« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

広報特委、編集会議(H23.9.30)

雨のちくもり

 午前中は議会広報特別委員会に出席しました。11月1日発行の『議会だより』の第2回編集会議でした。

 議会だよりができるまで5回の編集会議があります。今回は一般質問、市民の声などの原稿をチェック。これが意外と大変です。規定の文字数で収めなければならないのですが、原稿によっては大幅に字数オーバーしているものもあります。

 文字数を質問と答弁がかみ合うよう削ったり、また、誤字がないか、表現が適切かどうかを確認する作業を行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

"ドリームのうみ"無償貸与延長の意見交換会を開催

Img002  9月定例会で江田島市交通船事業会計補正予算(第3号)の可決により、市としては議会承認を得た(→民意を得た)、ということで、”ドリームのうみ”の無償貸与延長をすることになりました。(→参考過去記事

 今日、上写真の通知を頂きました。来たる10月5日に意見交換会が開催されることになります。参加者としては議会と自治会、女性会、老人クラブの役員と限定されてますが、当日の内容等についてはブログを含めて市民のみなさんに報告したいと考えています。

(追記)2011年10 5日 ドリームのうみ、無償貸与延長契約締結(意見交換会)

 江田島市が合併してより市営船の経営内容や西能美航路合理化などで市民のみなさんにはご心配をかけているところですが、この度の東日本大震災の復興において、【江田島市の貢献】は計り知れないものとなっています。このようなお役目を頂いたことに感謝しましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回オリーブ講習会のお知らせ

くもり

 今年からスタートした江田島のオリーブ構想。10月にオリーブ振興協議会がオリーブを植えている人、植えてみたい人、オリーブに興味がある人を対象に講習会を開く予定です。(→市HP)今後ですが、平日ではなく、働き世代も参加しやすい土日などで講習会を開いてほしいものです。(参加者が増えるのではないでしょうか。)

日時: 10月26日(水) 13:30~
場所: 大柿公民館 2F (その後、大柿町大君の栽培園)
内容: オリーブの栽培(全般)について

(お問い合わせ:オリーブ振興協議会事務局(農林水産課) 電話0823(40)2770 )

※事前の参加申し込みは不要です。

 尚、今後の開催スケジュールは以下の通りだそうです。
【第2回】 12月上旬ごろ 「オリーブのせん定」
【第3回】 来年2月下旬ごろ「オリーブの植え方」

※来年度も市の補助によるオリーブ苗木配布事業を検討しているとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

がんばれ!大島

晴れ

Img001_4 宮城県気仙沼と大島を結ぶ定期航路のニュース。大島汽船の客船”海来(みらい)”(160トン、定員300人)が復旧修理をして戻ってきたというもの。定員の数に驚いています。

 一方、”フェリー亀山”(306トン、定員250人)は10月下旬にも運航を再開する予定で、4月からの江田島市所有の”ドリームのうみ ”(397トン、定員300人)と一緒に災害復旧に活躍することでしょう。

 震災から半年、まだまだこれからでしょうが早期の復興を祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

H23年度第2回公共交通協議会

晴れ

Img007 午後から本年度の第2回公共交通協議会が開催され委員として出席しました。今日の内容は以下の通り。

■協議: 陸上交通の再編について
 協議会事務局よりは左写真の内容についての方針説明がなされ、昨年度から実証運行している【おれんじ号】を10月から来年3月までの6ヶ月間延長することが了承されました。

Img002Bus_hojokin また、江田島バスの運行・採算の説明もあり、来年4月を目途とし、ダイヤ改正も検討するとの報告がありました。左の写真の通り3系統のみ黒字路線で、毎年、市からの支援でやりくりしている状況が続いています。

 平成22年度の市負担1億527万円のうち学生定期補助・スクールバス委託が34.7%(3,652万円)を占めます。これは小中学校の統廃合によるものです。

■報告

(1)平成23年度事業計画の進捗状況

1027_gikai_201105_p1617 広島県が今年の新規事業として予算5,200万円で行おうとしている【新たな生活航路対策】(→参考過去記事)については年度半ばですが、県の出席委員からは、まだ具体的に進んでいない説明があった。早期に進めてほしい。(写真はH23年3月定例会一般質問)

(2)大須~宇品(フェリー)航路について

Img001_3 芸備商船が9月12に中国運輸局に対し、現在、三高~大須~宇品を運航しているフェリー便について来年4月から大須寄港を取りやめる変更申請を提出しました。

 これから地元説明等が行われる予定ですが、現在定期券を利用している9名も含め、大須地区の利用者に対する代替手段等が検討されることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

H23年9月も終盤

晴れ

 三連休後の月曜日。なんとなく頭の回転もゆっくりだった月曜日。あと数日もすれば一年も3/4が終わります。

 議会としては昨年度の決算認定を10月中旬までに終えることになります。また、市としては昨年・今年度の事業結果などを踏まえて、そろそろ来年度の予算編成準備をする時期になります。一年は長いようであっという間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

平成23年 敬老会

晴れ

20110925_104140  この三連休はとても良い天気でした。今日は大柿町の大古・深江の2地区の敬老会に出席させていただきました。各地区とも自治会、女性会などが主催してのもの。大古地区では式後に子どもたちの太鼓演奏などでみなさんを楽しませていただきました。

20110925_115721  また、深江地区ではひょっとこ踊りなどで参加者も笑顔が絶えませんでした。これまで町や地域の発展のためにご活躍していただいたことに感謝し、これからも元気で長生きをして地域づくりに貢献していただければと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

不惑プラス・ワン

晴れ

 早朝はさすがに肌寒くなりました。前回の三連休は台風15号の影響で天候は良くなかったのですが、今回はとても素晴らしい天気が続いています。

 私ごとですが、今日、誕生日を迎えました。不惑 + 1 = 41歳。気がつけば島に帰って速くも10年という月日が経過しました。中学生までの15年とUターンしてからの10年、大柿町に住んでいることになります。10年前は自分の故郷でありながら、移住してきたような違和感を感じていたものです。なかなか地域のルールになじめない、そんな感覚がありました。

 10年前の当時は江能4町が合併問題で紛糾している時であり、どうなることか見守るだけの状況でした。平成15年、大柿町議に選出していただき、合併を含めた町の方向性について自分のできる範囲で主体的に行動したつもりです。

 そして今の市議の立場としては、持続可能な江田島市であるためには何がベストかを日々考えながら過ごしています。合併して7年が経過しようとしています。刻々と情勢は変化しています。いまベストと思っていることもそうでなくなることもあります。人

 生は海を航海しているようなもの。追い風の時もあれば、向かい風の時もあります。また時化(シケ)の時だってあります。ただ自分の信念をしっかりもって一歩一歩、着実に前進することのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

平成23年 秋分の日

晴れ

20110923_153624  秋分の日。いよいよ秋深まるという感じです。今日はとても気持ちのいい一日でした。

 左の写真は呉の造船所で建造されている30トンタンカー。沖合でポンプの能力等を測定・検査しているところだと思います。このタンカーは中東など産油国から原油を輸送することになります。日本の生命線ともいえる重要な役割を担う事になります。

  昔からこの造船所には江田島市民(江田島・大柿が多いのではないでしょうか)が働いています。戦前からこの造船所は島民の働き場所として重要な場所であったと聞いています。

 江田島市の人口減を食い止めるというのが最重要課題のひとつ。こういった呉・広島の職場に島から通える仕組みを維持することが大切です。もちろん島に働く場所を確保することも必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

平成23年9月定例会の閉会

晴れ

 10:00から9月定例会(3日目)が開催されました。傍聴者は新聞記者1名を含めて4名でした。議会傍聴いただいた市民の皆様には感謝です。

 今日の議案は平成22年の江田島市における16会計(一般会計、12特別会計、3企業会計)の決算認定と以下に詳細を記す2議案、そして2発議(意見書の提出)です。

 尚、16会計の決算認定については議会閉会後、議員全員で構成する平成22年度決算審査特別委員会において審議することになります。(税金の使途が適正であるかどうか、また、来年度予算編成に意見を伝える重要な議会の役目です。)

■防災行政無線統合デジタル化整備事業(第2期)請負契約について→可決

 内容については昨日の記事ご参照(→ここ)ください。この度の整備は2ヶ年度に渡る事業。本来であれば一括入札すればいいのですが、予算の都合により2分割となりました。

 結果として昨年受注したメーカーが受注。一議員からは分割入札で割高となったのでは、という質問がありましたが、そうかもしれません。ただ、随意契約の弊害があるため、監督官庁からの指示に基づいての入札でしょう。

 台風等の暴風時における防災行政無線は窓を閉め切って聞き取れません。また、普段でも風向きによっては放送内容が聞き取りにくいこともあります。その解決策として、今回のデジタル化により電話応答システム(電話回線4回線)で放送内容を電話で確認することができます。

