用について検討を重ねる趣旨の答弁がありました。

 総務常任委員会において8月5日の委員会で総務課関係(①人事評価制度、②人材育成)、財政課関係(③平成25年度決算見込、④今後、3年間の財政計画の推移見込)について現況調査をしたとろです。

 平成25年度時点で各種基金(貯金)を103億円有する市の資金運用についても調査の追加事項として検討していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

H26年9月定例会の日程

晴れ

 9月10日から9月定例会が始まります。日程は以下のとおりですが、議案等を含む詳細日程については市HPをご覧下さい。(→こちら

日程

会議名
日時
内容
平成26年第3回定例会
(初日)
平成26年9月10日(水)
午前10時開会
1.開会
2.諸般の報告
3.会議録署名議員の指名
4.会期の決定
5.一般質問
平成26年第3回定例会
(2日目)
平成26年9月11日(木)
午前10時開会

1.一般質問
2.議案審議

・報告

・同意
・承認
・条例制定,改廃(案)等

平成26年第3回定例会
(3日目)
平成26年9月12日(金)
午後1時開会
1.議案審議
・補正予算(案)
・平成25年度各会計決算認定一括上程
2.議員発議

 尚、10議員による一般質問は以下のとおりです。お時間のある方は是非、傍聴に来てください。

1日目: 9月10日(水)

   質問者
質問内容
酒永 光志
(1) 江田島市における資金運用について
(2) 安全・安心のまちづくりについて
片平 司

(1) エネルギー対策について

(2) 災害に強いまちづくりについて

山本 秀男 (1) 子ども・子育て支援事業について
(2) 法定外公共物について
胡子 雅信 (1) 市営船とドリームのうみについて
(2) 旧・大君小グラウンドの一部貸付による産業振興策について
(3) タブレット端末の導入検討について
平川 博之 地域包括ケアシステムについて
中下 修司

耕作放棄地対策について


2日目: 9月11日(木)

質問者
質問内容
上松 英邦 児童生徒の携帯電話(スマートフォンを含む。)・インターネットの利用について
花野 伸二 (1) 定住促進について
(2) 人材育成について
浜先 秀二 (1) 柿浦小学校統合計画について
(2) 漁港施設の管理について
上本 一男
観光振興について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

9月の第1日曜日

くもりのち晴れ

10622738_697775960296439_2032255228

 朝は薄曇りの天気。左は小用港の風景です。9月になって早晩は涼しくなってきました。明日は中秋の名月、いわゆる十五夜であり、旧暦の8月15日の月です。美しい月が見れるといいですね。

1620428_697788476961854_75942471148

 早瀬大橋のたもとにある『だし道楽』大君工場。江田島市・呉市・広島市・東広島市のほか、岡山・大阪・愛知・福岡・長崎などにも自動販売機を設置しているそうです。(→こちら)人気は全国区になりつつある江田島の特産品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

議会と議員の役割

晴れ

 11月中旬に開催予定の議会報告会ですが、まず初めに特別委員会等からの報告があります。内容は以下の3つについて昨年11月から任期が始まった新議会での審議経過等になります。

①議会基本条例
②交通問題(市営船の公設民営化)
③庁舎問題

 説明のあと、この3件の報告について質疑応答がなされ、これに続いて市政全般について市民と出席議員の意見交換という流れになります。

1409051_3

 開かれた議会を目指す江田島市議会ですが、議員・市議会の仕事(役割)を理解していただくには市長・市民・議会の関係について左写真のように図式化すると分かりやすくなります。

(1)市民は市に税金を納め、その対価として行政サービスを受けます。
(2)市長は議会に対して予算や条例など市政に関する成案を行います。
(3)議会が市長提案に対して議決し、市長はその議決により市政を行います。
(4)議会は市政が議決どおり執行されているかチェックします。

1409052_3

 また、江田島市を『株式会社』にたとえてみると左の写真のようになるのではないでしょうか。市長・市民・議会の関係も分かりやすく、議員や議会の役割が見えてくるのではないでしょうか。

(1)市長が社長であり、部長が役員ということになります。
(2)市民は税金というかたちで投資をする株主であり、行政サービスをうけるお客様でもあります。
(3)市民でもある議員は株主である市民の皆様から委任された株主代表です。
(4)議会の定例会は株主総会といえます。
(5)株主代表である議員は市民(株主)全体の利益のために活動しなければなりません。つまり、一部団体や特定地域の代表であってはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

市民にわかりやすく

雨時々くもり

140904ohkimiproposal

 左は江田島市の産業振興に係る公募型プロポーザル募集(旧・大君小グラウンドの一部貸付)の審査結果。本日、市のHPで公開されました。募集要項では6月6日に個別交渉順位の決定とあったので当初予定より約3ヶ月遅れの公表ということになりました。ともあれ、大君地区の地域活性化および江田島市の陸の玄関口の賑わいに繋がればと思っています。(審査基準・配点→PDF

