« 下水道使用料の見直し(その2) | トップページ | 久々の雪 »

2011年2月11日 (金)

アウトドア基地の可能性@岸根

晴れ

Img004_2110211ganne1_2 江田島市観光協会の事務局長である滝田さん(広報えたじまの記事)と広島市内等から来られたサイクリスト仲間の皆さんと一緒に沖美町岸根を探索。

 地図(写真)の旗が立っているあたりに行ってみました。(①はアーテコハウス)これまでは全く行こうとも思わなかったというか、行けるとも思っていなかった場所。期待と不安を胸に登ってみました。

110211gannedanyakuko_4110211azumaya_2 土地は江田島市が所有しているもので山頂にはがんね砲台があり、はじめて登ってみたのですが、これほど広い平たん部があるとは思いませんでした。

 以前に観光施設としていろいろ整備された痕跡も残っていましたが、いまはまさしく荒れ放題(砲台)。しかし、きれいに整備すれば自然を満喫できるフィールドとして活用できるかもしれません。

110211gannne2 お昼過ぎにアーテコハウスに立ち寄ってご飯を食べたあと、いろいろと可能性について話し合いがありました。

 キーワードは”アウトドア”。

 例えばBMX(Bicycle Motocross)といった自転車のモトクロスレース・コースを作ってみたり、MTB(マウンテン・バイク)の初心者用コースを作ってみたり、キャンプ場として整備してみたりとアイデアが出てきました。

 夏には海岸で泳いだり、釣りを楽しむこともでき、アウトドアの基地としての潜在的な可能性が高い。三高~宇品航路もあり、広島市近郊に住むアウトドア派をターゲットとした観光スポットになりえるのではないだろうか。

 いかに長く島に滞在していただく仕組を作るかが最大のポイント、という共通認識で一致しました。

 (余談)滝田さんは途中、サイクリングに来られた方の自転車のパンク修理のため応援に行かれていました。特殊な空気入れ(エアーポンプ)が必要だったようで、島に来るサイクリストのためのレスキュー業務もされています。

 日々、江田島市の観光PRに一生懸命です。ちなみに江田島市公共交通協議会が作成した江田島サイクリングマップは滝田さんが作られたものが土台となっています。(滝田さんの作成マップ→ここ

110211ganne_olive_2 アーテコハウスの周りを歩いていると発見しました。ここにもオリーブの若木が2本植えられていました。江田島市のオリーブ構想がスタートしようとしています。

 先日も広報えたじまとともにオリーブの幼木(1年生、3年生)を安く提供するチラシが入っていました。申込期限は2月15日になっていますがどれだけの市民のみなさんが申込をされているのか興味があるところです。

|

« 下水道使用料の見直し(その2) | トップページ | 久々の雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オリーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウトドア基地の可能性@岸根:

« 下水道使用料の見直し(その2) | トップページ | 久々の雪 »