« 県立高校存続と広域連携モデル | トップページ | ひとつぶくん、今年も販売スタート »

2014年6月 3日 (火)

税関の役割

くもり

Img133  昨日、山口県が梅雨入りしたそうです。今週中にも広島県も入梅かもしれません。

 さて、左写真は税関行政についての資料の表紙です。『税関』というと海外旅行の帰りに手荷物検査などで係るくらいでしょう。どんな仕事をしているか意外と知られていないかもしれません。

 組織的には財務省内にあり、輸出入の貨物審査及び関税・消費税を徴収するところです。(人の出入りに関しては法務省の入国管理局。船・航空機は国土交通省の運輸局・保安庁。)

Img135_2  近年、税関が力を入れているのが①外国からの不正薬物(麻薬、覚せい剤、MDMAなど)の【水際】での防止、②知的財産権を守ることが重要なテーマになっています。左写真が②の案件に関するデータ。地域別の輸入差止件数の仕出国のトップが韓国から中国に移ったところが興味深い。

|

« 県立高校存続と広域連携モデル | トップページ | ひとつぶくん、今年も販売スタート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 税関の役割:

« 県立高校存続と広域連携モデル | トップページ | ひとつぶくん、今年も販売スタート »