« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

2012年10月もラスト

晴れのちくもり一時雨

549027_378295592244479_1463804862_n  10月も今日で最後。午前中はいいお天気でしたが、お昼には一時雨。夕方もパラパラ降っていました。左写真は広島・出島地区の広島国際コンテナターミナル。

 今日は神原汽船(本社、福山市)の日中航路コンテナ船が接岸・荷役していました。コンテナは雨によって荷役が左右されることはありません。ベトナム戦争時に米軍の物資輸送で大いに利用され、現在では製品等の輸送ではほとんどがコンテナに替っています。邦船では日本郵船が1968(昭和43)年に北米西岸航路に日本初のフルコンテナ船「箱根丸」を就航させ、コンテナによる定期輸送を開始しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

第二音戸大橋

晴れ

20121031_071558  日々、朝の冷え込みも増してきました。昼間の温度差によって体調を崩さないようにしないといけません。

 第二音戸大橋。朝の通勤ラッシュなどの解消に大いに期待できます。利用者の長年の夢でした。いよいよ来春供用開始予定です。平成10年代後半とか20年代前半などと完成時期はいろいろ変わりました。ひとつの橋がかかるには相当の時間がかかります。

 一方で、この橋の完成に伴い、江田島市から呉・広島を結ぶフェリーや高速船などの利用者が減少するだろうという予測もあります。市としても海上交通の維持という大命題に向けて頑張っていますが、利用者も市・運航事業者とともに一緒になって航路維持について考えていきましょう。私も一利用者として協力していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

国道487

晴れ

387_142155  いよいよ10月も残すところあと3日になりました。広島市内にでると左の道路標識があります。国道487号。呉から倉橋島~大柿~能美、ここから海、津久茂~切串へ。そして海を渡って広島へと繋がっています。

 江田島市は面積としては100km2とコンパクトではありますが、Y字型の島。津久茂架橋など構想もありますがまだまだ遠い先。

 一方で切串から広島が国道487号で繋がれていると見るならば、フェリーがまさしく国道だといえなくもありません。海上交通の利便性の確保は江田島市にとって生命線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

文化祭と自衛隊記念行事 2012

曇りのち晴れ

20121028_091211  昨日から天気が心配されていた10月最後の日曜日。朝、母校である大柿中学校の文化祭にお邪魔しました。8:50からは陀峯太鼓の演奏から始まり、学校長・生徒会長のあいさつで幕が開かれました。その後、全校生徒による合唱。生徒の皆さんがとても生き生きとしていたことが印象に残ります。

20121028_112008 Img_5005  そのあと、江田島町にある海上自衛隊第1術科学校で開催された自衛隊記念日式典に出席しました。今年で自衛隊が発足して60年という節目の年。

 江田島にとっては旧・帝国海軍の兵学校が東京・築地から移転してより124年といいます。お互いが共存共栄してきた歴史がありますが、これからもそうありたいものです。

20121027_123341 左の写真は、昨日、呉地方総監部でご挨拶した在日米陸軍秋月弾薬廠 第83兵器大隊司令のマッカーリー中佐(左)と副官とのスナップ。江田島町秋月にある弾薬庫に併設する野球場は芸南地区(呉・江田島)の軟式野球大会で利用させていただいています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

庄原市議会の取り組み

 江田島市議会として昨年6月に議会改革特別委員会を設置し、現在、11回の委員会を開催しています。審議項目の2/3程度を終えた段階で特別委員会としての「報告会・意見交換会」を開催することを予定しています。

Kondankaisiryou201210  県内では同じ時期に庄原市議会が議会改革特別委員会を設置し、議員定数・議員報酬・政務活動費について調査審議されています。10/22から議会改革特別委員会委員8名が、2班に分かれて市内全地域7カ所で懇談会(→こちら)を開催しています。大いに参考になります。写真はその資料の最終頁です。広島県内市議会の定数・議員報酬・期末手当・政務活動費の状況一覧表です。(当日資料→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