140730led_etajima

 左は同じく公募型プロポーザル募集で行われた「江田島市防犯外灯LED化ESCO事業」の最優秀提案者の選定結果。(7月23日に選出され、7月30日にHPで公開)上と違うのは総合評価点が公開されているということです。
 これから市の所有財産を有効に利用するために公募型プロポーザルや指定管理者選定などが増えてくることが予想されます。市民にとってわかりやすい選定方法及び結果の公表が求められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

改革の一つです

 本日の議会運営委員会において意見書の取扱いについて協議するときに出た事案です。議案提出について賛成者が何名必要か、ということが話し合われました。現行の会議規則では、議案の提出について以下の通りとなっています。

(議案の提出)
第14条 議員が議案を提出しようとするときは,その案を備え,理由を付け,法第112条第2項の規定によるもの(議決すべき事件→法第96条)については所定の賛成者(定数の12分の1以上=定数18人では2人)とともに連署し,その他のものについては5人以上の賛成者とともに連署して,議長に提出しなければならない。
2 委員会が議案を提出しようとするときは,その案をそなえ,理由を付け,委員長が議長に提出しなければならない。
※「法」は地方自治法。

 第1項にある『5人以上』とされた理由としては、10年前に発足した市議会の定員が53人であったことが挙げられます。地方自治法第112条第2項の12分の1以上にならってその他のもの(例えば、意見書)について人数を決めたということになります。53÷12=4.4、つまり5人ということになります。

 今日の協議では、昨年10月の改選により定数が18人になったこともあり、地方自治法第112条第2項の規定によらないもの(その他のもの)についても定数の12分の1以上(=2人以上)を準用すべきという見解で全員一致。全議員で構成する全員協議会に諮るタイミングを考慮し、12月定例会にむけて会議規則の改正がなされることが確認されました。

 意見書の取り扱いについては議運(6人)で諮られており、現行の会議規則では1名が賛同しない場合は5人以上の賛成者がいないため議会に上程できません。そういった意味で改革の一歩ということになります。

(議案提出)
第112条 普通地方公共団体の議会の議員は、議会の議決すべき事件(第96条)につき、議会に議案を提出することができる。但し、予算については、この限りでない。
2 前項の規定により議案を提出するに当たつては議員の定数の12分の1以上の者の賛成がなければならない。
3 第1項の規定による議案の提出は、文書を以てこれをしなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

議会運営委員会~H26年9月定例会

くもり

 午前中は議会運営委員会に出席しました。主な内容は9月定例会の議事日程についてです。報告4件、同意1件、承認1件、議案26件、意見書2件が上程されることになります。

 一般質問は18名の議員のうち10名が17項目について質問することになりました。尚、9月定例会に上程される平成25年度決算認定(12会計)については閉会中の審査になります。日程については以下の通りとなります。詳細については、後日、市HP(議会)に掲載される予定です。

○9月定例会
会期日程:平成26年9月10日(水)~9月17日(水)の8日間
第1日:9月10日 10:00~一般質問6名
第2日:9月11日 10:00~一般質問4名、報告4、同意1、承認1、議案11
第3日:9月12日 13:00~議案15(うち平成25年度決算12)、発議2

○決算審査特別委員会予定(いずれも9:00から開催)
総務分科会  :10月2日(木)
文教厚生分科会:9月24日(水)~25日(木)
産業建設分科会:9月29日(月)~30日(火)

○その他
・議会報告会に関する次回議運は10月7日(火)10:00
・広島市8・20豪雨災害義援金は9/10に取り纏め広島市議会に贈る予定。
・市議会の広島市土砂災害ボランティアについて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

2014年の十五夜は9月8日

くもり時々晴れ

10492569_694715763935792_8848217887

 今宵の月は月齢7.5の上弦の月。今年の中秋の名月は9月8日(月)。例年は9月中旬〜10月初旬ですが38年ぶりとなる早い時期に訪れるそうです。ちなみに去年は9月19日でした。(→こちら

※中秋の名月:別名十五夜。旧暦8月15日の夜に出る月のこと。

 あす午前は議会運営委員会です。9月定例会の運営及び議会報告会に関する議運の次回開催日程などが協議事項になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

能美海上ロッジ等の整備方針検討(その1)

くもり一時雨

Img170 9月に入りました。左写真は先日の中国新聞から。今年度、能美海上ロッジのあり方に関する整備検討事業を計画しています。

 開業45年以上経過し、老朽化が進んでいるため、シーサイド温泉のうみ、サンビーチおきみの2施設を含め、来年3月末を目途に今後の整備方針の意見書を取り纏めます。

 検討に当っては市外からの有識者や市内関係団体等から10名を能美海上ロッジ整備方針検討委員会の委員として委嘱します。8月に委員(1名)の一般募集がなされました。

 尚、検討に関する資料作成については7月に公募型プロポーザル方式で業者選定しています。(→こちら)第1回委員会は9月下旬開催とのこと。よりよい施設整備のため、検討委員会の皆さんにはしっかり議論していただきたいと思います。

※2009年(平成21)の三施設(能美海上ロッジ、シーサイド温泉のうみ、サンビーチおきみ)に指定管理者制度を導入して一体運営することに関する記事(→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »