« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

たばこ値上げの余波 2010

雨のち晴れ

 今日で9月も終わり、今年も残すところあと3ヶ月となりました。明日からたばこ税の税率が引き上げられることによって値段が上がります。それにともなって税収がどうなるか注目されますが、地方自治体にとっても大変気になる問題です。

 たばこ税には4つの税金がかかります。(たばこ税の詳細についてはJTのHPが分かりやすい。)

①国たばこ税
②地方たばこ税(都道府県たばこ税・市区町村たばこ税)
③たばこ特別税
④消費税

 因みに、江田島市に入ってきた過去の市町村たばこ税は次の通りです。

平成17年度  1億7,624万円 (市税の6.6%)
平成18年度  1億7,384万円 (市税の6.3%)
平成19年度  1億7,324万円 (市税の5.7%)
平成20年度  1億6,332万円 (市税の5.3%)
平成21年度  1億5,335万円 (市税の5.2%)

 今回の値上げを機に禁煙される方も出てくるでしょう。いろいろな税収についての試算が出ていますがどうなんだろう。タスポ導入のときに”コンビニ”で買う人が増えてタスポ特需がコンビニ業界にありましたが、まちの小売店は軒並み打撃を受けたのは記憶に新しい。恐らく、この値上げによってさらに小売店は減るのではないだろうか。

 値上げ前に買いだめによって一時的に売り上げは伸びる(=税収の増加)が、一年を通してみるとどうなるか気になります。市にとっても貴重な財源です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

気がついたら秋深まる 2010

晴れ

 9月もあと1日となりました。あの猛暑はなんだったんだろう、というくらい涼しい秋になってきました。日が暮れるのも早くなり、まだそんな時間だったんだ、という日々です。

 北朝鮮では後継者が決まったようで、結局、世襲ということになりそうです。また、中国との外交摩擦(?)も徐々にではあるが緩和の兆しが見えてきていますが、まだまだ予断は許されません。今年も残すところあと3ヶ月となりました。管政権には明るい将来をはやく示してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

H22第3回公共交通協議会

晴れ

 10:00から議会広報特別委員会に出席。11月1日発行予定の議会だより編集会議でした。

 14:30から第3回江田島市公共交通協議会があり委員として出席しました。今日の協議内容等については以下の通りです。(後日、市のHPに会議資料及び簡単な会議録が公開されます。)

【協議事項】
 秋月~呉中央航路における社会実験運航終了後の方針について

 9月16日の全員協議会で、秋月~呉中央航路の社会実験以降の継続が厳しい状況であり、今日の公共交通協議会で陸上交通等の代替案等の検討を行うという市の説明がありました。それによりテレビ各社および新聞社が取材に詰めかけていました。

 どうなることかと思っていましたが、一つ明るいニュースが協議会事務局よりありました。10月末で終了する社会実験以降、市の補助を受けずに運航したいという企業(有限会社バンカー・サプライ)の申入れがあったということです。

 市としては、現在運航している大昭汽船が①市の補助金がなければ運航困難、②他社に航路を譲渡するなど、運航存続に向けて協力をしたい、という意向を受けて、11月以降は他社(申し出のあった企業)による運航で調整したいという考えを示しました。

 今後は2社による協議がスムースに進み、11月以降の海上交通継続を望んでいる市民の期待に応えていただければと思っています。もちろん市も協力できるところはする方向でしょう。尚、本件については本来の協議会における協議内容ではないのではないか、という意見もでました。

【報告事項】・・・平成22年度事業計画の進捗状況について

(1)西能美航路の合理化・効率化

 まず、今年度の地域公共交通活性化・再生総合事業費補助金(国から)の対象経費についての報告がまずありました。→運航費・広告費・調査費(補助対象経費578万5,647円、補助金額289万2,000円)

