« 一般質問の通告をしました | トップページ | ”ドリ-ムのうみ”のゆくえ »

2011年9月 1日 (木)

新市庁舎問題、住民説明会へ

晴れ

110830sinshichousha_2 昨日の中国新聞の記事。江田島市の新市庁舎問題は”市民の意見”を広く聞く、という認識でしたが、女性会・自治会・老人クラブ・PTAなど各種団体の市内連合会役員会に”市の担当者”が出向いて市議会全員協議会(8/22開催)の資料をもとに説明する。

 先ずは各団体役員向けに説明して、”出席者から要望があった場合”に地区ごとの説明会の開催を検討する、とあるが本当にそれでいいのか。合併特例債を利用した建設でも少なくとも33年間で13億4,500万円(単純平均で約4,100万円/年)の元利返済をすることになります。自治会単位で開催するべきである。 

1108sichousha 左の写真。議会全員協議かで配布された資料の一部です。江南・飛渡瀬地区を建設地として用地・補償費を5億1,700万円と試算している以上、候補地は決定しているのだろう。説明会で質問があった場合、”市の担当者”は回答してくれるだろうか。

|

« 一般質問の通告をしました | トップページ | ”ドリ-ムのうみ”のゆくえ »

公共施設(建設・統廃合など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新市庁舎問題、住民説明会へ:

« 一般質問の通告をしました | トップページ | ”ドリ-ムのうみ”のゆくえ »