 現在4回線あるのですが、今年からのサービスエリアは江田島・能美地区。一日何件のアクセスがあるか、また、来年から沖美・大柿地区のエリア拡大となった場合、台風接近時や大雨警報の時に4回線でいいのか、という質問をしました。

 これまでのアクセス回数は以下のとおりであり、状況に応じて回線数を増やすことも検討とのこと。(サービス開始4ヵ月間で不通となったことはない、ということです。)

防災行政無線統合デジタル化整備 電話応答システム アクセス回数
電話応答システム アクセス回数

6月 7月 8月 9月 4か月合計
34件 80件 22件 26件 162件

■平成23年度江田島市交通船事業会計補正予算(第3号)→可決

Img005 ”ドリームのうみ”無償貸与延長の市長方針を具現化した補正予算案。当初予算では売却を決議。(写真は当初予算の条文)

  3月11日の東日本大震災に対する復興支援の一環として4月から形式的には市長判断で半年間の期間で無償貸与しています。貸出先(大島汽船、気仙沼市が10%出資する第三セクター会社)から3月15日までの5ヵ月延長の申し出が9月1日にありました。この度の補正予算可決により手続的に議会承認ということになります。

Img003_2 9月15日~18日で江田島市立小中学校教員5名(校長1名、教頭1名、教諭2名、養護教諭1名)が気仙沼市立大島小・大島中を訪問しました。

 参加者からお聞きしましたが、気仙沼(市民)では江田島市に大変感謝していただいているとのこと。フェリー、牡蠣養殖など江田島市の貢献度は高いようです。先日の中国新聞記事(→ここ)にもありましたが「ペアリング制度」の効果ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

明日、平成23年9月定例会最終日

くもり

20110921_181700  台風15号の影響もそれほどでなく安心しました。強いて言えば、台風による強風で芸備商船の船便が一時欠航したことでしょうか。

 写真は18時過ぎにポプラ音戸早瀬店から能美島(大柿町)を写したものです。まだ風が強かったのですが夕焼け雲が美しかったので撮ってみました。

 明日、江田島市議会も9月定例会最終日です。平成22年度16会計の決算認定について上程され、閉会中に決算審査特別委員会で継続審査される予定です。また、次の2議案も上程されます。(そのほか、意見書2件)

■防災行政無線統合デジタル化整備事業(第2期)請負契約について

Img001Img002  本年から利用開始された江田島・能美地区(→参考過去記事)に続いて沖美・大柿地区の整備を本年度に行います。(予算額2億8,987万円)詳細については左写真をご参照ください。

■平成23年度江田島市交通船事業会計補正予算(第3号)

 宮城県気仙沼市の大島汽船に無償貸与している”ドリームのうみ”の貸出期間を来年3月15日までの5ヶ月間延長するにあたっての補正。本年度に売却予定で歳入(収入)に組み入れていたものを削除する補正予算案です。本案可決となれば、貸与期間延長を議会が実質的に認めたことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

避難勧告100万人に唖然

1115001109202000 台風15号は昨日に比べ、徐々に東へ進路を変えてきつつあります。日中は約2時間おきに台風情報(→気象庁HP)をチェック。

 夕方、インターネットのニュースで名古屋地区の避難勧告100万人、という情報に唖然となりました。避難場所の確保はいったいどうなっているのだろう、というのが率直な思いでした。

 江田島市内も現在(22時)雨が降っています。これから明日にかけて西日本・東日本ともに大雨に注意しなければ。被害が最小限に終わることを祈っています。

(追伸)11月発行の「議会だより」掲載予定の一般質問の原稿を事務局に提出しました。質問・答弁を簡潔に600字でまとめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

のんびり

くもり

 三連休の最終日。午後より家庭菜園で昨日の続きです。9月に入っての雨で草が生い茂っている、という感じでした。この二日間でなんとか半分くらいすっきりしました。さすがに体のほうは筋肉痛の兆候が出てきました。

 明日・明後日には台風15号の影響がでてきそうです。くれぐれも土砂災害等には気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

農作業も楽し

くもり一時雨

20110918_122238  三連休の中日です。朝から家庭菜園の整頓整理をしました。秋蒔き・植えの野菜のための畝づくりです。原始的に”鍬(くわ)”一本での作業をするのですが、同じころ、隣のお宅では”小型耕運機”で耕しています。うらやましい限り。