思うに~光回線のアンケート

晴れ

 一昨日、江田島市による「光回線のアンケート」のことを書きました。(→こちら) 光ネットワーク整備事業について大いに期待している人たちもいます。医療系では大量のデータ送信も必要な訳で今の江田島市にあるADSL等のブロードバンドでは限界というか時間もかかってしまうこともあるでしょう。

 また、中山間地、徳島県神山町の例をあげて、江田島市に魅力を感じて企業や若者が定住することに活路を開いたらどうか、というご意見もあります。(参考:神山町の例→、 

 今回のアンケートについて、「誰に訊くかでアンケート結果は大いに差が出るのでは?」という意見もあります。確かにそうかもしれません。この点は議会でも質疑されました。市からは2,000のサンプルで分析可能とのコメント。民間企業が設備投資をしない環境の中で、国や市のお金(税金)で整備するとなれば一定の調査をしなければなりません。

 早急に事業化しないことを、市が前向きでない、と思われる方もいるでしょう。しかし、設備投資には多額の費用がかかります。整備はしたが大きな赤字をだしてしまう、となれば、市民益にはなりません。もちろん、企業誘致するための先行投資、という側面もありますが、まずは、現在住んでいる市民の方々がどの程度、加入していただけるのか、という基礎的調査には意味があります。個人的には、すぐにでも欲しい光ネットワークです。

 地形や面積の違いで比較することはできませんが、ご参考までに、現在整備中の安芸高田市(→こちら)。公設民営化で整備していますが、平成23年度予算額は31億1,000万円。(国庫補助金10億3,300万円、合併特例債19億7,310万円、一般財源1億390万円) 総事業費は40億円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

第11回議会改革特別委員会

晴れ時々くもり

 13:30より議会改革特別委員会が開催されました。1名欠席で8名による委員会が開催されました。今日の審議事項は以下の通りです。

(1)委員会審議の充実について
(2)委員会のあり方について
(3)委員会視察について
(4)出前委員会の開催について
(5)所管事務調査について

 地方議会では常任委員会、特別委員会、議会運営委員会という委員会があります。議会の仕組については江田島市HPをどうぞご覧ください。(→こちら

①常任委員会
  所管事務の調査及び議案、陳情などの審査。江田島市では総務、文教厚生、産業建設の3つの委員会があります。

②特別委員会
  特定の案件について条例によって設置される委員会。江田島市では議会広報、交通問題、議会改革、決算審査、予算審査など。

③議会運営委員会
 議長の諮問的な機関として議会運営に関することを決める。(議会の取締役会)

 今回の「委員会」とは「常任委員会」のことです。委員会の機能を発揮するためにどうあるべきかを審議。(1)、(2)、(5)は同質の問題であり、各常任委員会で年度初めにテーマを決め、中間・年度末でPDCAを行い、議会全体として各常任委員会の活動状況を共有する。

(私見ですが、議会としてやるべきことが出来てなかったと反省。各議員が個別案件でそれぞれが活動していたということ。)

 江田島市においては「全員協議会」(→こちら)という法的根拠のない事実上の会議が重んじられてきました。次回の審議事項に追加となりますが、定例会・臨時会で上程される議案について、重要な案件や補正予算案等を「委員会付託」(江田島市議会会議規則第37条)すべきかどうかの議論をすることになります。

(3)については、今年度より政務調査費導入(議員個人としての活動費)されましたが、機関としての議会に付属する委員会としての活動は必要ということで今後も必要に応じで行うことを確認。

(4)について。「常任委員会」の開催場所を議会棟に限定せず、分庁舎・支所などで行うことで市民の関心や傍聴をしやすくする、という趣旨。ただ、開催場所を転々とすることでは好ましくなく、今後の「委員会活動の充実」を先行すべし、の結論。

 一方で、「委員会」として市民の要請に応じて、個別案件についての審査の経過等を説明する「出前講座(報告会)」は積極的に行わなければならないと思っています。もちろん、「議会」としての「議会報告会及び市民との意見交換会」の仕組づくりも大切です。

 次回の第12回議会改革特別委員会は11月8日(木) 13:30~、江田島支所敷地内の議会棟で開催予定。委員会条例第19条では、「委員会は、議員のほか、委員長の許可を得たものが傍聴することができる」と規定されています。

 傍聴ご希望の方は議会事務局(電話:0823-42-6310)までご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

情報通信基盤整備事業のアンケート

晴れ

 今日、twitterで「江田島市が光回線のアンケートを実施している」内容のつぶやきがありました。9月定例会で情報通信基盤整備事業として、超高速ブロードバンド化事前調査委託料100万円を予算化したことによります。光ネットワーク整備事業を進めるかどうかアンケートを2,000サンプル取って需要動向を探るというものです。(過去記事→こちら

Shobara1anketo 広島県内では未整備である市町では来年度(H25)スタート予定の安芸高田市、H26年度スタート予定の安芸太田町、庄原市です。まったく整備されていない、若しくは、計画がないのは、唯一、江田島市のみと市から説明を受けました。

 アンケート状況等で採算ベースに合えば平成26年度スタートとして整備していく予定とのこと。ちなみに、写真は庄原市のアンケートにおける住民(個人)のインターネット月額利用料金。(ただし、アンケート配布数2,500人のうち回収率は34.2%の855人。利用している人は23.4%の200人。)

(参考)
・庄原市情報政策課「高速情報通信網整備に関するアンケート結果」→こちら
・安芸高田市の「光ネットワーク事業について」→こちら
・広島県内ブロードバンド整備状況(平成23年1月1日現在)→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

Jアラートの電子メール利用について

Img036

Img_4915

 今日の中国新聞記事より。9月12日に行われた「J-ALERTを使用した全国一斉自動放送試験」、これについて電子メールを利用したのは中国地方5県107市町村のうち10市町のみ。江田島市は事前登録者にメール配信する方法をとった。もちろん防災無線でのスピーカー放送はされていました。右の写真は私が登録していた携帯メールの受信画面です。
 今回、中国新聞が記事を掲載した背景としては、「聴覚障害者への配慮」という観点。音声が聞こえない人には、メールという文字媒体が緊急時には有効である、という関係団体の意見もあります。いろいろな問題点が浮かび上がってきました。江田島市としても問題点をひとつひとつ潰していくことで最良の方法を導き出さなくてはいけません。

(参考)Jアラート=全国瞬時警報システム
 国が緊急地震速報、津波警報、有事情報等を、人工衛星を介して各自治体の受信機に1、2秒で送信するシステム。(Jアラート概要→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリーブオイル、ただいまろ過中

雨のち晴れ

 昨夜からの雨もお昼前にはやみました。昨日は暖かかったのですが寒冷前線の通過です。今朝は一転肌寒かったですね。風邪等ひかないよう体調管理が難しいところです。江田島オリーブ㈱の農場長、木村佳晶さんのtwitterでは、先週の金曜日、搾油機でとった江田島産オリーブのろ過していることろが呟かれています。(→こちら) 意外と手間暇がかかる作業です。(参考記事→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

海の再生

晴れのちくもり

20121023_062126  今日の中国新聞から。10/21(日)に広島湾エコクルーズが広島湾再生推進会議の主催で開催されました。広島・宇品港から中町港や江田島湾内の海草群生地を巡ったそうです。広島大大学院の山本民次教授の解説として「海水はきれいになったが、護岸工事の影響で自然海岸は減った」。

 確かに私が小さいころよりも自然の浜辺が減っています。道路拡幅のための埋め立て、高潮対策、港湾の整備等が要因です。自然災害の復旧によるもの、便利さの追求によるものといろいろ理由はあります。海をきれいにすることも必要ですが、山を育てることでミネラル等の栄養ある河川の水が注ぐことによって海も生き返ります。

参考:広島湾再生プロジェクトHP(→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

5km、完走しました@第27回ヒロシマMIKANマラソン

晴れ

Img_4823 Img_4822  秋晴れのもと、第27回ヒロシマMIKANマラソンが開催されました。久々にランナーとして参加。

 過去に参加したのがファンランの1km。従兄の子どもたち(当時は大古小学校児童)に笑われてしまいました。

 それ以前に2年連続で江田島市議会として江田島市駅伝大会に参加して2km弱のコースできつい体験をしていたので敢えて1kmでした。

554058_374275675979804_1159293998_n  今回は3kmを飛び越えて5kmコースに参加。日ごろ体を鍛えていなかったので不安もあったのですが、無事、完走することができました。ホッとした瞬間が左の写真です。

Img_4887 左写真は3km小学校低学年の部の表彰式。「オリーブの島構想」を掲げる江田島市。マラソンの勝利者に「江田島産」のオリーブ冠!

 かつて、1999年(平成11年)3月7日開催(当時28歳)の三浦国際市民マラソン大会のハーフマラソン(21.098kmか)に練習もせず出場したことがあります。記録は2時間06分09秒。もう一度ハーフマラソンにエントリー出来る日がくるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

江田島を満喫

晴れ

224448_373867916020580_92051745_n  今日も気持ちいい秋晴れの一日でした。朝8:00に深江漁協を訪問。組合長といろんなお話をしてきました。そのうちの一つとして、今年度、江田島市はアサリ調査事業委託事業(育成実証試験)として100万円の予算を計上しています。

 委託事業の募集を開始しており、市内の漁協組合の協力を求めています。400㎡で400kgのアサリを飼育するのですが費用は25万円。つまり4つの実験場所。市内11漁協で興味を示しているのは6漁協。もちろん深江漁協も立候補しています。(沖漁協の挑戦→参考過去記事)写真は深江漁協からのもの。目の前の島は瀬戸内海、最大の無人島、大黒神島。

68048_373933762680662_234987266_n  お昼御飯は「海辺の新鮮市場」。グレの刺身をチョイスしてマツタケご飯とチヌ飯をいただく。美味しかった!訪れた時間は13:.00前でしたが、たくさんのお客さんで賑わっていました。子ども連れ(小学生)のご夫婦はこれからサイクリングをしたいということでレンタサイクルを置いている中町港に向かいました。楽しいサイクリングになったことでしょう。

Img_4806  その後、ふるさと交流館に立ち寄って切串方面へ。山々も徐々にですが紅葉をしています。赤と緑のコントラストがとってもいいですね。自然豊かな江田島市であることを再認識。

 切串地区で島豚・地鶏などを生産している「ポークアンドチキン」さんの養鶏施設にお邪魔しました。ナゴヤコーチン、シャモ、モミジという種類を囲み飼いしています。独自のえさ(江田島産牡蠣がら、イリコを利用した魚粉などをブレンドして発酵させる)を使用しているそうです。お客様からのリクエストとしてカモの飼育もしています。

 最近はイノシシの被害が深刻になっているとのこと。網を突き破って鳥たちを襲うのだそうで、なんとか手立ては無いものか、いろいろ調べてみようと思います。豚の飼育場はお邪魔できませんでしたが、これからオリーブオイルを絞った粕などを利用してオリーブ豚というブランドができれば面白い!乗馬クラブも兼営しており、地鶏の卵ひろい体験や炭火バーベキューのお得なセットもあり、家族や仲間で一日楽しめること間違いない!半日の江田島町散策、楽しかったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

着実に前進 オリーブ構想!

晴れ

20121019_151827 気持ちのいい一日でした。午後より議会広報特別委員会。議会だよりの編集会議でした。続いて旧・沖中学校へ。市が購入したオリーブ搾油機の試運転が行われました。県内で初めての設置であり、報道関係者もたくさん取材に来ていました。

20121019_14584720121019_145839 オリーブオイルの搾油までの工程ですが、オリーブの実を粉砕し、ペースト状にした後、絞ります。その果汁の水分と油分を遠心分離器で油分だけ抽出します。

 そこから不純物を【ろ過】しなければならず、意外と手間のかかる作業です。製品になるまで【ろ過】には7日間ほどかかるそうです。

20121019_15150320121019_152720_2 今回は搾油機の試運転。まずはオイルを精製できることを確認する作業。ようやくオイルが出てきたときには感動でした。オリーブオイル・ソムリエの資格を持つ江田島オリーブ㈱の若き木村農場長も感極まっていました。

 オイルを精製するにはまだ熟していないオリーブを使用したため、ちょこっと渋みのあるオイル。ただ、江田島市でオイル生成できた実証実験は成功です! 

