« H26年 憲法記念日 | トップページ | 岩国との連携を模索 »

2014年5月 5日 (月)

先進地、周防大島へ

雨のち晴れ

10257078_632162256857810_8562632880 20140505_133604  GWも後半戦の子どもの日。瀬戸内で元気な島の一つである周防大島町を訪れることにしていました。面積は138.17㎢、人口18,748人。(江田島市は面積100.98㎢、人口26,045人)

 その途中に米海兵隊岩国航空基地に立ち寄る。(海上自衛隊岩国航空基地はこの基地内にあります。民間機利用の岩国錦帯橋空港が隣接しています。)

 毎年、5月5日には日米親善デー(MCAS Iwakuni friendship day)として一般公開されます。初めて訪れましたが、市民と基地が共存共栄していることを体感しました。

10172675_632230496850986_4546346923 10255938_632230510184318_1947656856  お昼3時過ぎに周防大島へ到着。早速、『里山資本主義』という本や NHK『里山のチカラ』でお馴染みの瀬戸内Jam's Gardenに行ってきました。

 ご主人が奥様の郷里である周防大島でジャム作りを通して地域の活性化に一役買っています。江田島市も柑橘、イチジク、イチゴ等々、果樹栽培に力を入れてきた島です。毎年、収穫期には山々に黄金の果実を見かけますが、そのままの状態になっているのが実情です。

 いきなり柑橘栽培といっても、苗を植えて直ぐに実がなるわけではありません。先人や先祖が植えた大切な果樹を有効活用する手立てを官民協力しながら考えていきましょう。例えば、民泊修学旅行生に摘み取ってもらってゼリー作りやジャム作りなどの体験をしていただくのもありではないでしょうか?

|

« H26年 憲法記念日 | トップページ | 岩国との連携を模索 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

広域連携・観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先進地、周防大島へ:

« H26年 憲法記念日 | トップページ | 岩国との連携を模索 »