 作業後にゴボウの苗(ポットに種まきして出たもの)、ニンジン・小松菜・ダイコンの種まきをしてみました。少し遅いのですがジャガイモも植えてみたいと思っています。

1115001109182100  ところで、台風15号の動きが妙です。沖縄の東海上をくるくる回っています。天気予報では来週には西日本に影響を及ぼす進路となっています。今年は台風が多い。毎日、気象情報に注意しないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県知事の宝さがし-未来チャレンジ・トーク

 昨日、呉市において平成23年度第3回県政知事懇談「湯崎英彦の宝さがし-未来チャレンジ・トーク」が開催されました。今回は「呉市・江田島市」地域ということで下表の内容で事例発表がなされました。

 


氏名・職業等

取組内容等

発表テーマ等

井上 孝子(いのうえ たかこ)さん

・NPOサポートセンターくれシェンド
 
事務局長

○ ボランティアの活動支援
○ 「いのちのパネル展」の開催
 など動物愛護の取組

「『まち市民』を見つけよう!
『まち市民』を繋げよう!」

岸菜 宝治(きしな たかはる)さん

・下島青年会(下蒲刈町下島)
・建設業

○ 地域に伝わる「獅子舞」の復活
○ 地域の祭り,市内福祉施設
 などでの「獅子舞」公演を通じ,
 伝統文化の伝承と地域を活性化

「地域に恩返し!」




空久保 求(そらくぼ もとむ)さん

・江田島市オリーブ振興協議会会長
・海生交流都市(江田島市)
 開発協議会
・江田島市建設業協会会長
○ 生産者団体・行政と連携した
 オリーブを中心とした地域活性化
 の取組
○ 異業種間連携や行政と協働
 した観光振興,定住促進
「オリーブを中心とした
耕作放棄地対策と地域
活性化の取組」

 ひろしまけんインターネットチャンネルでライブ中継されたようですが、今は録画配信されています。下の映像の1時間1分16秒から江田島市での事例発表です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

あわただしかった土曜日

雨のちくもり一時小雨

20110917_090602  明け方までは台風15号の影響で激しく雨が降っていました。このまま一日が雨模様かと思っていた矢先、9時ころには晴れ間も見えました。日差しは夏のようにきつかった。

 気象庁の台風情報をみると南下している。来週もまだ沖縄付近にいるようで長期間の雨も心配されます。くれぐれも土砂災害には注意しないといけません。

20110917_140301  午後、広島に用事がありました。宇品に着いて雨模様。広島駅付近で用事を済ませて外に出てみると雨はやんでいる。ここで気分転換のためにマツダスタジアムの広島対阪神戦を見ることにしました。

 2年ぶりに訪れたのですが、3連休の初日ということもあり沢山の観客がきていました。球場の4~5割、阪神ファンで埋め尽くされていました。ヤクルト戦三連敗したあとでしたがカープ打線も奮起し、5-1の快勝です。マツダスタジアムで初めて勝ちゲームを味わいました。気持ちのいい球場です。

20110917_202757  そして今日・明日は江田島・大柿の新宮八幡宮の大祭です。大柿町大原にあるお宮に行ってきました。今年は柿浦地区が当番。すこし雨がパラついていましたが、子どもたちの囃子を堪能してきました。夏休みからずっと練習した成果がでています。明日晴れるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

平成23年9月定例会、一般質問



 台風15号の影響により昨日から雨が降ったり止んだり。今朝は明け方から雨が激しく降る時間帯もあります。これからの天候に注意しましょう。一昨日の議会一般質問における質疑応答の要旨は以下の通りです。

(1)無償貸与期間について

【胡子】4月から6ヵ月間という期間で大島汽船にドリームのうみを無償で貸し出しています。817日および19日にカーフェリー亀山と旅客船・海来(みらい)がサルベージ船によって海上に戻されました。10月上旬の復興を目指すということですが、ドリームのうみの貸与期間はどうなりますか。

【市長】本市との無償貸与期間は1015日まで。91日、大島汽船の白幡社長が来訪され、本市の事情が許せば、貸与期間を延長してもらえないか、という申出がありました。

 現在、気仙沼と大島を結ぶ航路は災害復旧のための資材運搬、瓦礫の搬出など、大型車両の利用が多く、「ドリームのうみ」が大島地区の復旧・復興に果たしている役割は大変大きなものとなっています。

 大島汽船所有のカーフェリーと旅客船はサルベージ船によって海に戻され、現在ドック入りしており、カーフェリーについては10月半ばまでには補修が完了する予定です。

 大島汽船によると、現在フェリーに対する需要が多いため、フェリーの補修完了後は、(ドリームのうみを含めた)フェリー2隻体制で運航したいという意向を持っており、それにより、災害復旧・復興のスピードが早まると考えているとのことです。