 そのあと、当初想定されていた実施内容で変更となったものが2件報告されましたが、そのうち1項目について論議を呼びました。

項目:競合航路への運賃補助
理由:国の補助金が見直され、削減されたため、市単独での補助が困難となった。

 私も初めは何のことかわかりませんでしたが、一般旅客定期航路事業者代表の本件に関する質疑等を聞く限り、江田島市交通局の高速艇運賃値下げ(1,030円→930円)に関して社会実験期間内は競合航路(小用⇔宇品)に対して運賃補助をすることが前提条件であった(市と事業者の認識の違いもあるのか?)、と理解しました。

 私としては、議会でこのようなこと(前提条件)を説明された記憶(認識)がなく、協議会事務局(=市)に質問したがすっきりとした説明はありませんでした。

 また、市単独での補助が困難であるならば、どのくらいの金額を見込んでいたか質問したが数字を持ち合わせていない、との回答。今一度、この件については議会に正式に説明していただく機会を持たなければならないと考えます。

(2)交通空白不便地域への移動手段確保

 沖美地区・江田島地区で10月から社会実験(実証運行)を予定しているデマンドタクシー(予約型乗合方式)の愛称が決まりました。「おれんじ号」です。江田島市らしくてとっても似合っていると思います。

(3)インターネット等による情報提供の充実

 市のHPも委託している㈱呉電子計算センターと路線検索ホームページの業務委託契約を締結。(業務委託料252万円) ダイヤ検索では、港単位での時刻表検索、バス時刻表一覧、バス停単位での時刻表検索、船・バスの始点・終点指定による経路・運賃検索などが盛り込まれます。携帯電話での情報提供では欠航情報等メール配信も予定している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

次回、交通協議会

くもり

 第3回江田島市公共交通協議会が以下の内容で開催されます。お時間のある方はぜひ傍聴に来てください。7月~10月までの秋月~呉中央航路の社会実験についての経過報告及び実験終了後の方針について協議されます。

 いよいよ10月1日からデマンドタクシー(予約乗合方式)や西能美航路一元化(フェリーの統合)の社会実験が始まります。

日時  平成22年9月28日(火)14:30~
場所  江田島市大柿分庁舎 4階401会議室
    (江田島市大柿町大原505番地)

内容(予定)
(1)協議事項
 ○秋月~呉中央航路における社会実験運航終了後の方針について
(2)報告事項
 ○計画事業の進捗状況について
(3)その他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

祝!大柿高校創立70周年

くもり

 土曜日は県立大柿高等学校創立70周年記念式典に出席しました。昭和15年、大柿実科高等女学校が開設されて70年。これまで多数の卒業生を輩出しています。江田島市で唯一の県立高校となりました。

 いま存続の危機に直面していますが、江田島市にとってはなくてはならない高等教育機関です。存続に向けて一丸となって守っていかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

議員運営委員会+代表者会議

晴れ時々くもり

 10:00から正副議長、常任委員会正副委員長および会派代表で非公開の会議が行われました。今回の事件について議会としてどう対応するか。まだマスコミ報道以上の情報もなく、捜査段階ということで、議会としての正式な対応をどうするかまでの結論は出ておりません。

 近日中に議員全員出席のもと、全員協議会が開催され、ひとつの方向性を打ち出すことになると思います。(この協議会は市民も傍聴できると思います。)

 会議後に上田正議長がテレビ局や新聞社などのマスコミ数社に対して記者会見を行いました。早ければ今夕のニュースで放映されるのではないでしょうか。

201009241542000_org  午後より小用港からフェリーに乗って呉市へ行ってきました。川原石南埠頭に南極観測船しらせが接岸していました。2007年(平成19)9月に先代のしらせが呉に入港しました。(この時の記事はここをクリック。)観測船としてはそれ以来の呉寄港です。間近で見るとかなり大きい。明日・明後日に一般公開の予定だそうです。お時間のある方はぜひ行ってみてください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

議会の対応について

雨のちくもり

 未明より大雨と雷、そして明け方も激しい風。全国的にも気温の低い一日でした。みなさん、体調管理には気をつけましょう。

 9月21日にあった同僚議員逮捕のニュース。江田島市議会にとっても衝撃的な出来事でした。市民の皆様にも大変ご迷惑をかけておりますことお詫び申し上げます。

 私自身、連日の新聞報道等で流れている情報くらいしか把握しておりませんが、明日、正副議長及び各常任委員会の正副委員長で議会としての対応を検討することになっています。

 2009年(平成21)2月10日に会社員を装って健康保険証をだまし取り、病院の治療費を免れたとして詐欺罪に問われた現職市議が懲役2年、執行猶予3年の判決が確定した時、市議会としては何も対応できず(当時の記事はここ)批判されたことがあります。(執行猶予の場合は公職選挙法では失職しない。)

 このときは任期が残り少なく(2009年10月末まで)、また、辞職した場合は補欠選挙になるということで議会は対応に苦慮した、という前例があります。(参考までに、江田島市議会議員政治倫理条例はここをクリック。)

 近隣の市町議会においては、坂町議会が今年3月に議員辞職勧告決議を可決しています。ただし、決議の時期は、窃盗の疑いで逮捕され、起訴猶予処分がなされたあとです。今回の件については、まずは議員本人の意向を確認し、その後の司法判断を待って検討する、になるのではないだろうか。(あくまでも今は捜査段階である。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

突然のニュース

晴れ

 連休明けの火曜日。
 すでにマスコミ報道されていますように同僚議員の逮捕という出来事がありました。現時点では、今後の進展を見守るしかないというのが率直な気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

平成22年 敬老会

晴れ

 昨日まで大柿町の氏神である新宮八幡宮の大祭がありました。毎年この時期にある秋祭りでこれが終わると一気に秋めいてきます。

 さわやかな秋晴れでした。大柿町深江地区の敬老会に出席しました。毎年参加させていただいておりますが今年も人生の大先輩である方々の明るい笑顔をたくさん拝見することができました。来年も元気なみなさんとお会いできることを楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

H22第10回全員協議会

晴れ

 昨日の定例会終了後に第10回全員協議会が開催されました。3つの報告事項があり、内容については以下の通り。

(1)江田島青少年交流の家の移管に関する意向調査について

 昨年11月11日の行政刷新会議(いわゆる事業仕分け)において国立青少年教育振興機構について自治体・民間への移管という評価がなされました。これにともなって文部科学省が簡単なアンケートを実施。江田島市の回答は以下の通り。

①移管について ■今後とも、国が保持すべきであり、移管には応じられない。
②国が保持すべき理由について ■青少年教育施設はナショナルセンターとしての役割を果たすべく国が引き続き牽引すべき
■都道府県レベルでは指導者養成やプログラム開発が十分になされない
■国立でなければ現在の利用料金(青少年は無料)を維持できない。
③自由記述欄 ■国立江田島青少年交流の家は、海を利用したカッター訓練を売り物とし、大変評価をいただいている施設です。このカッター訓練の指導者である海上自衛隊OBの確保が、市費では困難であります。
■文部科学省において、全国に設置されている27市町村による意見交換会の場を設定してほしい。
■H21.12.6、市長から提出しました意見書を添付しますので、参照ください。

 資料によると江田島市青少年交流の家を運営するには、平成21年度決算における経常費用は2億3,600万円。(非常勤を含む職員24人)いまの江田島市の財政においてはとても賄うことが難しい。

(2)秋月~呉中央航路における社会実験運航について

 7月から市が140万円/月の補助金を拠出している社会実験ですが実績について中間報告がありました。

①運航実績

平 日 夏休み前(7/1~7/21) ▲28.6人/日
夏休み中(7/22~8/31) ▲75.7人/日
土曜日 夏休み前(7/3~7/17)   ±0人/日
夏休み中(7/24~8/28) ▲ 6.2人/日

