« 対中関係、どうなるのか | トップページ | 週末の3会議について »

2014年4月22日 (火)

尾道市議会も基本条例制定へ舵を切る

くもり

Img091  今日の中国新聞から。尾道市議会もいよいよ議会基本条例の制定に向けて大詰めを迎えているようです。

 4月30日の全員協議会で説明し、6月定例会には議員発議において条例案を提出する方針を議会改革特別委員会が固めたというもの。素案を5月1日に市議会HP等で公開し、パブリックコメントを反映させたうえで最終案を取りまとめるという流れになっています。

 基本条例には市民対象の議会報告会を開くことが明記されています。県内の14市のうち議会報告会を開催しているのは昨年度まで7市です。(先日のブログに写真掲載→こちら

 基本条例が先か、議会報告会が先か、というと「鶏と卵」の議論になってしまします。因みに、議会報告を全国に先駆けて開催した北海道栗山町議会や広島県で最初に行った三次市議会は議会基本条例が後に制定されています。

Img092  このたびの新聞記事に尾道市議会の議会改革特別委員長談として『条例をつくるだけでなく、どのように実行していくかを重視したい』とあります。全くその通りであり、制定することがゴールではなく、実践することが重要です。

 今年6月に条例案が可決されたとしても来年度から運用されることになると思います。左写真のとおり(出典:広島県HP→こちら)、来年4月に市長・議会議員選挙が予定されます。新議会が制定されるであろう基本条例をどう運用していくか気になるところです。

|

« 対中関係、どうなるのか | トップページ | 週末の3会議について »

議会改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾道市議会も基本条例制定へ舵を切る:

« 対中関係、どうなるのか | トップページ | 週末の3会議について »