« 第13回議会改革特別委員会 | トップページ | 府中市議会、初の議会報告会へ »

2012年11月28日 (水)

平成24年第6回全員協議会(その1)

晴れ

 1126日に開催された第6回全員協議会の議題にあった「深江釣附地区農地造成状況」について。

121126olive1 121126olive2 平成23年度からスタートしている「江田島オリーブの島構想」。(平成233月に市が購入代金の一部補助をしたオリーブ苗木の配布をしており実質的には平成22年度スタート。) これまでの当初予算での農地造成等への金額は、

平成23年度当初予算   5,624万円
平成24年度当初予算 1785万円


平成24年度事業の進捗状況については以下の報告がありました。


【契約内容】

 ①深江地区農地造成工事
   工期: 着手 平成24728日~ 完成 平成25228

   工事内容: 農地面積4.3ha(土砂掘削・盛土・排水路工・防災工)

   請負業者: ㈱岡本組


 ②深江地区かんがい施設整備工事

  工期: 着手 平成241114日~完成 平成25315

   工事内容: ファームボンド1基、送水管敷設、取水ポンプ・加圧ポンプ各1基、電気設備

  請負業者: ㈱藪下組


※平成2410月末の進捗率 約45%

 
平成2412月に深江地区かんがい施設整備工事(2工区)が発注される予定。

 尚、平成24年度に一部完成する農地造成地の植栽面積3ha(全体計画植栽面積6.7haのうち44.8%)に参入企業の1社である江田島オリーブ㈱が1,000本(全体計画本数2,300本)を植栽する予定。

 この植栽に伴って12月定例会で「江田島市オリーブ園設置及び管理条例案」を上程する説明がありました。主な条例案の内容としては、

(1)設置目的及び施設の名称・位置
  目的:江田島ブランドによる農作物の販売による地域の活性化

  名称:深江地区オリーブ園

  位置:江田島市大柿町深江字東川3248番地1


(2)事業及び利用許可

   農業参入企業によるオリーブ栽培及び関連作業を行う。

   利用許可については、農業参入企業から利用目的・範囲・利用期間等を記載した「事業計画」により申請をし、市長が許可する。


(3)使用料

  施設使用料は、年額、1㎡当たり24円とする。


(4)使用料の特例

  参入企業の安定経営の視点から、平成24年から平成29年度までの使用料は徴収しないこととする。

各議員から質疑内容としては以下の通り。

■造成事業費用の市費分(総事業費25,700万円の約35%)を回収するのに平成30年度から使用料40年間で回収する案は大丈夫か。(6.7ha40年間貸し付けると6,432万円)
■元金のみの回収で利息分はどうなるか。

■使用料は植栽地面積のみということか。

1027_gikai_201105_p0809 ただ、使用料等についての質疑はこれまでの全員協議会等でも一旦議論しています。その後、左写真の通り、平成23年3月定例会で土地改良事業計画が賛成多数で可決され本事業がスタートしました。

(参考)2010年(平成2211月の全員協議会で説明された時の資料より
 場所     江田島市大柿町深江地区
 造成工    12ha
 費用概算   25,700万円(内地方事務費1,200万円含む。)
         地方事務費を除く比率と負担金額は、
         国50% 12,250万円
         県15%   3,675万円
         市35%   8,575万円
 事業期間  平成23年度~26年度

※平成26年の完成後に有償で土地使用貸借を結ぶ。

Img040 (追記)11/28の中国新聞記事を添付します。



20120309_154842 (追記2)今年(平成24)3月9日に撮影した造成地の写真を添付します。

|

« 第13回議会改革特別委員会 | トップページ | 府中市議会、初の議会報告会へ »

江田島市議会」カテゴリの記事

オリーブ・レモン(柑橘)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年第6回全員協議会(その1):

« 第13回議会改革特別委員会 | トップページ | 府中市議会、初の議会報告会へ »