②収支の状況

  収 入 補助金 費 用 収 支
7月 1,302,500円 1,400,000円 3,503874円 ▲777,729円
8月 1,267,180円 1,400,000円 2,853,393円 ▲186,213円

③今後について
・赤字状況では11月以降の大昭汽船の運航続行は厳しい(できない)。
・他社が現状では物理的に引き受けることが難しい。
・陸上交通等の代替案を9月末の江田島市公共交通協議会においても検討。

(3)西能美航路の実証運航について

101009 10月1日からの実証運航にともなって江田島市交通船事業はフェリー便を休止し、高速艇を中町・高田~宇品で平日27往復便を開始します。それにともなって中古高速艇を一隻購入しました。(すでに予算5,000万円は議決済み。)

船  名 レスポワール(フランス語で希望)
浸水年月 昭和62年5月 →船齢23年
航海速力 26ノット(時速46.8km)
旅客定員 150名
馬  力 1000PS x 2基(ヤンマー)
価  格 3,500万円(検査等の費用を含めて5,000万円over)

 船齢が古いこともあり維持管理費等の費用が大きいのではないか、という質問に対しては、現在所有している高速艇と比べて同等という説明がありました。ちなみに市営船で一番古いニュー千鳥は平成5年進水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

9月定例会3日目

晴れ

 10:00から9月定例会(3日目)が開かれました。議事内容は議案1件、発議1件で原案どおりすべて可決され閉会となりました。

 議案は江田島市防災行政無線総合デジタル化整備事業(第1期)請負契約の締結について。 

 旧4町別々の周波数によるアナログ方式から平成22・23年度の2カ年継続で1市1周波のデジタル方式に統合し、本庁で一括制御できる新システムを構築しすることで迅速な防災対応を図るために整備します。

 平成22年度の第1期整備事業(整備地域:江田島町全域・能美町全域、沖美町・大柿町の一部(簡易中継局))の請負契約は、入札の結果、3億6,750万円(消費税込、落札率83.22%)で沖電気工業㈱中国支社と締結され、全員賛成で可決されました。(第1期事業予算額は4億5,956万円) 財源には防衛施設周辺民生安定施設整備事業補助金を見込む。尚、新システムの運用開始は平成24年度の早い時期ということです。

 発議としては、「30人以下学級実現、教員賃金改善、義務教育費国庫負担制度の堅持・福元等、教育予算の拡充を求める意見書」を賛成多数で可決。

 定例会終了後に第10回全員協議会が開催されました。議題としては以下の通り。詳細については別に機会に。
(1)江田島青少年交流の家の移管に関する意向調査について
(2)秋月~呉中央航路における社会実験運航について
(3)西能美航路の実証運航について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

6年半ぶりの為替介入

くもり

 夕方少し雨がぱらつきました。午前のうちに日本政府が6年半ぶりに円売りドル買いの為替介入を実施しました。民主党代表選で一息ついての介入ということですが、少し対応が遅いとの指摘もあります。(もっと前に実施すべきではなかったのか。)

 広島県は”モノづくり”県であり、車・造船などを中心とした輸出企業がたくさんあります。1円の円高によって企業収益に大きく影響を及ぼす。プラザ合意(1985年9月22日、5G(先進5ヶ国蔵相・中央銀行総裁会議)で発表された、為替レート安定化合意。)以降の円高局面に対して幾度となく乗り越えた日本企業ですが、最近の急激な円高には危機感を通り越した絶望感すら感じていたのではないか。

 今回の為替介入がどこまでの効果を発揮するか分からないが、この局面を乗り越えてほしい。管総理に期待すること、国の景気回復と地方の活性化。厳しい試練のスタートになると思いますが、国民の期待はそこにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

民主党代表選

晴れ

 民主党代表選が終わりました。721対491で管首相が再選されました。国会議員票では管氏412対小沢氏400と拮抗していますが、党員・サポーター票では300選挙区毎に総取り方式(1ポイント)ではあるが249対51と圧倒的に管氏がポイントを取得。これは民意の現れという見方もあるが本質はどうなんだろう。

