« 年度末にむけて | トップページ | 市所有フェリー2隻の行く末 »

2012年2月 7日 (火)

三高~宇品航路のゆくえ

くもり

 今日の議会活動としては午前に全員協議会、午後が文教厚生常任委員会でした。全員協議会での一番のトピックとしては、元々議題に無かったのですが、「三高~宇品航路の存続について」。以下は市の説明概略です。

 公共交通協議会の海上分科会協議において以下のことがあった。
①芸備商船が3月末以降の運航が困難になりそうである。
②江田島市内を運航する各航路事業者へ引継を打診。
②瀬戸内海汽船から航路引継の提案があった。

 昨日、両社(芸備商船・瀬戸内海汽船)が市長を訪問し、瀬戸内海汽船として以下の提案があった。
①瀬戸内海汽船が運航の空白期間がないよう新組織を立ち上げる。
②現状ダイヤ(便数)確保のため、市所有船「ドリームのうみ」の貸与を希望。
③西能美航路について将来的には運営会社の一本化が望ましく、将来的な再々編について議論を進めてほしい。

 これに対する当面の市の方針は以下の通り。

①三高航路を守るために最大限努力する。
②ドリームのうみについて新会社へ貸与する方向で条件等を早急に詰める。
③西能美航路の再々編(公設民営等)については、これから公共交通協議会等で議論を進める。

 といったものです。取り急ぎの報告事項として受け止めましたが、これからどうなって行くのか市の対応が気になります。3月末まで時間的に厳しい局面ですがスムーズな展開に期待したい。

|

« 年度末にむけて | トップページ | 市所有フェリー2隻の行く末 »

交通問題(船・バスなど)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三高~宇品航路のゆくえ:

« 年度末にむけて | トップページ | 市所有フェリー2隻の行く末 »