 来たる12月2日には湯崎県知事が久方ぶりに来島して「湯崎英彦の地域の宝チャレンジ・トーク」(→こちら)を旧・沖中学校のオリーブ収穫祭とコラボするそうです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

懐かしい旧町のHP

くもりのち晴れ

 昨夜の雨も上がって曇り空の一日です。朝は潮風も肌寒く感じました。ちょっとネット検索していると懐かしいHPを発見。江能四町合併前の各町のHP。
 「国立国会図書館法に基づいて、あるいは著作権者の許諾を得て国立国会図書館が収集した過去のページです。」ということだそうです。

旧:大柿町HP→こちら
旧:江田島町HP→こちら
旧:能美町HP→こちら
旧:沖美町HP→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

民泊 第一陣

Img032

 昨日の天気予報よりも早く雨が降り始めました。畑や庭木にとっては恵みの雨、でも、昨日到着した民泊修学旅行生にとって今日の体験漁はちょっと大変だったかな。今日は定置網漁や魚の調理体験ということでしたが楽しんだことでしょう。今回の第一陣ですがRCCテレビの番組「Eタウン」が昨年のモニターツアーと同様、追っかけ取材しています。放送は来週土曜日(10/27 17:00~)の予定だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

ようこそ

晴れ

545282_372388222835216_2032002293_n

 気がつけば台風21号が今週末には日本列島の南側を通過する予報となっています。いまのところ影響はなさそうです。(タイトルと写真がマッチしてませんね。。。)
 今日、奈良県の平城高校の生徒70名が民泊型修学旅行で江田島市に到着されました。1泊2日で農作業や海釣りなど貴重な思い出になればと思います。海あり山ありのこの自然豊かな島を満喫して頂き、江田島市民との絆を作ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

いよいよ民泊スタートへ

晴れ

 10月も前半が終わろうとしています。江田島市が昨年から誘致を企画していた民泊型修学旅行。いよいよ明日、16日に第一陣を迎え入れることになりました。奈良県の平城高校2年生をニ班に分けて受け入れます。(第一班10/16-17、70人、第二班10/18-19、72人)40世帯が3~4人ずつ1泊2日で引き受けます。市の新しい試みが地域の活性化と他地域との交流の一助になることを期待しています。(→参考過去記事 その① その②

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

サツマイモ収穫

晴れ

581426_371771892896849_740569129_n

 気持ちいい秋晴れの一日。今年植えたサツマイモを夕方、収穫。昨年よりはちょっと小ぶりです。
 どこからともなく金木犀の匂いがしてきます。いよいよ秋深まるでしょうか。来週日曜日(10/21)末は第27回ヒロシマMIKANマラソン大会が予定されています。私も5KMに出場する予定です。素晴らしい大会になることを祈っています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

江田島を盛り上げよう!

晴れ

121013taumebaru

 漁協組合のみなさんと東京へ行ってきました。広島ブランドショップtauの3階「お魚&江田島バールpaccio」。(→ここ)ちょうど江田島メバルが到着したところです。これからどんどん江田島市のことをPRしてくれます。

121013funekon1

 夕刻、広島に帰ってきました。9/22(土)にあった船コン(→参考過去記事)の反省会に出席。今回のイベントは大成功です。もちろん反省すべき点もあり、次回に繋げて来年も頑張ろう!と盛り上がりました。こういったイベントに限らず、まずはやってみること。ネガティブなことばかり言っていては先に進めません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

午後から教育関係

晴れ

190231_370224866384885_1456069377_n

 午後より江田島市少年健全育成意見発表大会に出席。(会場は市内4中学校の持ち回りで今年は大柿中学校。)市内中学生7名が意見発表。今の中学生の考えや生活面など、いろいろ参考になりました。7名の意見発表が終了し、審査をしている間に大柿中学校吹奏楽部(15名)の演奏会です。ロンドン五輪のテーマソング、「風が吹いている」など心のなごむ演奏を会場の皆さんも楽しみました。