 何はともあれ、近日中に首相が決まり、新たなる組閣人事がなされ日本国政府の代表が決まります。地方に住む私たちにとっては、国に対してもっと積極的に地方(経済)の活性化に取り組んでほしい。地方(地域)なくして国はないと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

9月定例会2日目

晴れ

 9月定例会2日目。報告1件、同意1件、諮問2件のあと、議案10件は原案どおり可決されました。9月16日に3日目が開かれます。

報告: 平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率

同意: 監査委員の選任

諮問: 人権擁護委員候補の推薦2件

議案: 江田島市過疎地域自立促進計画の策定について
     平成22年度の各会計補正予算案

 尚、閉会中の審議として、平成21年度決算の認定が議員全員で構成する特別委員会で行われる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

潮風マーケット

晴れ

Siokaze1 Siokaze2  とても暑い一日だった。(8月に比べるとそうでもなかったのかもしれませんが。)江田島市沖美町岸根(がんね)で潮風マーケットというフリーマーケットが始まりました。(9/11~12の二日間。)

 たくさんの来場者があることを期待しています。人が集まると、出会いがあり、いろんな情報交換が行われます。いまネット社会でネットワーク内の情報交換が主流になりつつありますが、直接、人と会って、言葉を交わすことが基本であり、大切なことではないだろうか。 

Artist1_3 Artist2_2  主催者であるUPTOUS(アプタス)の一員として、テント張りなどを手伝いながら終了時間の15:00まで楽しみました。3組のアーティストによる無料コンサートもあり、出展された方や来場された方々も楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 今年で3回目だと思うのですが、来年もぜひやってみたいですね。江田島市でいろんなイベントがあります。有機的に結びつくことができれば”江田島市”をもっとアピールできる。

201009111417000_org1_2  同じ会場で江田島カヌークラブが活動をしていました。対岸は安芸の宮島。体験者から聞きましたが、”とても気持ちいい。”ということです。せっかくの立地条件、活かすも殺すも市民の手に委ねられています。みんなの”宝の島”、一緒に守っていきたい。

 かつて故郷を離れて生活したことのある経験からも、この江田島市というマチは瀬戸内海で一番便利で快適な島であると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

先輩の挑戦

晴れ

 暑い日々が続いていますが、時折、秋を感じさせる瞬間があります。今日から江田島市議会の9月定例会が始まります。(主な議案などは→ここ) 9月17日(金)までの8日間の会期ですが、閉会中の継続審査として平成21年度決算の認定が次の日程で行われます。

 ①総務常任委員会所管  : 10月7日~8日
 ②産業建設常任委員会所管: 10月12日~13日
 ③文教厚生常任委員会所管: 10月14日~15日

 国会等でも予算委員会が注目されがちですが、本当は決算を審査することが肝要です。税金が適切に使われているか、これこそ無駄遣いがないかどうかの見極めのポイントです。

 民間企業では、一年間でどれだけ儲かったか、損したかという点で決算が重要視されるのですが、行政はいかに予算をかけるか(取るか・振り分けるか)に力を入れてしまいがちです。その点において、改革していかなければなりません。

 さて、タイトルです。大学時代にいろいろお世話になった先輩が捲土重来を期して市長選に挑戦されます。先輩のHP(→ここをクリック)で久々に生声を聞きました。シビレますね。理路整然とした語り口は変わらず。学生時代は松山千春さんの”長い夜”が十八番(オハコ)だったかなぁ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

いつかは

晴れ

 いよいよ9月定例会が明日より始まります。一般質問の準備をしていますが、いろいろと研究しているところです。

 さて、田中達美市長は昭和58年5月22日(当時の大柿町人口:12,123人/3月末)の大柿町議会議員選挙において初当選されて、同年6月19日より地方議会議員活動が始まりました。

