« 交通問題調査特委の方向性 | トップページ | 議会タブレット導入の現状 »

2014年2月20日 (木)

平成26年度当初予算

晴れ

Img042  本日、江田島市の平成26年度予算についてプレスリリースがありました。一般会計予算は対前年度6.4%減の142億9,800万円。し尿処理施設更新整備や能美中学校新築などの大型投資案件が完了したことで投資的経費として8億6,280万円減となっていること等が予算額縮小の原因です。

Img043 Img044  一般会計の歳入(左)と歳出(右)の項目別割合は左写真の通りです。

 歳入(収入)では、市税(市民税、固定資産税、軽自動車税、たばこ税、入湯税)が9,040万円減の26億800万円。そのうち納税義務者数の減少や個人所得の減少で市民税が6,914万円減少の見込み。

 歳出では人件費が22.3%の割合を占めます。前年度比2億892万円減の31億8,332万円ですが、市税(26億800万円)では賄いきれないのが現状です。公債費(借金の元利償還)は16.3%の23億3,180万円。

 平成26年度末の地方債(借金)の残高見込みは269億4,667万円(うち一般会計は188億7,415万円、下水道事業会計59億8,330万円、水道事業会計15億1,050万円)。個別的な事業内容については、別に記したいと思います。

|

« 交通問題調査特委の方向性 | トップページ | 議会タブレット導入の現状 »

江田島市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年度当初予算:

« 交通問題調査特委の方向性 | トップページ | 議会タブレット導入の現状 »