 一昨日、PTA役員の方からお話しを頂いた、「不審者情報」を江田島市「お知らせメール」を活用してできないかという件。以前は、小学校から携帯メールにもらっていたが、現在は紙媒体だそうです。当初はフリーメールであったものが有料になったから、というのが原因の一つとも聞きました。意見発表会のあと、教育委員会と広報を訪問。技術的に可能かどうか、また、運用をどうするかをこれから検討するとのこと。先日、校長会から教育委員会に意見が出されていたようです。江田島市「お知らせメール」を利用することに問題はないという見解でした。まずは市内全域の小中学校PTAさんのニーズを調査し、どういう形態で運用(誰が発信するか等)すればうまくいくか検討することが大切。保護者、行政(市、警察など)、教育委員会の連携プレーが試される時です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

第10回議会改革特別委員会

晴れ

602422_369766546430717_1384093187_n 朝晩は肌寒くなってきました。写真は今朝の古鷹山です。海も何となく秋っぽくなった感じがします。

 午後から第10回議会改革特別委員会に出席しました。議会改革特別委員会としての「報告会・意見交換会」の実施時期についてですが、28項目の検討事項で一定の割合(例えば2/3の項目)について審議し、結論が出た段階で行うことが確認されました。現時点では6項目が終了しています。

 尚、委員会として中間報告を議長に対して提出することも確認されました。次回の開催予定日は10月25日(木)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

地域の賑わい

晴れ

121008

Img_4442

 体育の日。秋晴れのもと、第11回深江区民運動会(江田島市大柿町深江)が開催されました。自治会長さんの開会のことばにもありましたが、昨年に比べて驚くほど(約2~3倍か)の参加者がいました。小さい子どもさんからお年寄りまで、100名を超える参加者。左の写真は綱引きです。みなさん、力が入ってました。

Img_4413_2

121008_2

Img_4427

 玉入れ競技でも多くの人たちが楽しみ、また、子どもたちが余りに多いから、急遽、スペシャルメニューとしてリレー競技も追加されました。ちっちゃい子たちはバトンの受渡しは初めてのようで戸惑っていたところありました。パン食い競争も100人が参加。来年も素晴らしい運動会が出来ますことを!
 お昼過ぎ、旧知の三原市在住のNPO法人(福祉関係)関係者と久しぶりに面談。地域福祉などについて意見交換。その後、江田島市在住の子育て活動をしている若いお母さんを交えて、子育て等の課題について話し合いました。市民ニーズにあった行政運営であるためにはどうあるべきか、というのも一つの課題。この橋渡しこそ、議員の仕事であると思っています。(お互いの結節点をどうするのか、これこそが大切です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

旧・大君保育園の利活用~福祉施設として~

晴れ

Img028 秋晴れの日曜日でした。左写真は先日の中国新聞記事です。2008年度(平成20)、つまり2009年(平成21)3月末で閉園した大君保育園の施設利活用として、発達障害のある子どものデイサービス施設「歩歩(ほほ)江田島」が開所しました。運営をするのは呉市で同様の事業を手掛ける民間会社、株式会社歩歩。(→参考

 今年の江田島市の目玉事業としての「未利用施設の公募型プロポーザル」案件(→市HP)にある施設の一つがこの旧・大君保育園。(→参考過去記事

 この施設においては複数の応募があったようですが、最終的に㈱歩歩に決定。営利会社(株式会社)の福祉事業運営においては色々指摘される問題点もありますが、江田島市民にとって有益な施設になることを期待しています。

(追伸)大君保育園の跡地利用について
 かつて、大君保育園が廃園になった年、地元の大柿町大君に所在するNPO法人から小規模多機能施設として利活用したいという話があった(→参考過去記事)ときに市は必要ないと却下したことがあります。

 その後、市が公募して小規模多機能施設が能美町鹿川にできたという経緯もあります。(→参考過去記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

酒まつり2012@西条

くもり

20121006_162123 20121006_154627  初めて東広島市の酒まつりにいきました。今回はNPO法人ひろしま創発塾の一員として、姫神輿の運営メンバーとの情報交換会。姫神輿運営メンバーと、酒まつりやメンバーが行なっている活動に関して、地域の人達の関心や参加をどのように盛り上げ、どのように継続し、どのように次代を育成しているか、その取り組みや課題などをお聞きしました。

 五千人の居酒屋会場では広島県の「全力歓迎課!」職員(→参考)もイベントを盛り上げています。兜をかぶった「平大盛」、右手は「西条酒蔵」。因みに1/3は市町から県庁に派遣されている職員さん。

121006himemikoshi_2  写真は酒蔵通り。神輿の前には外国人の方々。ALTとして東広島市で外国語授業をしている先生達です。学園都市ということもあり、留学生や学生も参加するのだそうです。地元率は50%くらいとのこと。

 HPで担ぎ手の募集もしたけど、今年は応募者がいなかった。募集時期が遅かった、という反省もされていました。各自治会ごとではなく有志の会のため、担ぎ手の募集は大変であり、メンバーのネットワークに支えられている。

 因みに姫神輿は今年で22年目。東京・浅草神社の三社祭がモデルだそうです。(→参考

121006konshinkai NPO法人ひろしま創発塾と姫神輿のメンバーさんとの意見交換会兼懇親会。中心人物は東広島市職員さんやOGさん。場所は酒蔵通りにある「吉田屋」。(→参考

 賀茂鶴の石井さんのお屋敷の一部でもあります。奥さまともお話しさせていただきました。(お父様は児玉希望画伯) とても雰囲気のいいお店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

担い手育成に期待

晴れ

 今年度、新規事業として始めた江田島市新規就農研修生募集事業。平成25年度も募集することになりました。担い手不足といわれて久しいのですが、一歩づつ前進していかなければなりません。(→江田島市HP)とかく批判されがちな行政の試みですが、私はこの事業に期待しています。ひとつひとつの積み重ねが大事です。

(追記)外国人頼みの一次産業 : 今日の電子版朝日新聞記事です。広島カキの生産現場の問題点を江田島市を例にとって記事にしていました。(→ここ)江田島市の人口はこの50年で半減の2万6千人、、外国人(フィリピン、中国出身)は10年で約3倍の400人超。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

決算審査(総務)

晴れ

 午前中は決算審査特別委員会、総務分科会を傍聴しました。気になるところとして、平成23年度の退職者について。

定年退職 勧奨退職 自己都合退職
19名 1名 10名

 30名の退職のうち、自己都合退職の内訳。総務課長からの説明によると、

20代 30代 40代 50代
3名 3名 3名 1名

  理由としては、転職ということである。景気不透明な時代が続き、公務員志望が強くなっている時代に若手の職員が転職ということで本当のところはどうなのか気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

決算認定の重要性

晴れ

Kessan13  朝夕、めっきり冷え込むようになってきましたが、お昼は気温上昇で、この温度差で風邪をひきかけている方もいるのではないでしょうか。

 9月12日に閉会した9月定例会。その後の議会の動きとしては、議員全員で構成する決算審査特別委員会が定例会で上程された平成23年度一般・特別・企業の12会計の認定について審査しています。審査方法としては、総務・産業建設・文教厚生の3常任委員会の所管でわけた分科会での審査となっています。

 9月26日までに産業建設・文教厚生の2分科会の審査を終えているところで、明日には総務分科会が予定されています。すべての審査を終えて、決算審査特別委員会の報告書がまとめられ、次の議会(臨時会若しくは12月定例会)により議決をすることになります。

 予算を無駄なく有効に執行したかどうかと来年度予算編成への議会からの提言(付帯意見として)が盛り込まれることになります。尚、決算認定の重要性については左上の写真もしくは議会だより25号をご参考ください。

参考:議会だより25号(平成23年2月1日発行 特集~予算はめぐる (→ここ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

あっという間

くもり

 いよいよ10月スタートです。今年も残すところ3か月。一年というものはあっという間に過ぎていくものだと改めて思いました。
 議会は閉会中ですが平成23年度決算審査を特別委員会で行っています。3分科会のうち、総務常任委員会所管の分科会を残すのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »