« イワシ漁の季節です | トップページ | 平成26年6月定例会(第2日)と第3回交通問題調査特委 »

2014年6月12日 (木)

平成26年6月定例会(第1日)

くもりのち晴れ(夕方雷雨)

 今日から6月定例会が始まりました。本日は私を含めて5名の議員による一般質問が行われました。私の一般質問については別途、掲載します。

 その後、議員(議会事務局含む)のみによる全員協議会が開催され、広報特別委員会(議会だより編集に関しての申し合わせ事項変更)及び議運(基本条例関連)で決まったことについての周知がなされ、全議員が了承しました。

Img140 左は本日の中国新聞から。昨年9月の「いじめ防止対策推進法」の施行を受け、今年3月19日に「広島県いじめ防止基本方針」(→こちら)が策定されました。県内では福山市でも策定され(→こちら)、東広島も記事の通りです。

 明日、定例会で以下の2つの附属機関を設置する条例案が議事日程にあります。

①教育委員会いじめ問題調査委員会
 「いじめ防止対策推進法」第28条第1項に規定するいじめによる重大事態について調査する附属機関が必要となるため。

②いじめ問題調査委員会
 ①の委員会調査結果について、必要があると市長が認めるものを調査するが附属機関必要となるため。(再調査のための委員会)

 ①の委員構成は案として第三者の専門家(心理や福祉の専門家、学識経験者、元警察官及び弁護士等)となっており、②についてはどのような委員構成を想定するか現時点では分かりません。

 同じような委員会が2つも江田島市に必要かどうか。(構成メンバーの確保ができるのか)県には広島県いじめ問題調査委員会があり、①の組織で出された結論に対して市長が疑義を抱く事案であれば、広島県いじめ問題調査委員会に再調査を要請すればいいのではないかと思うのですが。

 江田島市教育委員会から「江田島市教育委員会いじめ防止基本方針」(案)の提示はありますがいつ決定するのか確認したい。国の「いじめ防止基本方針」(→こちら)が平成25年10月11日に決まり、「いじめ防止対策推進法」第12条(努力規定)に示す『地方いじめ防止基本方針』江田島市版も策定が必要ではないか気になります。

いじめによる重大事態
1.いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。
2.いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。

|

« イワシ漁の季節です | トップページ | 平成26年6月定例会(第2日)と第3回交通問題調査特委 »

江田島市議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年6月定例会(第1日):

« イワシ漁の季節です | トップページ | 平成26年6月定例会(第2日)と第3回交通問題調査特委 »