 本市としては、大島汽船の申出を受け入れ、貸与条件を変更せずに、本市所有のフェリー「ドリームのうみ」の無償貸与期間を平成24315日までの5箇月延長し、引き続き、気仙沼市大島地区の災害復旧・復興を支援・協力していきたい。

【胡子】議会最終日に提出予定の交通船事業会計補正予算(ドリームのうみ売船の条項を削除)を議会が否決したら無償貸与は延長しない、ということですか。

【市長】そういう理解です。無償貸与の契約は難しい。

【胡子】無償貸与延長の判断材料として、これまで江田島市が実質負担している金額を教えてください。

【企業局長】今年度の借入元利返済金約2,250万円と(臨時検査をした造船所がある)福山までの費用(職員手当、燃料費など)300万円です。

(2)返船について

【胡子】無償貸与終了後、返船等についてどのような条件で契約を結んでいるのか伺います。

【市長】大島汽船との間には協定及び裸傭船契約を結んでおり、その条項に基づき契約期間内に大島汽船サイド負担で中町港に返船されます。

(3)貸与終了後について

【胡子】本年度予算でドリームのうみを売船することになっていますが、返船後はどのようなスケジュールになるのか伺います。

【市長】返船後、船体チェックを済ませ速やかに売船に伴う仕様を作成し、市場の状況も勘案しつつ、1箇月程度の期間をみて入札を行う予定としております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

9月定例会2日目

晴れ

 昨日から開催されている9月定例会の2日目。2名の一般質問のあと、議案審議に入りました。今日は報告2件、諮問1件、承認2件、平成23年度の8会計補正予算案を含む12議案の審議があり、議案についてはすべて賛成多数により可決しました。主な議案については過去記事をご参照ください。(→ここ) 定例会1日目の私の一般質問などについては別の機会に記します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

H23年第9回全員協議会

晴れ

 午前10時から第9回全員協議会がありました。今日は宮城県気仙沼市の大島汽船に無償貸与している”ドリームのうみ”の期間延長に関する議題があったのでマスコミ各社が取材に来ていました。議題および内容概要については以下の通り。

(1)企業局フェリーの貸与について

 総務部政策推進室長よりこれまでの概要等の説明後、各議員から質疑がでました。市長としては延長したいという思いが伝わりました。私の質問に対するQ & Aの概要は以下の通り。

Q:無償貸与は市民からの支援と考えられます。フェリーを貸し出すマーケットでは月額どの程度ですか。
A:月額200万円程度見込まれるので半年間で1200万円。

Q:延長期限はいつまでですか。
A:来年3月15日までの5ヵ月間です。

Q:大島汽船は第三セクターですが、自治体(気仙沼市)の出資はどの程度ですか。
A:10%(1000万円)です。

Q:(売却予定であった”ドリームのうみ”を)無償貸与することについて交通船事業会計の予算を補正する必要はありませんか。
A:今のところ考えていません。

Q:大島汽船への返事(延長するかどうか)はいつまでに回答する予定ですか。
A:現契約の期限(10月15日)までに返答する予定。

※大島汽船のフェリーは8月中旬に陸上から海上へ戻したが、修理して航路復帰は10月半ばまでかかるだろうということです。また、現行は旅客船とフェリーそれぞれの1隻体制だが災害復旧にはフェリー2隻体制が好ましく、”ドリームのうみ”の延長がどうしても必要という事情もあるようです。

(2)飛渡瀬小学校の統合について

 9月1日に飛渡瀬小PTAと市が江田島小学校への統合で合意したことの説明がある。今年5月1日現在の在校生は43人。1・2年生に至っては2人づつ。地域としては当初、廃校に反対の意見もあったが子どもたちの教育環境のため、という理由で最終合意に至ったと聞きました。

(3)教員被災地学校訪問について

 江田島市立小中学校教員5名(校長1名、教頭1名、教諭2名、養護教諭1名)が9月15日(木)~18日(日)の3泊4日の予定で気仙沼市立大島小・大島中を訪問する。趣旨としては、大震災の教訓や復興の様子を見聞することにより、今後の学校における大規模災害に対する取り組みに活かす、というもの。

 尚、(1)について議会としての賛成・反対などの意見集約はされませんでした。会議最後に市長より交通船事業会計補正予算を9月定例会最終日に追加議案で出したいとのコメントがありました。(私が質問した時には企業局長から補正はしない、と回答受けましたが。)内容としては、無償貸与延長となれば、本年度当初予算で”ドリームのうみ売却”の議決をしたが、売却することができないのでその修正(無償貸与延長したい)というもの。つまり、この補正予算案が否決されれば、議会の反対ということで市としては無償貸与はしない、と大島汽船に伝える、というものと解せます。結局、議会の判断に任せる、ということです。このことについて議員各位がどう受け止めてどう判断するか。私としても今しばらく考えてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

H23年 中秋の名月

晴れ一時くもり

 今日は旧暦の8月15日、この日の夜が十五夜です。今年は6年ぶりにこの十五夜が満月ということで楽しみにしていました。

110912moon  日中は暑い夏日に戻ったのに、夕方から江田島市の空は曇り始めてしまいました。半ば諦めていたのですが、ふと21時ころ外を見ると綺麗な満月。庭に出て少しばかりの時間ですがお月見をしました。心が安らかになるひと時を過ごさせていただきました。

明日(9月13日)の議会の動き: 議会全員協議会
(1)”ドリームのうみ”について(無償貸与関連)
(2)学校統合について(飛渡瀬小を江田島小に統合)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

ちっちゃい秋 2011

晴れ

20110911momiji  庭にあるモミジ。樹齢は40年を超えていると思います。春先にその根元付近で見つけた小さなモミジ。鉢植えにしてみました。外で育てていまして、日差しがきつかった7月頃には小さな葉が枯れるようなこともありましたが、なんとか持ち越しています。

 少しつづですが秋に向かっています。明日9月12日は十五夜(旧暦8月15日)。6年ぶりに満月の十五夜のようです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

秋を感じるひと時

晴れ

20110910_122404 20110910_124059 20110910_125628_2  秋ですね。久々に陀峯山を一人ドライブしてきました。時々、車ですが登っています。

 今回は大君からのコース。途中で栗の木を発見。緑色の栗の実(房?)が沢山付いています。これから茶褐色に変わっていきます。(栗ごはんが食べたくなりました。)

 途中の天狗岩からの眺めも最高でした。頂上からの眺め、少しモヤがかっていましたが美しい景色を堪能しました。

20110910_130814 大原方面に下山したのですが、宝持寺付近で稲刈り後の稲穂の天日干しを見る。昔は江田島市内、至る所でこのような光景を見ることができたのですが、今は貴重な風景となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どう考えるか

晴れ

 地方自治体のルールとして地方自治法という法律があります。第96条に地方議会の議決すべき事項(議会の権限)が15項定められています。主なものとして以下の4つがあります。

①条例を設け又は改廃すること。(第1項)
②予算を定めること。(第2項)
③決算を認定すること。(第3項)
④法律又はこれに基づく政令に規定するものを除く外、地方税の賦課徴収又は分担金、使用料、加入金若しくは手数料の徴収に関すること。(第4項)

 このたび”ドリームのうみ”という市の財産であるフェリーを東日本大震災の支援として宮城県気仙沼市の第三セクター「大島汽船」に4月から6ヶ月間、無償貸与しています。支援することに江田島市民に異議はないと思います。ただ、法的手続き(law procedure)を踏んでいるかどうか遅まきながら検証してみたい。気になるのが第6項。

地方自治法第96条第6項
 条例で定める場合を除くほか、財産を交換し、出資の目的とし、若しくは支払手段として使用し、又は適正な対価なくしてこれを譲渡し、若しくは貸しつけること

 一方、地方公営企業法という法律があります。江田島市の交通船事業はこの法律に基づいて経営をしています。

地方公営企業法第33条
①地方公営企業の用に供する資産の取得、管理及び処分は、管理者が行う。
②前項の資産のうちの種類及び金額について政令で定める基準に従い条例で定める重要なものの取得及び処分については、予算で定めなければならない
③地方公営企業の用に供する行政財産を地方自治法第238条の4第7項の規定により使用される場合に徴収する使用料に関する事項については、管理者が定める。

 結局のところ、”ドリームのうみ”を4月から10月まで無償貸与契約を締結した江田島市の法律行為は上の点で問題ないのかクリアにしておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

真摯に受け止めなければ

晴れのちくもり

110909mainichi 3_2   全国市民オンブズマン連絡会議が2010年度の自治体情報公開の採点表を公開しました。(→毎日新聞、写真左)残念なことに広島県と県内14市のうち、行政と議会を合わせた情報公開ランキングで江田島市は32点(全国平均が42.27点)ということです。

 尚、毎日新聞記事(左上写真)では県内で江田島市が最下位とあります。竹原市29点、大竹市30点ですが、何故、江田島市が最下位なんだろう。(→全国の点数表一覧

Inquiry1Inquiry2Saiten_2  左写真が調査票と採点基準です。(全国市民オンブズマン連絡会議からの資料→調査票および採点基準PDF ※HPリンク→ここ)質問内容は大雑把なので信用度は低いのでは?

 されど、一つの基準として評価された以上、結果を真摯に受け止めて改善すべきところは早急に取り組まなければならないと考えています。

 江田島市議会の評価が低かった点としては、本会議議事録しかネット公開していないことに加え、議会の中継や録画もしていないということのようです。

 他の自治体では委員会の議事録もネット公開しているところもあります。今年6月定例会で議会改革特別委員会が設置され、これから改革に向けて審議しているところです。

 尚、江田島市としては文書開示の際に県内で唯一、A4用紙1枚あたり20円のコピー代を徴収することも低評価の一因のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月定例会、主な議案

 9月14日から定例会が開催されます。本年度補正予算案、平成22年度決算審査以外で主な議案としては以下のものがあります。(→市HPご参考

■一般職の任期付職員の採用等に関する条例案
 任期を定めた採用を行うことにより、高度の専門性を備えた民間人材の活用や期間が限定される専門的な行政ニーズへの効率的な対応を図るために条例制定。

※6月例例会で一般質問させていただいたことが条例化されることになります。(→過去記事

■市立学校設置条例の一部を改正する条例案
 平成24年4月1日から江田島小学校と飛渡瀬小学校を統合して江田島小学校とし、飛渡瀬小学校を廃止することに伴う改正。

■公の施設の指定管理者の指定について
 サンビーチおきみ、国民宿舎能美海上ロッジ及びシーサイド温泉のうみの指定管理者を指定するもの。(株)休暇村サービス財団法人休暇村協会の関連営利法人)が引き続いて3施設を一体運営することになります。(期間5年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

市長への手紙

晴れ時々くもり

20110908_120629  久々に市のHPを開いてみました。ふと目にとまったのは、市政へのご意見・ご質問などはこちらからというところ。かなり前からあるとは思いますが、いつから掲示されているのだろう。いま現在、何件受けているか気になるところ。

 ”いただいたご意見の内容を市ホームページで公開する”こともあるということで、貴重な意見や市民の素朴な疑問に対するQ & A集ができればいいですね。

 2008年(平成20)12月定例会で市民との対話について、市HPの【市長の部屋】をもっと活用すべき点(例えば、ブログなど)と目安箱のような市民からの意見を聞く仕組みを創るべきであると提案したことがあります。

 ちなみに呉市ではHPの電子メール受付だけでなく、”市長への手紙”というものがあり、手紙の専用用紙が本庁受付・各支所・公民館に置いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

議運と広報委員会(H23.9.7)

晴れ

 今日もすがすがしい朝を迎えました。午前中は議会運営員会に出席しました。決まったことは以下の通りです。

会期   : 9月14日(水)~22日(木) の9日間
提出議案等: 報告2件、諮問1件、承認2件、条例改正案28件、意見書2件
一般質問者: 9名(19問 →質問要旨PDF

質問者(敬称略) 質 問 事 項
登地靖徳  (1)再生可能エネルギー発電への取り組みについて
(2)故郷出身の偉人・賢人顕彰について
(3)直売所の開設について
沖元大洋 (1)行財政改革(効率的な組織体制)の推進について
(2)市有施設・観光案内標識等の設置について
大石秀昭  県道等の維持管理について
山本秀男 公有財産の管理運用等について
胡子雅信 ドリームのうみ無償貸与について
片平 司 (1)新市庁舎建設について
(2)国民健康保険税の引き下げについて
上松英邦 児童・生徒の運動能力不足、体力低下について
浜先秀二 (1)災害支援船の処遇について
(2)権限委譲後の港湾管理について
(3)新庁舎の建設について
(4)防犯街灯のLED化について
(5)水産振興策について
(6)県立大柿高校の存続について
(7)住宅改修補助事業について

 尚、今回は平成22年度決算認定について上程され、決算審査特別委員会を構成して閉会中に審査する予定になります。

 午後から【議会だより No.28】(11月1日発行予定)の第1回編集会議に出席しました。今日は原稿担当とページ割の確認作業。巻末特集の”市民の声”ですが、No.27で募集させていただいたのですが、現時点での応募はないとのこと。市民の皆さんの市政に対する忌憚なきご意見をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

H23年9月定例会、一般質問のゆくえ

晴れ

20110906_065725  秋晴れの一日のスタートでした。左の写真は7時前の小用港。ひさびさにすがすがしい朝日を見る。

 9月14日に召集予定の9月定例会。すでに一般質問の事前通告(9/1が締切)をしています。今回は「ドリームのうみ」無償貸与について(→過去記事)する予定でした。

 しかし、9月1日に市より大島汽船(貸与先)から期間延長の申出があった連絡をいただきました。この件について9月13日の全員協議会で市から議会に対して正式な説明があります。

 この機会に一般質問で聞こうとしていた内容も確認することになると思います。(一般質問をしない場合もあります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

9月半ばまでの議会

晴れ

 9月にはいって第2週となりました。各自治体もこれから9月定例会が開催されます。江田島市議会の動きとしまして、

9月 7日 議会運営委員会(9月定例会の運営等)
       議会広報特別委員会(議会だよりの第1回編集会議)

9月13日 議会全員協議会
      (1)”ドリームのうみ”について(無償貸与関連)
      (2)学校統合について(飛渡瀬小を江田島小に統合)

9月14日 9月定例会招集予定(日程は議会運営委員会で決定)

となっています。また、9月は地域行事として敬老会、八幡宮大祭などいろいろあります。いよいよ秋到来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

台風被害

晴れ時々くもり

 速度の遅い台風12号、江田島市において大きな被害がなかったことは幸いでした。しかし、全国的にはかなりの被害が出ています。まさかこれほどの被害がという思いですが、台風接近前からの降水量が1800mmに達した地域もありました。今回の台風で亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、被害にあわれた地域・住民の方々にお悔やみ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

H23年台風12号、接近中

111200 台風12号が四国に接近している今日。午前中は時折、街路樹をたなびかせる程度の風が午後より強くなってきたように感じました。そして午後9時になろうかとする今、窓を開けると家の前の竹やぶが音を立てています。雨はそれほどでもありません。

20110902_175220  船舶というのは台風が接近するかなり前から避難場所へ移動します。左の写真は午後6時ごろの倉橋島から見た江田島です。大小の貨物船がすでに避難しています。

 海上交通では、現時点で芸備商船(三高・大須~宇品)、一真海運(切串~天応)、江田島市企業局(中町・高田~宇品)の船便欠航のお知らせメールを受信しています。今夜から明日朝にかけて、台風がどういった進路を取るのか注意しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

”ドリ-ムのうみ”のゆくえ

 夕方、市役所から連絡を頂きました。明日の中国新聞朝刊に掲載されると思われますが、大島汽船から”ドリームのうみ”の無償貸与延長の申し出があったとのこと。延長期間は6ヶ月ということで来年3月末まで。市としては議会との協議の後、正式に回答をするという対応とのこと。

110830ehime_np 左の写真は愛媛新聞社ニュース。新居浜市がカーフェリーを無償譲渡する方針を決めたという。新居浜市が譲渡するのは廃船予定だったフェリー。

 一方、江田島市が無償貸与している”ドリームのうみ”は旧:能美町が合併前に本瓦造船(福山市)で建造した船舶で平成22年度末現在の借入金(事業債)残高は2億278万円。

 今年4月からのフェリー航路廃止に伴って、売船して借金を返済する予定でした。4月から6ヵ月間の無償貸与は今回の未曽有の震災に対する支援として十分評価できるものであり、市民として誇れるものです。しかし、さらなる延長を無償で支援するかどうか、慎重に検討しなければならないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新市庁舎問題、住民説明会へ

晴れ

110830sinshichousha_2 昨日の中国新聞の記事。江田島市の新市庁舎問題は”市民の意見”を広く聞く、という認識でしたが、女性会・自治会・老人クラブ・PTAなど各種団体の市内連合会役員会に”市の担当者”が出向いて市議会全員協議会(8/22開催)の資料をもとに説明する。

 先ずは各団体役員向けに説明して、”出席者から要望があった場合”に地区ごとの説明会の開催を検討する、とあるが本当にそれでいいのか。合併特例債を利用した建設でも少なくとも33年間で13億4,500万円(単純平均で約4,100万円/年)の元利返済をすることになります。自治会単位で開催するべきである。 

1108sichousha 左の写真。議会全員協議かで配布された資料の一部です。江南・飛渡瀬地区を建設地として用地・補償費を5億1,700万円と試算している以上、候補地は決定しているのだろう。説明会で質問があった場合、”市の担当者”は回答してくれるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »