« 呉市営バスの民営化で気になること | トップページ | 呉市営バスに2社応募 »

2010年11月 5日 (金)

映像流出事件

晴れ

 朝から衝撃的なニュース。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ映像が11/4夜にインターネット動画配信をしているYouTubeに投稿されていたというもの。

 つい先日(11/1)、国会に提出された尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件のビデオ。約2時間の長さを6分50秒に編集されたビデオ映像を衆参両院の予算委員会理事らが視聴したところです。流出映像は44分。

 一国民としては、事件後の政府の一連の対応に苛立たしさを感じていました。テレビ報道で流れるビデオ映像を見る限り、中国漁船側に非があるのではないか。このような証拠をもっていながら船長を処分保留で釈放した那覇地検。釈放の理由説明としては、「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮すると、これ以上、身柄を拘束して捜査を続けることは相当ではないと判断した。」

 では今回のビデオ映像を投稿したのは一体誰であり、どういう意図があるのだろう。石原都知事の新聞社に対するコメントは、「結構ですね。これは内部告発。みんな知りたいことなんだから。相手の実態を知るためにはそういう映像が一番確か。それに注釈を加えることをみんなが(映像を)見て判断すればいい。」

 最高検と海上保安庁は今日、問題の流出映像を海保が撮影したものとみて調査を始めました。(映像は検察と海保しか持っていないということで、内部流出の可能性大。)映像が表に出ても私としてはすっきりしません。いくら全世界に真実を知ってほしい、という思いはあっても国家の機密情報と政府が決めた以上は出てはいけないものです。仮に国家公務員がこういった機密漏洩をしたのであれば由々しき問題です。

|

« 呉市営バスの民営化で気になること | トップページ | 呉市営バスに2社応募 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映像流出事件:

« 呉市営バスの民営化で気になること | トップページ | 呉市営バスに2社応募 »