« 権限移譲に対応できているか | トップページ | 議会報告会の実施計画について (その1) »

2014年6月25日 (水)

持続可能なまち、そして議会改革を目指せ

晴れのちくもり

Img144  今日、左写真の本を買いました。『すべての町は救えない』という衝撃的な見出しです。P46から一橋大学大学院法学研究科・辻 琢也教授の『全国の中枢拠点都市に集中投資せよ』と題した寄稿があります。

 先日来、ブログ等で話題にしている件であり、大いに共鳴できるものです。ご興味のある方は是非、読んでみてください。

 さて、明日午前に議会運営員会が予定されています。協議事項は以下の通りです。

(1)議会報告会について
ア.行政視察研修(安芸高田市議会、三次市議会)まとめ
イ.議会報告会実施計画について

(2)その他

 先日、日経新聞(6月16日)にも取り上げられた「議会改革ランキング」。(→過去ブログ) 廿日市市議会議員・荻村文規さんのブログに面白い記事がありました。この記事に広島県内14市のランキング表が部分的ですが見ることができます。

 江田島市議会ですが県内14市の中で第9位のようです。(全国でも813市区議会で367位→こちら))評価基準など色々あると思いますが前回に比べて大きく順位を上げたのは「議会基本条例」の制定があります。

 今年度、議会報告会を開催することによって次回はもう少し上に行くのではないだろうか。ただし、民意を無視した形式的なものであっては意味をなさないのであり、この点は明日の議運においても訴えていきたい。

|

« 権限移譲に対応できているか | トップページ | 議会報告会の実施計画について (その1) »

江田島市議会」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

広域連携・観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持続可能なまち、そして議会改革を目指せ:

« 権限移譲に対応できているか | トップページ | 議会報告会の実施計画について (その1) »