 その後、大柿町議会・合併後の江田島市議会の議長を歴任され、2008年(平成20年)12月から第2代市長としてご活躍されています。

 当時の議会だより(昭和58年7月26日発行 第25号)における田中町議会議員(41歳)の議員所信表明は、

「個人の人権を守り、差別の無い明るい社会をめざす。又、将来大柿町を背負って行く青少年の健全育成を計るため、教育環境の整備を進めて行きたい。」

 田中市長におかれましては、上記の所信表明どおりに市政を運営していただくことを切に願います。清き青雲の志をいつまでも抱いて欲しいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

来週にも代表選出

くもり

 はやいもので9月になって一週間が過ぎました。いま民主党の代表選挙真っ只中ですが、あと一週間もすれば代表が選出され、日本の首相も決まります。民主党員ではありませんが、この国がどういう方向に向かうのか一国民として多いに関心があります。

 また、地方議員としては疲弊している地方(地域)の活性化を真剣に考えていただける政府を望んでおり、来週の選挙結果以降の国の方針が気になります。活力ある日本は活力ある地方から、ではないでしょうか。少々の痛みは伴わなければならないかもしれませんが、新しい日本のかたちを描ける方に首相になってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

久々の雨になるか

くもり

 どんよりした曇り空。台風9号の針路に注意しなければ。雨が殆ど降らなかったこの夏ですが、7月の豪雨災害があったので少しびくびくしています。台風による影響が無いことを祈るばかりです。

 いよいよ10日から9月定例会が始まります。お時間のなる方はぜひ傍聴に来ていただきたく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

議員運営委員会など

晴れ

 暑い一日でした。今日は9月定例会についての議会運営委員会と11月1日発行の議会だより編集会議(議会広報特別委員会)に出席しました。

 9月定例会は9月10日~17日の8日間の会期で開催されます。報告1件、同意1件、諮問2件、議案26件が上程される予定です。概略としては、

報告: 平成21年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率に関する報告
→平成21年度時点ではイエローカード(早期健全化基準)、レッドカード(財政再生基準)には至っていません。

同意: 監査委員の選任

諮問: 人権擁護委員候補の推薦2件

議案: 江田島市過疎地域自立促進計画の策定について
     平成22年度の各会計補正予算案
     平成21年度の各会計決算認定 など

 尚、一般質問は9月10日(金)に予定されており6名(10項目)がする予定です。詳細についてはこちらをご参考。(→ここをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

県知事の宝さがし

 今週土曜日、9月4日(土)に湯崎県知事が江田島市に来られます。知事と参加者が「挑戦そして実現!引き出せ広島県の『底力』」をテーマに意見交換を行います。10名の江田島市民と知事の懇談会です。お時間のある市民の皆さんはぜひ傍聴に来てください。県知事の考えを直接聞くことができます。

 尚、傍聴に行かれない方のために、懇談の模様はインターネットで生中継されます。また、終了後には録画も見ることができるそうです。→広島県インターネット放送局

(参考:広島県HP)第13回県政知事懇談会「湯崎英彦の宝さがし」(江田島市)

日時: 9月4日(土) 14:00~16:00
場所: 沖美ふれあいセンター 1Fホール
     江田島市沖美町美能883-5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

議会録画配信にむけて

晴れ

 9月がスタートしました。
 江田島市総合計画(実施計画)H22~H26では、議会の開催状況を市のHPで録画放送することが計画にあります。H23年度からシステム導入し、年間52万3000円の予算を計上する計画となっています。

 平成20年3月定例会で、市HPで議会の録画中継をしてはどうか、という一般質問をしました。(→質疑要約)議場にはすでにカメラがあり、本会議のときには課長級が別室でモニターを見ながら待機しています。録画機能もあることからあとはどのように運用するか。もちろん議会自身が積極的に公開する意思を決定しなければなりませんし、行政側の理解も必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »